スポンサーリンク

呪術廻戦111話ネタバレ考察感想あらすじ!漏瑚参戦!絶望の急展開!

漫画ネタバレ

2020年6月22日発売の週刊少年ジャンプ2020年29号で、「呪術廻戦」第111話が掲載されました。

 

前話の「呪術廻戦」110話では、陀艮の領域に伏黒が穴をあけた瞬間、そこに飛び込んできた禪院甚爾。

 

彼は強者のみを狙う殺戮人形と化しており、真希の持つ特級呪具・游雲を奪い取ると陀艮を標的に定めます。

 

呪力の塊である游雲と極限の身体能力を持つ甚爾との相性は桁外れであり、陀艮の放つ式神を次々と撃破します。

 

伏黒の領域が弱まっていることに気付いた陀艮は、時間を稼げば自身の領域の効果を取り戻せると考えて空へ跳びます。

 

その行動を読んでいた直毘人に叩き落された陀艮は、游雲の形状を槍の様に変形させた甚爾の一撃を頭部に喰らうのでした。

 

本記事では、「呪術廻戦」第111話「渋谷事変㉙」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 110話 一覧 112話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

呪術廻戦111話のあらすじネタバレ

甚爾の游雲による刺突が、陀艮の頭部を貫きました。

 

しかし陀艮は息絶えておらず、まだ終わらないと宣言しようとしますが、甚爾の凄まじい連撃の前に言葉は出ず、そのまま祓われてしまうのでした。

 

陀艮の領域は解除され、渋谷駅構内に戻ってきた一行。

 

鼻血を流しながら激しい息切れを起こす伏黒でしたが、見事に全員を救いました。

 

ですが、七海は警戒を緩めません。

 

甚爾の正体が分からず、敵か味方かもまるで分かっていないからです。

 

甚爾はただの殺戮人形と化しており、最も強いものを狙うようになっています。

 

甚爾の標的となったのは伏黒であり、わずか一瞬で窓を破って駅構内から地上へ移動させられ言葉を失います。

 

虎杖と出会ったばかりの頃、宿儺と対峙したときに感じたスピードよりも速かったと伏黒は感じていました。

 

伏黒を助けようと動き出す真希でしたが、そこに突如として悲しげな表情の漏瑚が現れます。

 

漏瑚の強さを感じ取った直毘人と七海は、冗談だろと固まってしまいます。

 

一方の漏瑚は、陀艮の破片を握りしめ、100年後の荒野でまた会おうと誓いました。

 

次の瞬間、漏瑚の表情が怒りに変わり、あっという間に七海の側まで距離を詰めると、右腕から炎を放出して七海を吹き飛ばします。

 

真希が心配するよりも速く、移動する漏瑚は真希の全身も炎上させました。

 

次の狙いは直毘人でしたが、漏瑚のスピードを上回り攻撃を回避します。

 

その速さは直毘人の術式に起因しており、彼は1秒を24分割、自身の視界を画角としてあらかじめ画角内で作った動きを身体に後追いさせることが出来ました。

 

始めから決めた動きしか出来なくなるというリスクはあるが、天性のセンスを持つ直毘人が使用することで超反応となり、かつては五条を除けば最速の術師と呼ばれていた。

 

また、発動中は直毘人に触れられたものも同様の動きを強いられ、失敗するとフリーズをしてしまいます。

 

陀艮との戦いの中で直毘人が見せていたフレームに敵を閉じ込める技は、この現象に基づいていました。

 

しかし、右腕を失っている直毘人は動きについていけず、漏瑚が壁面から飛び出させた噴火口からの攻撃を喰らって炎上してしまいます。

 

直接攻撃で直毘人に止めをさそうとする漏瑚でしたが、宿儺の気配を感じて中止します。

 

漏瑚が向かった先には美々子と菜々子がおり、虎杖に指を食べさせていました。

 

虎杖の身体に宿儺の模様が浮かび上がり、何本の指を食わせたのかと漏瑚は2人に確認します。

 

応えないと拒否した2人も容赦なく攻撃されてしまいました。

 

夏油の計画では、宿儺の指を時間をかけずに連続で取り込ませることで、宿儺に肉体の主導権を移すということになっていました。

 

漏瑚は懐から10本の指を取り出すと、宿儺を起こすためそれを虎杖に取り込ませようとするのでした・・・。

 

スポンサーリンク

呪術廻戦111話の感想と考察

ちょっとこれ、凄まじい展開になっていませんか?

 

いずれこうはなるだろうと思っていましたが、まさか1話でここまで展開するとは思いませんでした。

 

こうしてみると、やはり漏瑚はかなりの強キャラだったんですね。

 

五条との戦いでは一方的にやられる側だったのでその凄さが全然伝わってきませんでしたが、間接的に五条がどれだけ強かったのかがよく分かりました。

 

しかし、マグマのような見た目の攻撃ですから、あれを受けた七海、真希、直毘人には命の危機がありそうですね。

 

やられてしまった3人についてはこれで退場ということは無いことを望みますが、あの状態から復帰するには回復能力に長けた術師でもいないと難しいでしょう・・・。

 

あれだけの強さの呪術師が揃っても敵わない特級呪霊というのは、本当に恐ろしい存在です。

 

それこそ、宿儺が目覚めようものなら誰にもどうにも出来ないのは明白であり、対抗できるのは五条だけだということもよく分かりましたね。

 

そして、あれだけの指を取り込むことになった虎杖は一体どうなってしまうのでしょうか。

 

理想的な展開は、虎杖の自我が残ったままで宿儺化し、怪我した人達を全員助けて敵を全滅するといったところですね。

 

まあ、呪いの王である宿儺はそんなに心優しい存在ではありませんし、下手すると状況はさらに悪化していきそうです。

 

宿儺が覚醒して、それに反応して甚爾が現れるといった展開がありそうですね。

 

以上、引き続き111話以降も目が離せないですね。

 

<< 110話 一覧 112話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました