スポンサーリンク

キングダム644話ネタバレ考察感想あらすじ!趙で想定外の事態が起こる!

漫画ネタバレ

2020年6月18日発売の週刊ヤングジャンプ2020年29号で、『キングダム』644話が掲載されました。

 

キングダム644話は、郭開は李牧に対して王の命令で明日雷還広場処刑する事が決定したと伝え、最後に何か言う事はあるかと尋ねます。

 

李牧は今回の混乱に乗じて秦国が必ず攻めてくるはずだから防衛戦略をしてほしいと、カイネ達には無理をしないでほしいと伝えてくれと頼みます。

 

しかし、郭開はこの事を伝えるつもりは一切ありませんでした。

 

そして、悼襄王も息子である嘉の忠告も無視している有様でした。

 

果たして、趙の命運はこのまま尽きてしまうのでしょうか。

 

本記事では、キングダム644話『桃泉殿』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 643話 一覧 645話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

キングダム644話のあらすじネタバレ

鄴を奪われた責任として李牧は牢の中に入れられており、処刑されるのをただ待つだけの存在になり果てていました。

 

そんな彼の元に郭開が現れて李牧に、明日雷還広場にて処刑が決行されるが何か言い残すことはあるか、と聞くと李牧は、混乱に乗じて秦国が攻めてくるから番吾で攻撃を受け止めるために防衛戦略を立ててくれと、カイネ達に愚かな無茶をしないでくれと頼みます。

 

李牧の元を去った郭開の従者は、念のために李牧の言葉を伝えたほうがいい、と進言しますが郭開は従者を殴ったので、伝えるつもりはこれっぽっちもなかったようです。

 

その頃、悼襄王は自身の息子である嘉から、李牧を釈放してほしい、と頼まれていました。

 

嘉は、鄴での失態に対する処罰として軍総司令官剥奪はやむを得ないだろうけど処刑だけはやめてほしい、もし処刑をしてしまえばこの国の門を失うのも同然であるから再考してほしい、と諫言したのです。

 

話を聞いていた悼襄王は椅子から立ち上がって、ゆっくりと嘉の元に向かうと、大きくなったな、と言って嘉を抱きしめました。

 

しかし、本当の目的は口煩い事ばかり言う嘉に対する罰として耳を食いちぎるためでした。

 

耳を食いちぎられた嘉は悶絶し、これ以上何か暴言を吐けばもう一方の耳も食いちぎる、と言い放つ悼襄王。

 

それでも嘉は忠言をするも、周囲にいた家臣達に病室へと連れていかれました。

 

悼襄王は江姫に、郭開を呼べ、と言いましたが何か思うところがあったのか取りやめて、英書記官を呼べ、と命じたのです。

 

その頃、鄴では李信達が到着するも、李牧の処刑の事が鄴にも届いていたのでこの機を逃さずに即刻出撃する事になりました。

 

一方、李牧を慕う舜水樹を始めとした腹心達がこれからどうするべきかを話し合っていました。

 

雷還広場に行って助けるにも守りが硬すぎるし、市民に化けようにも助けられないし、外にいる軍に助けを求めたら秦国に攻め入る隙を与える、と議論を紛糾させていく腹心達。

 

そんな中、舜水樹は、李牧が処刑の場に現れたと同時に救出するしかない、と言います。

 

李牧が現れたと同時に合図を送り、自分の部隊が守りを崩し、その間に市民に化けた小隊が李牧を助ける、と作戦の詳細を話していく舜水樹に対し腹心達はやる気でした。

 

そうしたら満身創痍のカイネが現れ、小隊に自分を加えさせてくれ、と頼みます。

 

涙を流しながら、例え手足を失おうとも内臓を抉られようとも李牧を助ける、と口にするカイネを舜水樹は小隊に加えることにしました。

 

一方、郭開は処刑の準備を進めつつ、王は何処だ、と周囲の者に尋ねると周囲の者は、桃泉殿にいる、と伝えました。

 

その桃泉殿にいる悼襄王は温泉に浸かりながら、自分に与えられたお宝はこの温泉と子供達だけだ、と言って酒をどんどん飲み干していくのです。

 

流石に飲み過ぎだと思った子供達は、やめてください、と戒めようとするも悼襄王は聞く耳身を持ちませんでした。

 

酒を飲んでいると、突然咳き込んでしまったので温泉から出ようとする悼襄王。

 

そうしたら突然心臓を掴まれたかのようにな苦しみを覚えながら床に倒れてしまい、口とお尻から同時に血を出してしまいます。

 

苦しんでいる悼襄王の姿を見て、子供達はクスッと笑います。

 

そして悼襄王は息を引き取りました。

 

キングダムを漫画BANKや漫画タウン以外で無料で全巻全部を安全に読める方法を調査!
本記事では、漫画『キングダム』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

キングダム644話の感想と考察

まさか、悼襄王が亡くなってしまうのには驚きでしたね。

 

元々体が悪かったのに酒をどんどん飲んでいったから、具合が余計に悪くなったのかもしれませんが口やお尻から血を出すのは尋常ではないですね。

 

子供達が悼襄王が命を落とす瞬間に笑っていたことから、子供達も悼襄王の事を内心では快く思っていなかったのかもしれませんね。

 

そして自分達の事を信じていると思っている悼襄王の酒に毒を入れて、悼襄王を始末したのではないでしょうか。

 

どちらにせよ、王が命を落としてしまったので趙はかなりパニックに陥るのは間違いありませんのでどうなっていくのか気になりますね。

 

次回645話は李牧の処刑は無くなるのではないかと思います。

 

悼襄王が亡くなってしまった今、李牧の処刑どころではないのは明白です。

 

恐らく後を継ぐのは息子である嘉であると思いますが、彼はすぐさま李牧の処刑を取りやめて、牢から出させるのではないでしょうか。

 

嘉は今の趙の周囲の状況を正確に把握していますので、今の趙には李牧の助けがいると思って牢から出して元の職に戻し、協力してくれと頼むのではないかと思います。

 

李牧も趙が滅ぶのは見たくありませんし、悼襄王ではなくて嘉の命令であるのなら喜んで引き受けると思います。

 

<< 643話 一覧 645話 >>
https://jpp-zoo.jp/archives/7155
https://jpp-zoo.jp/archives/6712



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました