スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊223話ネタバレ考察感想あらすじ!紅丸が参戦する理由とは?

漫画ネタバレ

2020年6月17日発売の週刊少年マガジン2020年29号で、『炎炎ノ消防隊』223話が掲載されました。

 

『炎炎ノ消防隊』223話では、新たな柱が出現しますが、今までと違い2本同時に出現します。

 

そして、今までこの戦いに参加することを拒否していた紅丸が参戦を決断しました。

 

しかも、一人で戦うことを決断してます。

 

それにはあるキャラが関係しているのですが、そのキャラは誰でなぜ紅丸は参戦を決断したのか?

 

本記事では、炎炎ノ消防隊223話『暴れん坊、出る』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 222話 一覧 224話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

炎炎ノ消防隊223話のあらすじネタバレ

火鉢の姿をした鬼の焔ビトを見たフォイエン。

 

彼はこいつが只者ではないと思っていました。

 

その直後、突然地震が発生。

 

「また柱が立つ⁉︎」

 

カリムは柱が出現するのではないかと心配していました。

 

そして、地震が発生したのと同時に逃げたす鬼の火鉢。

 

逃げた方向から、鬼は浅草に向かったのではないかフォイエンは考えていました。

 

一方、海上に出現した柱に対して周りにいた人たちはこの先東京はどうなってしまうのか心配していました。

 

「隅田湾と多摩湾に二本同時だと⁉︎」

 

いつもとは違い、今回の柱は6本目と7本目の2本が同時に出現していました。

 

火縄曰く、一本は灰島と皇国軍が迎撃可能でしたが、二本同時となると人手が足りないそうです。

 

「俺たちも動く時だ」

 

7本目の柱は隅田湾で浅草から近いので、桜備は第8消防隊で対処しようと考えていました。

 

しかし、第8消防隊は逆賊として扱われているので、動くべきではないとリヒトは考えていたので桜備に提案します。。

 

その話をただ聞くだけの紅丸に問いかけるジョーカー。

 

その問いに対して紅丸この戦いに関して興味を全く持っていませんでした。

 

「うちの若ェ衆が櫓から浅草上空を通り過ぎていく“鬼”を見たらしいんだがその姿が…」

 

紺炉の話に興味を持った紅丸。

 

ニュースによると、6本目には巨大な焔ビトが出現したけれども、7本目では巨大な焔ビトは確認されていないそうです。

 

しかし、7本目の近くには巨大な焔ビトの代わりに人間サイズの焔ビトの姿が確認されていました。

 

「ありゃ先代だ」

 

焔ビトが火鉢の姿をしていることに気づいた紅丸は、7本目の柱に向かうことを決断します。

 

紅丸の決断に対して驚く桜備たち。

 

「だれも手を出すんじゃねェぞ」

 

紅丸は一人で7本目の柱に向かおうとしていました。

 

その頃、6本目の柱に到着した大黒と黒野。

 

黒野は巨大な焔ビトに慣れてしまったことに困惑していました。

 

一方、第2消防隊は急いで7本目に向かおうとしていましたが、隊員から7本目は第7消防隊が対処することを聞かされ驚くグスタフ。

 

なぜなら、第7消防隊が原告主義なので動くはずがないと思っていたからです。

 

隊員からの報告が終わった直後に焔人の攻撃を受けたので、なんとしても上陸を阻止しようたグスタフ。

 

そんな彼に、先ほど隊員が言ったことは事実なので6本目に専念すべきと大黒は聞かされたグスタフはムキになり、すでに準備していた“スーパー頭突きキャノン”の弾として自ら砲台の中に入りました。

 

一方、纏に乗って7本目へ向かう紅丸。

 

この時、彼は幼き頃に火鉢にボコボコにされて火鉢から“大馬鹿野郎“と言われた時のことを思い出していました。

 

「クソジジィ何しに戻ってきた」

 

柱に到着した紅丸は鬼に向かって叫びました。

 

そんな紅丸の叫び声を聞いた火鉢(鬼)は、紅丸がやってきたことを理解していました。

 

炎炎ノ消防隊を最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『炎炎ノ消防隊』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊223話の感想と考察

フォイエンたち第1消防隊vs.火鉢(鬼)になるのかと思いきや地震により鬼は逃走。

 

しかも今までと違い2本同時に出現した柱。

 

ここ最近はシンラにとって空白の3ヶ月間に何があったのかや紅丸・ジョーカーの夢の話で大災害に関して進捗がなかった印象があったので、ここにきて強引に話を進めたという印象を最初は持ちました。

 

しかし、2本のうち一本の出現場所が隅田湾だったということと鬼が浅草を通って柱に向かったということは、紅丸が確実に戦闘に出るという展開に繋げるための布石だったのではないかと思います。

 

ちなみに、柱は残り1本となりましたが、最後の柱にはジョーカーが夢で見たバーンズに似た焔ビトが守護者として登場するのではないかと思いました。

 

これに対して府中大牢獄の時と同様にシンラ&ジョーカーのペアで戦うのではないかと思います。

 

そして、次回は紅丸vs.火鉢(鬼)となると思うのですが、幼い頃に全く歯が立たなかった紅丸がどこまで健闘できるのかとても気になります。

その一方で気になったことがあり、なぜ鬼の火鉢は紅丸を知っていたのか?

 

仮に本人だとするとなぜ、焔ビトになったのか気になりました

 

戦いがどうなるかについても気になりますが、火鉢がなぜ焔ビトの姿でここにいるのかという謎が明らかになることも期待します。

 

<< 222話 一覧 224話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました