スポンサーリンク

なれの果ての僕ら22話ネタバレ考察感想あらすじ!無慈悲に刑を執行するみきお

漫画ネタバレ

2020年6月17日発売の週刊少年マガジン2020年29号で、『なれの果ての僕ら』22話が掲載されました。

 

なれの果ての僕ら22話は、倉本は水野を助けましたが、誰も傷つけられないと言って傷つけるのを放棄します。

 

そうしたらみきおはその行動が最悪な結末になるのを見届けろと言うと、謎の笑みを浮かべながら言っていなかった最後のルールを伝えます。

 

そのルールはもし、倉本のように誰かを傷つけるのを放棄した場合、みきお自身が罪人全員に傷をつけると言うものでした。

 

そしてみきおはネズ達を傷つけていきました。

 

果たして、この実験の行方はどうなっていくのでしょうか。

 

本記事では、なれの果ての僕ら22話『嵐が丘』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 21話 一覧 23話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

なれの果ての僕ら22話のあらすじネタバレ

誰かを傷つけるのを放棄した倉本にみきおは、君の行動が最悪の結果を招く瞬間を見届けろ、と言うと謎の笑みを浮かべます。

 

この実験の最後のルールを発動させる、と言うと、天使の人が不要の人を選ばなかった場合自分が罪人全員を傷つける、と言って全員を驚愕させます。

 

倉本は、ちゃんと選ぶ、と言いますがみきおは、このナイフは君とは手を切った、と言って断ります。

 

今のは後だしであり、倉本もそんなルールを知っていたら投げ出さなかった、と反発するネズ。

 

対してみきおは、このくらいやらないと彼女の罪の重さは見せつけられない、と言い返します。

 

それなら自分だけ皆の分を傷つけろ、とネズは言うもみきおは、そうやって自らの身を平気で犠牲に出来るためらいのなさは面白くない、と言ってネズの左腕の筋肉に傷をつけたのです。

 

そしてみきおは、他の皆を傷つけるな、と言うネズの言葉を無視して桜庭、黒田、溝口、長谷部、雨宮、月岡、山口、しょーやんを傷つけていきます。

 

無慈悲に、躊躇うことなく傷つけていき、最後には邪悪な笑いをするみきお。

 

そして倉本には、皆がこんな目に遭ったのは全部君のせいだ、と言い放ったのです。

 

このみきおの姿に、完全に狂っている、と言う水野。

 

そして次は石井の番になり、この場にいる皆は彼女が誰を傷つけてようとしているのか察していました。

 

まず石井は山口を助ける事にしたようです。

 

山口は選ばれるとは思っていなかったのか驚いた表情をしており、みきおも意外そうな顔をして、どうして、と問い詰めると石井は怒りの表情で、誰でもいい、と山口のロープを斬りました。

 

石井は誰が不要な者なのかを決める前にみきおに、傷をつける場所は何処でもいいのか、自分は不器用だからうっかり刺しちゃうかもしれない、と言うとみきおは、傷つける場所は何処でもいいし、思いがけない失敗は責めない、と笑顔で言います。

 

それを聞いて安心した石井は、迷うことなく月岡を不要な人間として選びました。

 

ネズは、このままじゃいけない、と思って何とかやめさせようとしていました。

 

そうしたら山口は自身の過去の経験から、復讐しても何の意味もないし、自分が苦しむだけだ、と言ったのです。

 

しかし、しょーやんは、余計な事を言うな、と言い放ちます。

 

しょーやんは、石井が月岡から別の者に切り替えた場合狙われるのは自分だと分かっていたのです。

 

山口は、自業自得だ、と言い放つもみきおは、今回ばかりはしょーやんが正しい、と言って山口の傷ついている手首を掴んで、邪魔しちゃ駄目、と脅したのです。

 

石井からしたらしょーやんも長谷部もやりたい放題してくれたから彼らでもいいのだが、一番許せないのは月岡でした。

 

未来は、友達なのにどうして、と訴えると石井は、信じていたからだ、と言いました。

 

そして月岡にクイズとして、自分はどうしてこの髪型にしたのか分かる、と聞くと月岡は、性分にあっていた、と答えます。

 

そうしたら石井は笑みながら、本当は月岡みたいにロングにしたかった、と言ったのです。

 

石井は今の髪型のせいで男女と呼ばれ、髪を変えようと月岡に相談したら、今のままが十分に魅力的、と彼女に言われたのでそのままにしているのです。

 

そう言ってくれたのが月岡だけだった故に、裏切ったのが許せない石井は満面の笑みを浮かべながら、顔を傷つける、と言いました。

 

スポンサーリンク

なれの果ての僕ら22話の感想と考察

敢えて最後のルールを言わなかったみきおは、きっと倉本みたいに誰も傷つけたくないと言う人が出てきたら実験にならないから敢えて隠していたのでしょうね。

 

ルールを言わなかった事に関してはズルと言えばズルなのだとは思いますが、みきおからすれば倉本みたいに誰も傷つけないと言う選択して逃げる方がずるいと思っていると思います。

 

石井が月岡を傷つける前にクイズを出しましたが、これは石井なりの慈悲だったのではないでしょうか。

 

本当に恨んでいるなら問答無用に傷つける筈ですし、もし答える事が出来たらしょーやんか長谷部にするつもりだったか、顔以外を傷つけるつもりだったのではないかなと思いましたね。

 

しかし、月岡は答えられなかったので傷つける事を決定したのだと思います。

 

次回23話は月岡が石井によって傷をつけられるとは思いますが、次回はしょーやんあたりが傷つけられるのではないでしょうか。

 

彼はここまで暴言につぐ暴言を言い放っており、自己中心的であります。

 

今回みきおによって傷つけられましたが、そろそろ違う人に傷つけられるのではないでしょうか。

 

天使側でしょーやんを恨んでいるのは安藤ではないでしょうか。

 

今回の実験が始まる前に坂本を始末した犯人ではないかとしょーやんに責められていたので、その可能性が高いと思います。

 

<< 21話 一覧 23話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレなれの果ての僕ら
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました