スポンサーリンク

アクタージュ116話ネタバレ考察感想あらすじ!一気に存在感を見せつける景

アクタージュ

2020年6月15日発売の週刊少年ジャンプ2020年28号で、『アクタージュ』116話が掲載されました。

 

アクタージュ116話は、大河ドラマのオーディションを受けに来た景ですが、彼女はオーディションが始まる前に既に別人になって、演技をしていました。

 

オーディションはお見合いのようなものだから、状況に応じて色々な表情を見せておいた方が有利になると景は言ったので、このオーディションを見に来た環は興味を持ったみたいです。

 

自分には12、13と言う普段とは違う顔があり、場合によっては100、1000とレパートリーを増やせると豪語する景は、無事に役を手に入れられるのでしょうか。

 

本記事では、アクタージュ116話『もっと』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 115話 一覧 117話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

アクタージュ116話のあらすじネタバレ

オーディションはお見合いであり必勝法はないから、出来る限り色々な子を演じた方が有利だ、と言ってオーディション中に別人を演じていた景。

 

同じくオーディションを受けていた夏、みみ、和葉は大胆な行動をとる景に唖然としている様子です。

 

一方で環は、面白い子、と言う評価をします。

 

景は学校に通っていた際に隣の席に座っている今井に注目していました。

 

余りに集中して見ていたのか、今井は、自分の顔に何かついているのか、と尋ねると景は謝ると共に自己紹介し、今井もまた自己紹介をします。

 

今井に注目していたのは、彼女の行動をよく見ることで完璧に彼女を演じるためでした。

 

以前黒山に、役のバラエティを増やしたい、と提案したら黒山から、適当に人の物真似をしまくればいい、とアドバイスされました。

 

仕草、目視、話し方、笑い方、歩き方の全てが心の現れ、と黒山に言われた景は今井の仕草等を徹底的に観察し、必要とあらば彼女に気付かれないように家にまで足を運んでいたのです。

 

ある日、景は今井と似たような恰好をして歩いていると、偶然本人と会いそうになったので急いで隠れて様子を伺います。

 

そうしたらトイレの中に入って風貌を変えて、男性と一緒に行動をしたのです。

 

黒山に、どいつもこいつも皆役者なんだ、と言う言葉を思い出した景は、人は相手によって性格や態度が変わるから一人を真似ることで何人も演じられる、と言う答えに行きつくと同時に、やはりお芝居は楽しいと感じたみたいです。

 

それから景は色んな人を演じるようになりました。

 

そして現在に至り、犬井は、一芝居ごとに色んな人を演じているが何人連れてきたんだ、と景に尋ねると景は、12人だけどそれぞれ色んな顔を持っているから30人、と言います。

 

30人で駄目なら100人、100人で駄目なら1000人演じるつもりだから自分に役をください、と頼む景。

 

そう言い切る景に環はますます興味を覚えたみたいです。

 

オーディションが終わり、みみと和葉は景に対して敗北感を覚えたようです。

 

マネージャーの柊の元へと向かった景は、久しぶりに演技ができた、とホクホク顔でした。

 

そんな中、夏が声をかけてきて、今が本物の景なのか、と尋ねると景は何を言っているんだろうと言う表情をしながら、全部本物、と答えました。

 

その言葉に満足した夏は、会えてよかった、と言って去っていきますが景は最後まで彼女の言葉が理解できなかったみたいです。

 

そうしたら環が景に声をかけて、黒山はいないか、と聞くと景は、いない、と答えたので環は、現場でね、と言って去ろうとします。

 

景は環に対して、たんぽぽさん、と尋ねます。

 

景の言う通り、環は黒山の作品であるたんぽぽの主演であり、その事を知っているのは当時のスタッフだけでした。

 

環は、当時の自分は景の足元にも及ばないが、2年後に今の景を抜いた、と挑発します。

 

更に、若さを妬ましいと感じたのは初めてで自分が10歳若かったら黒山の隣にいたのは自分だと、自分だけ妬くのもあれだから仕返しに本当は環で撮りたかったけど景で我慢してやるかと憂いてもらう、と言う環。

 

そんな環に景は、無理だと思う、とはっきりと言うのでした。

 

スポンサーリンク

アクタージュ116話の感想と考察

景は一人の人物から様々な姿を演じるようにしてきたそうですが、正直言ってとんでもないなと思いますね。

 

黒山が言った事を忠実に行っただけだとは思いますが、普通だったら中々出来るような事が出来ません。

 

多分、俳優や女優は役の事を調べたりして撮影に臨むと思いますが、景の場合は色んな人のリアルな姿を目の当たりにして仕草を学ぶことで、何にでもすぐ演じれてかつ今からでも撮影に入れるようにしたのではないかと思います。

 

この能力なら、難なく役を勝ち取れたのではないでしょうか。

 

次回117話は景が他の出演者と顔を合わせるのではないでしょうか。

 

まだ役を勝ち取ってはいませんが、オーディションに参加していた人の反応や景の大胆不敵な行動や様々な役を演じれる技量から、恐らく合格を勝ち取ったのではないかと思います。

 

景が勝ち取ったであろう役以外の役のオーディションも行われていると思いますし、大河ドラマなので多くの役のオーディションが行われることから、全員分終わるまでは景は役の練習に精を出したりすると思います。

 

そして全てが終わってからドラマ関係者に来るように言われ、景は他の出演者と顔合わせをすると共にオーディションで見せたような大胆な行動をして自身の存在感をアピールするのではないでしょうか。

 

<< 115話 一覧 117話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました