スポンサーリンク

ぼく勉162話ネタバレ考察感想あらすじ!うるかと理珠が文乃の家に来る

漫画ネタバレ

2020年6月15日発売の週刊少年ジャンプ2020年28号で、『ぼくたちは勉強ができない』162話が掲載されました。

 

ぼくたちは勉強ができない162話は、理珠とうるかは文乃にバレンタインチョコレートを作ろうと提案し、成幸の妄想をしていた文乃は驚きながらも了承しました。

 

一足早くに帰宅した文乃だったが、合鍵を使って家に入っていた成幸がいて驚いたのです。

 

事情が事情なので急いで帰らせようとしますが、その前にうるかと理珠が来てしまいます。

 

2人と成幸を会わせないようにしようと考える文乃は、果たしてどんな策を練るのでしょうか。

 

本記事では、ぼくたちは勉強ができない162話『[x]=文学の森の眠り姫編③』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 161話 一覧 163話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ぼくたちは勉強ができない162話のあらすじネタバレ

ある日の学校では文乃は、理珠とうるかと共に勉強をしていると理珠は、受験勉強ばかりでは疲れるから息抜きとしてバレンタインチョコづくりはどうか、と勧めます。

 

うるかも乗り気であり、文乃の事も踏まえて文乃の家でどうか、と文乃に聞きます。

 

しかし、当の本人はチョコレートを渡す事で喜んでいる成幸の妄想をしている最中でした。

 

しかも、もしかしたらもっと一緒にいられたりして、と小声で呟いており、その呟きをうるかと理珠に聞かれてしまったので誤魔化すかのように家でチョコづくりをする事を了承しました。

 

一度帰って準備をしてから来る事になり、文乃は材料を買って家へと向かっていました。

 

バレンタインは女子にとって特別なイベントだったので文乃は、今日は来なくていいと成幸にメッセージを送ろう、と心の中で呟くと共に、成幸に喜んでほしい、とも思っているようです。

 

そして家へと帰ったら、普通に成幸が家を掃除していたので文乃は驚きます。

 

成幸は零侍に合鍵の場所を教えてもらったので、家の中にいるみたいです。

 

文乃は、来てくれるのは嬉しいけど、と言いつつも、これから行われる事は言えないし、毎日成幸が自分の家に来ている事を2人が知れば不味い空気になる、と思っていたので急いで成幸を帰らせようとします。

 

しかし、時遅く既に2人が家の前に来ていました。

 

止む無く文乃は成幸を別の場所へと移動させ、それが終わると2人を家へと招きます。

 

2人に、キッチンでお湯を沸かして、と頼んでキッチンへと行かせるとこたつの下から成幸が出てきたので、文乃は今のうちに彼を脱出させようとするのです。

 

成幸は小声で、コソコソせずに正直に言えばいいんじゃないのか、と聞くも文乃は、変な誤解をされたら大変、と言って拒否します。

 

そうしたら理珠が戻ってきてしまった事で、脱出の機会を逃してしまったみたいです。

 

しかし、文乃の様子から、自分の事がバレたら困るのだな、と小声で言う成幸。

 

自分の思いを察してくれたと思って感動する文乃でしたが、こたつに入った理珠の足が成幸に当たってしまいます。

 

そこは文乃が、ダイエットがてらに筋トレしている、と言って誤魔化し、成幸を自分の元へと引き寄せました。

 

おまけにうるかもこたつに入ったので、成幸は文乃に近づいていき、彼女の体に身を預ける状態となったのです。

 

成幸は、この状況は女子会をする雰囲気だから耳を塞ぐ、と言ったので文乃は心の中で、あとどれくらいの時間近くに感じていられるのかな、と思っていました。

 

そんな中、理珠は2人に、誰にチョコレートを渡すつもりなのか、と尋ねるとうるかは、友チョコだ、と言って誤魔化したのです。

 

対して文乃は、好きな人に渡して気持ちを伝えたらいいな、と言います。

 

この文乃の言葉がきっかけでうるかは、本当は好きな人に渡したい、と正直に言い、理珠も、私もそうだ、と言ったのです。

 

その事で盛り上がっている2人を尻目に文乃は2人が誰に渡すのかが分かっているので、冷や冷やしている様子でした。

 

そんな中、うるかは意を決したかのように、受験が終わったらその人に告白するつもりだ、と言いました。

 

そしてチョコづくりが終わり、2人が帰ったのを見計らった文乃はずっと耐えていた成幸に対して土下座しました。

 

対する成幸は全然気にしておらず、さっきの話は何も聞いてないから勉強しよう、と言います。

 

文乃は了承すると共に、こうして2人でいられる時間はあと少しなんだ、と実感している様子でした。

 

ぼく勉を漫画BANKや漫画タウンやzip以外で無料で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では、漫画『ぼくたちは勉強ができない』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法です...
スポンサーリンク

ぼくたちは勉強ができない162話の感想と考察

うるかと理珠に見つからないためとはいえ、こたつの中にずっといるのは地獄だったでしょうね。

 

バレンタインデーは2月に行われる行事なので、こたつは普通に稼働していて、しかも女性達が使うのであれば温度もかなり高めに設定していると思います。

 

成幸も冬なのでそれなりの厚着をしているはずなので、それを踏まえると苦しかったのは間違いないと思います。

 

それでも女性達の話を聞かないようにし、家にいる事がバレないように最後まで頑張ったのは偉いなと思いましたね。

 

次回163話は、文乃がバレンタインチョコレートを成幸にあげるものと思いますが、成幸を人気のない場所に呼び寄せて渡すのではないでしょうか。

 

文乃は成幸の事が好きなのは疑う余地もありませんが、先に成幸の事が好きになったうるかや理珠に申し訳ないと思っているので、遠慮しているのです。

 

それ故に堂々と成幸にチョコレートを渡す事になれば、学校中が騒めいてうるかや理珠の耳に入る恐れがありますので、少し話したいことがあると言って成幸を人気のない校舎の裏とかに呼び出してチョコレートを渡すのだと思います。

 

その際にこうして親しく接する事が出来るのも残り僅かなのだと察して、涙を流すかもしれませんね。

 

<< 161話 一覧 163話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました