スポンサーリンク

約ネバ181話最終話ネタバレ考察感想あらすじ!遂にエマを見つけるノーマン達

漫画ネタバレ

2020年6月15日発売の週刊少年ジャンプ2020年28号で、『約束のネバーランド』181話(最終話)が掲載されました。

 

約束のネバーランド181話(最終話)は、地球にいる人間の中でエマと言うたった一人の人間を探すためにノーマン達は2年かけて探していました。

 

2年探しても手掛かりすら無かったので諦めかけるも、未だ探していない場所である存在しない国へと向かったのです。

 

その地で分かれて探していると、ペンダントを探していたエマを発見しました。

 

果たして、エマが記憶を失っている事を知らないノーマン達はエマにどのような声をかけるのでしょうか。

 

本記事では、約束のネバーランド181話(最終話)『運命の向こう岸』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 180話 一覧

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

約束のネバーランド181話(最終話)のあらすじネタバレ

ノーマン達は懸命にエマを探していました。

 

しかし、広い地球からたった一人の人間を見つけ出すというミッションはかなり途方もない作業ではありますが、ノーマン達は諦めませんでした。

 

それでも全然見つからず、手掛かりもない中、2年が過ぎます。

 

流石に子供達の中では、エマはちゃんと人間の世界にいるよね、人間の世界にいてももう会えない運命なのではないか、と弱音を吐き始めます。

 

そんな中、ギルダは、以前ムジカ達を探した際にこの世界には入っちゃ駄目とされる禁制区域はどうか、と勧めたのです。

 

ノーマンは、戦争や災害で消滅した国や地域で200年現在ではもう人も住んでいない場所かも、と言うと共に急いで地図を見始めます。

 

ギルダの発言がきっかけで諦めかけていた子供達のやる気が再び燃え上がり、意地でも見つけて会えないと言う運命を覆すつもりで探し始めますが、それでも見つかりませんでした。

 

レイ達はノーマン達と別れて街中を探していましたが気配がなく、バスの時間も迫っていたのでノーマン達と合流することにしました。

 

そんな中、レイはエマの気配を感じ、探しますが見つかりませんでした。

 

しかし、レイの判断に間違いなく、エマはこの街の店にいました。

 

おじいちゃんに、ペンダントが無い、と言われたエマは外へと探しに行き、見つけたので拾ったら偶々合流していたレイ達とノーマン達と合流します。

 

2年かかってエマを見つけたので、レイ達は喜びを爆発させました。

 

しかし、記憶を失っているエマにとって目の前にいるレイ達は家族ではなく、赤の他人でした。

 

この様子から子供達は、人違いなのか、と思い始めますがレイは、まぎれもなく本物のエマだが鬼との約束で自分達と引き離され、自分達にまつわる事を始めとした記憶を失った、と言うと、そりゃ見つからない、と頭を抱えて言います。

 

時は鬼のボスとの約束の時に遡り、鬼のボスはエマとの約束を交わす際に、それでいいのか、と尋ねます。

 

エマは、これは犠牲じゃなくてケジメだ、と答えました。

 

家族と一緒にはいたいけど、皆が無事に人間の世界へと行けるのなら最高の未来だ、とエマは言ったのです。

 

現在に至り、レイからこの事を知った子供達だったが到底納得出来ないものでした。

 

しかし、エマは記憶が無いのでただ怯えるだけで、フィルは、本当に自分達の事が分からない、と察して涙を流していました。

 

ノーマンもまた涙を流していましたが、それはエマがちゃんと生きていてくれて良かったという嬉し涙でした。

 

ノーマンは、自分達は学校に通えているし、シスロ達も体調が良くなっていて、最底辺量産農園の子供達はちゃんと歩けるようになったと、明るい未来にしていけるように皆で頑張っているから幸せであり、全部エマがくれた、と言います。

 

しかし本音を言わせてもらえば、それでもエマと一緒にいたかった、と言うノーマン。

 

こうまで言われてもエマはまだ思い出しませんでしたが、何故か皆に会いたかった気がする、と言って涙を流し始めました。

 

そうしたら子供達も、ずっと会いたかった、と言い、ノーマンは、思い出せなくても一緒に生きよう、と言うとエマは笑みを浮かべながら、うん、と答えたのでした。

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド181話(最終話)の感想と考察

地球の何処にいるのか分からないのに、偶然とはいえ無事にエマを見つけられたのはノーマン達の意地であり、執念でしたね。

 

本来なら諦めるとは思いますが、絶対に諦めないという思いがエマを見つけさせたのでしょう。

 

ただ、ノーマン達が何かを言ってもエマの記憶が戻ることがない様子なのは残念だなと思いましたね。

 

しかし、ノーマン達はもしかしたら鬼のボスに命を取られたか、別の世界に飛ばされたか、鬼の世界に残されたのかとも考えていたはずなので記憶を失ったとはいえ、エマが自分達と同じ世界にいただけ嬉しかったのでしょう。

 

それにエマも記憶を失っていても、まだ心にノーマン達の存在が深く刻み込まれているのか涙を流していましたね。

 

そして皆が一緒に暮らしたいと言ってエマが了承した事から、これからエマ達は一緒に何処かの家を得て暮らしていくのではないでしょうか。

 

それにノーマン達はエマを探しながら、学校にも通っているそうなのでエマも学校に通って、皆と一緒に授業を受けたり、給食を食べたり、校庭や体育館で遊ぶ事になるのではないかと思います。

 

その間にもエマは昔の事を思い出して、もしかしたら記憶を取り戻し、本当の意味での再会を果たすのかもしれませんね。

 

<< 180話 一覧

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました