スポンサーリンク

呪術廻戦110話ネタバレ考察感想あらすじ!甚爾VS陀艮!圧倒的戦闘力!

漫画ネタバレ

2020年6月15日発売の週刊少年ジャンプ2020年28号で、「呪術廻戦」第110話が掲載されました。

 

前話の「呪術廻戦」109話では、陀艮の展開した領域に、自身も領域展開をした伏黒が飛び込んできました。

 

陀艮は伏黒を標的に切り替えますが、特級呪具「游雲」を得た真希の猛攻と、一命をとりとめていた七海、直毘人の合流により妨害されます。

 

特に直毘人は右腕を失っており、怒りをぶつけるように陀艮に挑みます。

 

伏黒は領域展開は何度も出来るものでは無く、この領域から出ることが出来れば勝機はあると七海に相談。

 

自身の領域を利用して抜け穴を作る作戦を立案しました。

 

作戦通りに穴を創り出した伏黒でしたが、その穴を抜けて姿を現したのは、外ならぬ禪院甚爾その人だったのです・・・。

 

本記事では、「呪術廻戦」第110話「渋谷事変㉘」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 109話 一覧 111話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

呪術廻戦110話のあらすじネタバレ

伏黒が創り出した領域の抜け穴から、禪院甚爾が飛び出してきました。

 

甚爾のことを知らない伏黒と真希はこいつは誰だ、と呆気にとられます。

 

陀艮からすれば、新たな戦力を招き入れたように思える状況です。

 

一瞬のうちに、甚爾は真希のもとに移動し、游雲を握ります。

 

その速さと、游雲を握る力の強さに驚く真希。

 

甚爾が游雲を振ると、その勢いに真希が投げ出されてしまいました。

 

真希は体勢を変えて着地しますが、呪力がまるで感じられず、単純な力比べで負けたことに真希は呆然としてしまいます。

 

七海は作戦は続行可能かを伏黒に確認しますが、狙いがバレた今それは難しいと伏黒は応えます。

 

唯一、甚爾のことを知る直毘人でしたが、邪悪な目をした異様な甚爾の気配に寒気を感じます。

 

オガミ婆の降霊術で孫の肉体に甚爾の魂を下ろしているため、孫の呪力が無くなり次第術は解けるようになっていました。

 

しかし、甚爾は呪力を持たず、ゆえに消費もしないために術が解けることは無く、呼び出された甚爾は本能のまま戦い続ける殺戮人形と化したのです。

 

そして、狙う相手は常に強者に向かうようになっており、甚爾は陀艮を標的として定めました。

 

甚爾に呪力が無いことを感知した陀艮は、大した敵では無いと侮り式神を飛ばします。

 

甚爾が游雲を振り回し、式神を全て払い落とした上で陀艮本体にも攻撃を繰り出しました。

 

凄まじい力に驚きながらも、追加で大量の式神を呼び出す陀艮。

 

しかし、全ての式神を何の問題も無く払い落としていく甚爾は、凄まじい速度で移動し続け水面も跳ねるように駆けていきます。

 

陀艮はテントウムシのような姿の巨大な式神を2体創り出しました。

 

この2体の攻撃力、硬度は今までの式神とは違うと繰り出した陀艮でしたが、甚爾はこれも難なく排除します。

 

呪具・游雲は術式効果が付与されていない唯一の呪具であり、力をぶつける力の塊です。

 

そのため、游雲を振るう人間の身体能力にその性能が大きく左右されることになり、甚爾はその使い手として最大の効果を発揮させることが出来るのです。

 

誰だあれは、と直毘人に真希は尋ねますが、直毘人は亡霊だとしか応えません。

 

七海は甚爾に状況の打破を期待していることを伏黒に伝え、必中効果が戻らないよう領域を妨害するように依頼します。

 

甚爾は游雲同士を激しくぶつけることで游雲の先端を研いで尖らせていました。

 

その様子に恐れをなしながらも、陀艮は領域の必中効果さえ取り戻せば勝機はあると思い至ります。

 

時間を稼ごうと空へ飛ぶ陀艮でしたが、それを見越した直毘人が空中で待ち受けており行動を制します。

 

甚爾は游雲を棒のようにして地面に突き立て、棒高跳びの要領で飛び上がると、尖った先端を陀艮に突き刺すのでした・・・。

スポンサーリンク

呪術廻戦110話の感想と考察

いよいよ待ちにまった甚爾参戦ですね!

 

しかし、私が想定外だったのは、伏黒が甚爾のことを知らないことでした。

 

出会うなり、自分を捨てた怒りを伏黒が甚爾にぶつける形で戦いが始まるかと思っていましたが、ひとまずそんなことはありませんでした。

 

真希の游雲を奪ってしまったのも衝撃でした。

 

甚爾はまるっきり真希の上位互換ですから、游雲との相性がいいのも納得でした。

 

圧倒的な強さで陀艮をタコ殴りにするところは予想通りではありましたが、重要なのはこの後の展開です。

 

直毘人から甚爾のことを聞いて、伏黒が掴みかかるという展開はありそうですが、七海が戦力として彼を利用するためにそれを食い止めます。

 

成り行き上、そのまま異様な雰囲気のまま同行することになる甚爾、怪我のため離脱する直毘人と真希。

 

そして、五条を助けた後で因縁の決着をつけるため甚爾が敵に回るという展開までは想像完了しました。

 

ダークホースはやはり虎杖と宿儺ですね!

 

こいつらが全て解決する可能性もあれば、全て台無しにする可能性もあるというのが面白いですね・・・!

 

今回、新たに指を取り込んだことで虎杖が暴走してしまい、夏油の野望は阻止したものの本格的に呪術師たちから狙われることになる、逃亡編なんていかがでしょうか。

 

以上、引き続き111話以降も目が離せないですね。

 

<< 109話 一覧 111話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ 呪術廻戦
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました