スポンサーリンク

エデンズゼロ97話ネタバレ考察感想あらすじ!シキに起きた大きな変化

漫画ネタバレ

2020年6月10日発売の週刊少年マガジン2020年28号で、『エデンズゼロ』97話が掲載されました。

 

『エデンズゼロ』97話は、まずドラッケンがなぜ怪物化してしまったのが明らかになりますがその理由とは?

 

また、ドラッケンの暴走だけではな宇宙空間に現れたあるものに対しても危機が迫っていたので、エデンズゼロはそこに向かいました。

 

そして、ドラッケンの前になす術がなくピンチを迎えたシキに大きな変化がやってきました。

 

果たして何が起きたのか?

 

本記事では、エデンズゼロ97話『今がその時』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 96話 一覧 98話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

エデンズゼロ97話のあらすじネタバレ

怪物化して大暴れするドラッケンの変化に困惑するシキ。

 

一方、エデンズゼロの艦内ではなぜドラッケンが怪物の姿になってしまったのをハーミットが説明しようとしていました。

 

ハーミット曰く、ドラッケン弱体化はしていたのは事実ですが、ベリアルゴアには生命力を吸収する装置がたくさんあり、生命維持装置のエネルギーを逆流させた際に蓄積されていた生命エネルギーとドラッケンのエーテルが融合した結果、彼は怪物化してしまったのでした。

 

そして、エデンズゼロは突然緊急離陸を始めます。

 

実はこの時ベリアルゴアの近くには紅の眼があったので、その対処のために緊急離陸させました。

 

「邪魔な…ノアを…殺す…さあ…撃て…」

 

紅の目をコントロールする部屋のコンピューターからこのように言うドラッケンの姿が写っており、画面の周りには触手のようなものがまとわりついていました。

 

そして、その職種は部屋にいる人たちを次々に刺しました。

 

一方、紅の眼がブルーガーデンをねらっていることを知り、艦内にメンバーはそれを阻止しようと考えました。

 

その頃、崩壊する生命維持装置の部屋から脱出しようとしていたピーノの上に瓦礫が落ちようとしていましたが、シビルがピーノのことを守りました。

 

「あんな奴でもオレを救ってくれたやつなんだ」

 

助けてくれたもののシビルに恐怖を抱いてピーノは突然ワイズの言葉が頭をよぎり震えが止まりました。

 

一方、たくさんの触手を見て驚くレベッカと触手に捕われてしまったハッピー。

 

「みつけた…見つ…けた…ぞ30号…」

 

天井からドラッケンの声が聞こえた直後、触手にレベッカは捕まってしまいます。

 

そして、彼女の力を奪おうとしますが、ホムラが彼女を救出します。

 

そして、ドラッケン本体は処刑場で大暴れ。

 

突然地面が爆発して吹き飛ばされるシキとワイズ。

 

さらに2人は電撃攻撃を受けた直後触手攻撃を喰らってしまいます。

 

「キャットはオレのものだ」

 

ノアが言っていたキャット覚醒のカギであるシキに腕を銃の形に変えて攻撃しようとするドラッケン。

 

触手攻撃のダメージの影響で身動きがとれないワイズ。

 

触手に捕まり身動きが取れないレベッカとホムラ。

 

「いつか必ずお前を倒す‼︎」

 

「そして友達のいねえお前の友達になってやる」

 

銃口を向けらた瞬間、シキは29号世界で射殺される直前の自分が言ったことが頭によぎりました。

 

そして、弾がシキ向けて放たれましたが、その時29号世界で撃たれる時の仲間が表情が頭をよぎります。

 

その瞬間、銃弾はシキにあたる直前で何かの影響を受けて地面に落ちました。

 

「今がその“いつか”だ」

 

29号世界で撃たれる時にドラッケンが言ったことに対して何かを悟ったシキ。

 

「友達を泣かせない」

 

そう言ってシキ立ち上がりましたが、その姿はドラッケンがオーバードライブを発動した時の姿に似ていました。

 

スポンサーリンク

エデンズゼロ97話の感想と考察

ドラッケンが怪物化した今回。

 

しかも、ドラッケンを倒すだけではなくブルーガーデンを狙う紅の眼の出現という新たな危機の襲来。

 

これはエデンズゼロの艦内にいるウィッチたちが対処することになりましたが、無事ブルーガーデンを守ることができるのかとても気になりました。

 

続いて気になったのは、生命維持装置から姿を消したジンについて。

 

仮にドラッケンのもとに向かったのであれば今回の最後に援軍として登場と思ったのですがそれはなかったので、シルフの救助に向かったのではないかと思います。

 

そして、注目すべきはラストのシキの姿。

 

ドラッケンは全身真っ黒でしたが、シキは腕が黒くなっているのとエーテルのラインが浮かび上がっており、頭に入って角が生えています。

 

もしかすると、これがシキのオーバードライブを発動した状態なのではないかと思います。

 

そして、銃弾が地面に落ちたのも、オーバードライブを発動したことにより無意識のうちに能力の影響を受けたからに違い無いと思います。

 

そして、シキがこの状態でドラッケンを倒すという展開になると思います。

 

また、次回のタイトルが『魔王降臨』となっているので、『サタングラビティ』についても何か新情報が出るのではないかと思います。

 

<< 96話 一覧 98話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました