スポンサーリンク

なれの果ての僕ら21話ネタバレ考察感想あらすじ!早乙女が不要な人間だと判断したのは!?

漫画ネタバレ

2020年6月10日発売の週刊少年マガジン2020年28号で、『なれの果ての僕ら』21話が掲載されました。

 

なれの果ての僕ら21話は、誰かを助ける代わりに誰かに10㎝の傷をつける実験である花いちもんめ改が行われ、早乙女は助ける相手に未来を選びました。

 

そして次は傷つける相手を選ぶことになりましたが、早乙女は選べないと思っていたのです。

 

しかし、もし不審な行動を起こせばみきおが手にしている拳銃から銃弾が放たれるので、他に選択肢がありませんでした。

 

この状況下で、早乙女は一体誰を不要な人間として選択するのでしょうか。

 

本記事では、なれの果ての僕ら21話『たけくらべ』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 20話 一覧 22話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

なれの果ての僕ら21話のあらすじネタバレ

花いちもんめ改が行われ、みきおは未来を助けた早乙女に対して、もう一人選んで選んだ人の肌に10㎝以上の切り傷を作る事、と言います。

 

そして恐ろしい顔で、ゆっくり肌を引き裂かれるのは痛いよ、と言って皆の恐怖を煽ったのです。

 

中々早乙女が選ばないのでみきおは制限時間を設け、10秒数え始めたのです。

 

早乙女は、こんなの選べるわけがない、と思っていましたがもしみきおに逆らえば銃で撃たれてしまうので、他に選択肢はありませんでした。

 

不要な人間なんかいるわけがない、と思っていた早乙女ですがネズと無意識に言ってしまいます。

 

この選択に未来は驚き、早乙女自身も我に返って、今のは違う、とネズに言いますがネズは、これでいい、と受け入れたのです。

 

みきおは、早乙女はネズと親しいのはずなのに何故ネズを選んだのか、ネズを選べば許してくれると思ったからか、と言うと早乙女は、違う、と否定しようとしたがみきおに、理由もなしに罰するのは駄目だ、と苦言を呈されました。

 

それ故に早乙女は、ネズは暴走して皆を混乱させたから、と苦渋の表情をしながら言います。

 

みきおは一旦納得してネズの服をまくると、しっかり傷をつけるよう、に言ったのです。

 

因みに早乙女は一度みきおに歯向かったせいで利き腕を負傷していたので、左手でネズに傷をつける事になりました。

 

早乙女は傷をつけていくも、傷をつけていく度にネズは苦悶の表情をして苦悶の声も漏らしていた。

 

未来は恋人が傷つけられているので、直視できない状態でした。

 

やがて全部終わるとみきおはネズに、早乙女が選ばなかったらこんな目に遭わなかったんだから早乙女の事が憎くなった、と告げ口すると早乙女はみきおに、絶対に許さねぇ、と言い放ちますがみきおは気にも留めていませんでした。

 

そしてみきおは、選ばれた人は誰を助けて誰を罰するのかをちゃんと考えてね、と言ってくじを引くと倉本が選ばれました。

 

選ばれた倉本に対してしょーやんは、自分は動画でお金を稼いでいるから助けてくれたら金をやる、と言いますが倉本は水野を選びました。

 

この選択に納得が出来ないしょーやんは倉本を罵倒し、みきおも、どうして水野なのか、と聞きます。

 

倉本は、水野は自分的には悪い奴ではない、という理由で選んだのです。

 

みきおは、悪くない人は他にもいるのに、と意味深な言葉を呟きました。

 

次に不要な人を選ぶ番になりましたがその前にみきおはしょーやんに、先程の暴言のせいで選ばれちゃうよ、と言うとしょーやんは、さっきは言い過ぎたから選ばないでくれ、と懇願するも倉本から、五月蠅い、と言われてしまいます。

 

しかし倉本は、こんなの選べない、と放棄しました。

 

この選択にみきおは、選択が迫られた際に何かを選ぶには何かを捨てる覚悟がなければ全てを失う、と言うと同時に、自分が倉本の甘い行動をしょうがないと許すと思う、と言います。

 

最後にみきおは怖い顔をして、倉本の行動が最悪の結果を招く瞬間が来る、と言うのでした。

 

スポンサーリンク

なれの果ての僕ら21話の感想と考察

まさか、早乙女がネズを選ぶとは驚きでしたね。

 

早乙女は誰も不要な人物はいないと思っていたので、それを踏まえたら止めたいと思っているネズを傷つけた方がいいのではないかと考えたか、過去にネズに恨みがあって思わず口に出してしまったのかもしれませんね。

 

選ばれたネズも皆が傷つかないのならと受け入れたのでしょうね。

 

倉本も山口を傷つけると思っていましたので、まさかの誰も選ばないと言う選択を選んだのには驚きでしたね。

 

一度裁判で怪我をしたから、もう恨まれたくはないのだと思います。

 

倉本が誰も選らないと言う判断をした事で、みきおが一体どんな行動に出るのか気になるところです。

 

次回22話は誰かが倉本に傷をつけるのではないかと思います。

 

みきおも言っていましたが、倉本の誰も傷つけないと言う選択を黙って見過ごしはしません。

 

それ故に倉本が誰かを傷つける選択を捨てたので、誰かに倉本を傷つける権利を渡すのではないかなと思います。

 

次回は復讐のじかんとなっていますので、みきおは山口に対して一時的に開放して傷つける権利を与えるのではないでしょうか。

 

山口はかつて倉本を始め、小山内、彼女が始末した相沢にいじめられていた事があります。

 

その事からみきおは、倉本に対して恨みがある山口に傷つけさせようとしているのではないでしょうか。

 

<< 20話 一覧 22話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレなれの果ての僕ら
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました