スポンサーリンク

彼女お借りします143話ネタバレ考察感想あらすじ!映画完成まで水原は?

漫画ネタバレ

2020年6月10日発売の週刊少年マガジン2020年28号で、『彼女、お借りします』143話が掲載されました。

 

『彼女、お借りします』143話では、和也は瑠夏との誕生日デートを無事に終えました。

 

一方水原は映画完成まで、どんな日々を送っているのでしょうか。

 

本記事では、『彼女、お借りします』143話「彼女と芽」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 142話 一覧 144話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

彼女お借りします143話のあらすじネタバレ

墨が街を歩いていると、どこかに向かう水原を見かけます。

 

 

おばあちゃんの誕生日プレゼントを持ってきた水原。

 

中身は新しい入院着で、おばあちゃんは喜んでいます。

 

三日前少し体調を崩していたおばあちゃんを、水原は心配します。

 

三日前のことを大昔というおばあちゃんを見て、そんな73歳になりたいと言う水原。

 

今日は降水確率70%でしたが、外は晴れています。

 

おばあちゃんは自分が晴れ女だと話し始めます。

 

すでに何回もその話を聞いた水原は呆れますが、おばあちゃんは水原が生まれる日も嵐のような豪雨が、自分が病院に来たらピタッと止んだと嬉しそうに話します。

 

雨女の女優は茨の道だとおばあちゃんが心配すると、水原は雨の似合う女優になると言います。

 

水原の母親の話になり、彼女も雨女で美人で、水原とよく似ていると話します。

 

しかし親よりも先に死んでしまう親不孝者だと、おばあちゃんは寂しそうです。

 

そんなおばあちゃんを見て水原は、自分がおばあちゃんより長生きすると宣言します。

 

珍しく先の話をする水原に、誰の影響かとニヤリと笑うおばあちゃん。

 

水原はお花の水を替えてくると部屋を出ます。

 

 

水原が廊下を歩いていると、大きな花束を持った墨が居ました。

 

 

廊下の休憩所で水原は、墨がビラ配りを手伝ったことを聞きます。

 

何も知らなかった水原は、迷惑をかけたと落ち込みます。

 

墨はスマホで文字を打ち、映画作りはどうなったかと聞きます。

 

撮影も無事に終わり、後は完成を待つだけだと水原は報告します。

 

墨はとても嬉しそうな表情で拍手をします。

 

墨は和也がどれだけ頑張っていたと水原に教え、この映画は水原の想いと和也の支えで出来たものだと感動し、涙を流しながらおめでとうと言ってくれました。

 

 

おばあちゃんに墨を紹介する水原。

 

すこし会話をし、墨を見送ります。

 

おばあちゃんは、水原にも友達がいることに驚きます。

 

真面目でとっつきにくいところが水原の良さでもあるが、和也と出会ってから急に人が増えたみたいと不思議がっています。

 

水原はおばあちゃんに、映画の鑑賞日を伝えます。

 

おばあちゃんはとても喜び、和也が頑張ったんだねと言います。

 

水原は何も知らないおばあちゃんに、クラウドファンディングから撮影まで、どれだけ和也がダメだったかを、すごい勢いで話し始めます。

 

和也のことを話している水原の表情は、とても楽しそうです。

 

そんな水原を見たおばあちゃんは水原に、人に愛が芽生える瞬間はいつか知っているかと質問します。

 

キョトンとする水原におばあちゃんは、その人のことを楽しそうに語った時だと教えます。

 

 

自分の部屋で黙々と作業をしている和也。

 

和也のパソコンには支援者リストが表示されています。

 

和也は水原のことを思い出しながら、なにか悩んでいるようです。

 

スポンサーリンク

彼女お借りします143話の感想と考察

久しぶりにおばあちゃんと墨が登場です。

 

おばあちゃん誕生日だったんですね。

 

体調もやはり時々悪くなるみたいで、まだ心配です。

 

水原の後を追いかけてきた墨は、意外と大胆な行動をとりますね。

 

和也は水原に墨が協力してくれたことを伝えておらず、水原からしたら驚きですよね。

 

墨から聞いた和也が頑張っていた姿、水原にも響いたのではないでしょうか。

 

沢山の人の協力もあって出来た映画ですが、和也と水原の二人で支え合ってきたからこそ出来た映画ですよね。

 

そしておばあちゃんに、楽しそうに和也のことを話す水原。

 

おばあちゃんの言う通り、愛が芽生えた瞬間なのではないでしょうか。

 

あんなに和也のことを、楽しそうに話す水原を見たことはありません。

 

映画の鑑賞日も決まり、あとはその日を待つばかりです。

 

しかし和也はなにか悩んでいるようでした。

 

なにか最後に問題が出てきたのでしょうか。

 

支援者リストを見ていましたが、どうしたのでしょうか。

 

誰かほかにも呼びたい人がいるとか、でも人数的に厳しいとかですかね。

 

和也が何に悩んでいるか、次回が気になります。

 

<< 142話 一覧 144話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました