スポンサーリンク

ドメカノ276話最終話ネタバレ考察感想あらすじ!夏生は父親と夫になった

漫画ネタバレ

2020年6月10日発売の週刊少年マガジン2020年28号で、ドメスティックな彼女276話(最終話)が掲載されました。

 

ドメスティックな彼女276話(最終話)では、瑠衣に背中を押され、陽菜と結婚することに決めた夏生。

 

夏生がプロポーズをした次の日の朝、ハルカがいつも通り陽菜に話しかけると、陽菜が目を開けました。

 

本記事では、ドメスティックな彼女276話(最終話)「ドメスティックな彼女」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 275話 一覧

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ドメスティックな彼女276話最終話のあらすじネタバレ

ホテルに着き、ミヤビが車から降りると、着物姿の瑠衣が笑顔で駆け寄ってきます。

 

以前ミヤビが、取材で訪れた店で瑠衣が働いており、その時再会してからお互いの仕事の愚痴を言い合えるほどの仲になっていました。

 

陽菜の事故のことはミヤビも聞いたようで、瑠衣は陽菜が目を覚ましてからの陽菜の頑張りをミヤビに伝えました。

 

目を覚ましたことに医者も驚き、歩けないと言われていたのに毎日リハビリを頑張り、3年で歩けるようになりました。

 

しかし夏生との結婚について、瑠衣と陽菜はかなり揉めたそうです。

 

陽菜は自分が事故にあったことで、瑠衣たちが結婚しないことに納得が出来ないようでした。

 

しかし瑠衣は、今まで誰にも言ったことのない気持ちを陽菜に伝えました。

 

陽菜の覚悟を知り、指輪を見た時に瑠衣は、陽菜に叶わないと思ったそうです。

 

そして大好きな夏生のことを一番に想ってくれる人と、一緒になって欲しいと思いました。

 

瑠衣の気持ちを聞き、陽菜はやっと納得してくれました。

 

 

瑠衣は、陽菜の支度が終わったか見に行きました。

 

早く見て欲しいとハルカに引っ張られた瑠衣は、とても幸せそうな陽菜のウエディングドレス姿を見ます。

 

思わず涙が溢れる瑠衣。

 

陽菜は心配しますが、瑠衣は陽菜の幸せな姿を見ることが出来て、自分も幸せだとお互いを抱きしめます。

 

 

高校や大学の仲間たちから祝福される中、陽菜と夏生の結婚式を挙げることが出来ました。

 

 

月日が経ち、蝉の声が聞こえる真夏日に、ハルカと陽菜が帰ってきました。

 

エアコンが効いた家で仕事をしていた夏生に、ハルカは羨ましがっていましたが、締め切り直前のだらしない姿の夏生を見て、ハルカは怒ります。

 

陽菜がハルカに、もうすぐ英会話の時間だと教えると慌てて準備をし、タブレットで英会話を始めます。

 

 

陽菜が夏生宛てに荷物が届いていると渡すと、中身は来週発売の新刊の見本でした。

 

夏生は自分達をモデルにした小説を書いており、フィクションで内容はぼかしたが、読者たちにどう思われるだろうと少し不安でした。

 

陽菜は、普通の話じゃ面白くないと夏生を励まします。

 

この小説を書くにあたって、陽菜と瑠衣に色々と話を聞いた夏生。

 

陽菜は思い出をふり返ることが出来て良かったと、夏生に感謝します。

 

夏生にとっては今まで知らなかった二人の気持ちも知る、いい機会になったようです。

 

 

陽菜は、最近思い出せたことがあると夏生に話します。

 

事故にあう直前、自分のせいで夏生たちに迷惑が掛からずに済んだと安心したが、今まで自分のしたことで、どうしても後悔出来ないことが一つあると言います。

 

それは夏生のことを好きになったことです。

 

その気持ちは今も変わらないし、これからも変わらないと話す陽菜。

 

さっそくこの小説を読んでいいかと夏生に聞きます。

 

その小説のタイトルは、ドメスティックな彼女でした。

 

スポンサーリンク

ドメスティックな彼女276話最終話の感想と考察

とうとう完結しました。

 

前回目を覚ました陽菜は、医者も驚くほどの回復を見せていましたね。

 

確かに昏睡状態から目が覚めるって、現実ではあまり聞かないですよね。

 

それくらい奇跡的なことで、歩けないとも言われていたのに、きついリハビリを頑張り、歩けるようになりました。

 

もし自分ならそこまで頑張れないかもしれないです。

 

陽菜の頑張りは、夏生との結婚という目標があったからかもしれませんね。

 

やはり瑠衣と陽菜は揉めていました。

 

陽菜の性格上、瑠衣と夏生が結婚していないことに納得しないだろうなとは思いましたが、瑠衣の誰にも言ったことのない気持ちを聞き、納得してくれましたね。

 

陽菜の事故から長い年月が過ぎ、色んなことがあった夏生。

 

瑠衣と陽菜という、自分の幸せを一番に願ってくれる二人に支えられ、なんて幸せなやつなんだろうと思いました。

 

確かに複雑な関係でしたが、皆幸せになれていい話だったなと思います。

 

こうゆう愛情の形もあると知ることが出来ました。

 

<< 275話 一覧

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました