スポンサーリンク

アルキメデスの大戦220話ネタバレ考察感想あらすじ!東條にあって櫂に無いものとは?

漫画ネタバレ

2020年6月8日発売の週刊ヤングマガジン2020年28号で、『アルキメデスの大戦』第220話が掲載されました。

 

『アルキメデスの大戦』第220話は、東條の演説が議場を席巻します。

 

戦艦「大和」売却による利益で日本の未来を豊かにしましょうと訴える櫂。

 

それに対して東條は本当の豊かさとは金で買うものではないと断言。

 

健全な精神あっての豊かさだと主張した結果、評議員の大半が東條寄りとなってしまいます。

 

物や仕組みが先であると考える櫂には、東條らの考えがどうしても理解できません。

 

そんな時、思いもよらぬ人物が櫂の援護に…?

 

本記事では、『アルキメデスの大戦』第220話[櫂の弱点]のあらすじと感想を紹介していきます

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 219話 一覧 221話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

アルキメデスの大戦220話のあらすじネタバレ

櫂は戦艦「大和」を売却し、その利益を使って未来の日本を豊かにしましょうと訴えました。

 

政府側はその話に興味を持ち、概ね賛成の意向を表していましたが東條がそれに待ったをかけます。

 

ここぞとばかりに東條が熱弁。

 

そもそも日本人の根本となすべきは崇高なる心であって経済的豊かさではないと断言。

 

さらに戦艦は陛下よりお預かりした伝家の宝刀。

 

ならばそれを敵国に売るなどはまさに反逆行為であり、言語道断。

 

櫂に同調し、米国との合意を認めるならば我らも反逆者。

 

腹を切って陛下と国民に詫びるほかはない。

 

各々はその覚悟があるのかと政府側に詰め寄りました。

 

 

政府側の実質的リーダーである近衛は、自分の考えがどうであれ、その場の空気で強いほうに流れる日和見主義なところがありました。

 

東條の圧に呑まれた近衛は意見を翻し、陛下の御心に背くとあらば大和売却案を容認しかねると発言。

 

東條はまるで進行役のように次に海軍側、陸軍側と意見を求めました。

 

陸軍大臣・畑は最初から合意案が潰れることを願っていたので当然 売却案を拒否。

 

海軍大臣・吉田も山本同様の意見であったのでもちろん拒否。

 

焦った櫂は一度は容認しかけた政府側に今一度考え直して欲しいと訴えます。

 

陛下の御心と近衛はいったが、米国と戦争になると本当に陛下に報告ができますかと。

 

横で聞いていた東條は、陛下とてご理解くださると一喝。

 

理由はたとえ戦争になったとしても、日本は必ず勝利するからだと。

 

櫂は東條に勝利の根拠を求めますが、そんなものはいらんと一蹴されてしまいます。

 

日本人は精神力で敵を倒すのだと凄む東條。

 

過去にあった外敵との戦いも不屈の精神で戦い、神風を吹かせ、神に守られ勝利してきたのだと言い放ちます。

 

櫂は東條の精神論、神頼みに猛然と反論。

 

現代の戦争は科学技術と物量の激突であり、精神力はあくまで付帯的条件に過ぎないと断言。

 

戦争とは究極の危機管理であり、勝利をもたらすのは精神力ではなく、仕組みと制度が決め手となると訴えます。

 

これには山本が反論。

 

仕組みも制度も人の気概と覚悟によってこそ機能するものであり、人の意思がなければ役に立たない。

 

人は心で動き、心のない者に人は賛同しないと櫂に告げました。

 

そして櫂個人に対し、何でも理屈で解決しようとするが、正論だけでは通用しないこともあると諭します。

 

しかし櫂にとって原理原則に基づいた合理的根拠こそが全て。

 

合理的説明のつかない考えには納得ができません。

 

その時、すっかり場の空気に呑まれた近衛が口を開き、ポツリと呟きます。

 

世の中、原理原則だけでは動かないものでもある。

 

国民全員が教養があるわけではないし、大衆を理解させるのは難しい。

 

国民を動かすには心を掴むことが大事であると。

 

 

この呟きで頼みの政府側の評議員全員が東條の意見に賛成を表明。

 

櫂の理屈一辺倒が裏目に出てしまったのです。

 

それは、時折見せる櫂の人の感情を無視する言動がこの結果を招いてしまったともいえました。

 

評議員全員が大和売却案を拒否したかにみえた議場でしたが、ただ一人、意志を明らかにしていない人物が。

 

それは海軍の嶋田でした。

 

山本らに同意を求められた嶋田でしたがこれを拒否し、なんと大和を売っても良いのではないかと話し始めたのです…

 

アルキメデスの大戦を漫画BANKやrawやpdf以外で無料で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では、漫画『アルキメデスの大戦』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

アルキメデスの大戦220話の感想と考察

報告会議が始まってから、やけに櫂が山本らの感情に鈍感すぎだったのは今回のためのフリでした。

 

サブタイトルに作者自らが「櫂の弱点」と付けただけあって、今回は櫂のちょっと冷酷とも取れる部分を明確に炙り出していました。

 

ただ、櫂は決して冷酷なのではなく、フォローする言葉が足りないだけなのです。

 

これまで理詰めで損得を説明し、人を動かしてきた櫂でしたが、どちらかというと周りが櫂の気持ちを推し量って動くことが多かった気がします。

 

櫂は何一つ間違ったことは言っていませんが、自分を尺度に他人に語る傾向があります。

 

時と場合、人によって話し方、説明の仕方を考慮すべきだったのかもしれません。

 

にしても、何でも反対の東條はともかく、山本が売却に反対する根拠がちっぽけな精神論によるものなのが残念でなりません。

 

そしてラストに大和売却に同意した嶋田ですが…

 

ただ単に、自身の出世を睨んでの発言ような気がします。

 

山本と同意見ではこの先、山本の上に立つことは出来ないと考えたのではないでしょうか。

 

山本を出世争いから追い落とす好機と考え、櫂に同調する道に懸けたのかもしれません。

 

櫂としては、売却の意味を理解していないかもしれない嶋田を味方につけても本心からは喜べないでしょう。

 

背に腹は代えられないと考えるのか、弱りに目に祟り目だと考えるのか、次回が楽しみです。

 

<< 219話 一覧 221話 >>
アルキメデスの大戦(映画)無料で動画配信フル視聴する方法!openloadやB9は安全に見れない?
映画『アルキメデスの大戦』のフル動画を安全に無料視聴する方法 映画『アルキメデスの大戦』は、動画配信サービスU-NEXTなら安全に動画をフルで無料視聴することができます。 U-NEXTは、31日間の無料お試し期間が設けられて...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました