ゴールデンカムイ229話ネタバレ考察感想あらすじ!谷垣、迷った末の決断!

漫画ネタバレ
スポンサーリンク

2020年2月6日発売の週刊ヤングジャンプ2020年10号で、『ゴールデンカムイ』229話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ229話は、杉元を始末してアシリパを連れていこうとする谷垣でしたが、どう転んで上手く行く事はないのではないか思い始めます。

 

考えた末、インカラマッがいる病院へと向かう事にして彼女と合流して早いうちに逃げようとするも、月島に気付かれてしまったのです。

 

月島は谷垣を始末しようとするも、インカラマッが立ち塞がったので躊躇します。

 

そこへ家永が現れて月島に注射器をさして、逃がそうとしますがそれでも月島は拳銃による銃弾で家永を貫いたのです。

 

本記事では、ゴールデンカムイ229話『完璧な母』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ229話のあらすじネタバレ

杉元を追って彼を始末し、彼らの手元にいるアシリパを連れていこうと馬を走らせる谷垣でしたが、彼は杉元を無慈悲に始末できるような人間ではありませんでした。

 

それ以前に頭に拳銃を撃ち込んでもやられる事のない杉元を始末できる気がしなかったのでありました。

 

仮に始末したとしてもアシリパが、杉元を始末した自分の言う事を大人しく聞くとは思えないが鶴見だったらどんな手段を用いても言う事を聞かせるだろうと思っていたのです。

 

谷垣はどの道どう動いてもアシリパを不幸にしてしまう事になり、失意の状態の彼女を故郷に送り返しても祖母のフチは喜ばないだろうと思っていました。

 

もしくは金塊争奪戦が終わるまでアシリパを探す振りをする手段もあるが、何時終わるか分からないのとこれから生まれてくる子供に会えない可能性があったのです。

 

そしてやはりアシリパを捕まえて連れていくしかないのかと悩み考える谷垣。

 

その頃、病院にいるインカラマッのお腹にいる赤ちゃんは順調に育っていました。

 

家永は自分の母親も立派な子供を産むと思っていたが階段から足を滑らせて転んだ際、子供を流産した過去があったので出産に協力したいと申し出て、インカラマッは了承したのです。

 

その夜、インカラマッはベッドの上に座っていると彼女の部屋のドアが開きます。

 

そしたらアシリパを探していたはずの谷垣が現れ、インカラマッは思わず抱き着いたのです。

 

必ず来てくれると信じていたというインカラマッ。

 

時は遡り、谷垣は彼女がいる網走の病院に来ましたが、雰囲気で彼女はもういないことを察します。

 

移された病院の居所を知りたかった谷垣でしたが、下手に尋ねてしまったらこの事が鶴見の耳元に入る恐れがあったので聞けなったのです。

 

谷垣は既に鶴見の意に逆らうような行動をしているのでインカラマッに会おうとしている事は、彼女を危険に晒すような行動をしているのを自覚していますが、それでも彼女を連れて逃げたかったのです。

 

そこへイケマの根を齧っている女性が現れ、インカラマッから預かった絵葉書を谷垣に渡しました。

 

絵葉書を頼りに小樽市に来て、現在に至るのです。

 

谷垣は既に鶴見の命令に背いているので命を落とす可能性があるも、それでもインカラマッと生まれる子供の近くにいたかったと述べ、インカラマッも既に覚悟は出来ていたと言っていました。

 

逃げようとするも、谷垣が来ている事に気づいた月島が部屋へと近づいてきて、谷垣は彼女と共に逃げようとするも逃げ切れないと思っていたのです。

 

取りあえず拳銃を構えながら慎重に扉に近づく、開けようとする谷垣。

 

そしたら月島が扉を蹴って谷垣に直撃させると、彼が持っていた拳銃も蹴り飛ばして銃口を谷垣に向けます。

 

命の危機に晒される谷垣の前にインカラマッが立ち塞がり、これが月島の正義なら自分を撃つように言い、彼を躊躇させるのです。

 

その間に家永が彼に注射を刺して、彼らに逃げるように促しますが月島に撃たれてしまいました。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ229話の感想と考察

谷垣は任務を果たすより家族と共に過ごす方を取った形になりましたね。

 

月島に気付かれなかったら上手い具合に逃げられたと思いますが、月島に気付かれたがゆえに悲劇が起こった形となってしまいました。

 

まだ命を落としていませんが、家永からしたら無念だったのではないでしょうか。

 

月島が撃った銃弾が彼女の腹部を貫いていますので、間違いなく致命傷は負っているのではないかと思われ、治せる者もいないと思われますのでまもなくあの世に行くと思われます。

 

こうなる前にはインカラマッに自分の過去の出来事から出産のお手伝いを願い出ていましたので、こうなってしまったのは非常に無念だったのではないでしょうか。

 

果たして彼女はどうなってしまうのか、気になりますね。

 

次回は谷垣が蹴飛ばされた拳銃を拾って月島を始末するのではないでしょうか。

 

家永は撃たれてしまい、このまま逃げたとしても月島の第二の銃弾が撃ち込まれる可能性があり、仮にインカラマッに命中したら子供も駄目になってしまう可能性があるのです。

 

それは谷垣は望んでいるはずがありませんし、確実に逃げ切るためにも拳銃を拾って月島を始末し、インカラマッと共に逃げていく事になるのではないかと思います。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました