涙そうそう(映画)無料で動画配信フル視聴する方法!pandoraやopenloadは安全に見れない?

映画無料視聴

映画『涙そうそう』のフル動画を安全に無料視聴する方法

映画『涙そうそう』は、動画配信サービスU-NEXTなら安全に動画をフルで無料視聴することができます。

 

U-NEXTは、31日間の無料お試し期間が設けられている上、登録時に600円分のポイントがもらえます。

 

映画『涙そうそう』は見放題で無料配信されているので、追加料金なしで無料で視聴することが可能です!

 

さらに、登録時にもらえる600円分のポイントを使えば、最新作の映画やアニメなどの有料作品を見ることもできます。

 

もちろん無料お試し期間中に解約すれば費用は一切かかりません。

 

登録や解約も2~3分程度でできるので、とっても簡単でオススメの方法です。

 

▼『涙そうそう』を無料視聴▼

無料期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。解約はボタン一つで簡単にできます。

 

※本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイト にてご確認ください。

映画『涙そうそう』を視聴するならU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTは、2007年にサービスを開始した日本の動画配信サービスのパイオニアであり、純国産サービスとしてはシェアNo.1!

 

老舗だからこその安心感と、あらゆるジャンルを網羅した豊富なコンテンツにより、安心安全にいつでも最高の時間を楽しむことができます。

  • 31日間の無料キャンペーン有り
  • 登録するだけで600ポイントがもらえる
  • 180,000本の動画が見放題
  • 80誌以上の雑誌も読み放題
  • 電子書籍数は57万冊以上
  • 動画をスマホにダウンロードして、オフラインで視聴可能
  • 1登録で4アカウント作成可能 ※4人同時視聴もできる
  • 無料期間後は月額1,990円(税別)  ※毎月1,200ポイントがもらえます
  • 解約がとても簡単こちらを参照)

圧倒的な見放題作品数!

U-NEXTでは、追加料金なしで見ることができる見放題作品数は18万本以上あり、他社と比べるとその数は群を抜いてます。

 

※もっとも作品数の多いサービスを「100」とした値。2020年3月度集計。

 

映画『涙そうそう』を見終わった後でも、たくさんの映画やアニメ、ドラマなども、思う存分楽しむことができます!

 

家族みんなで楽しさをシェア!

U-NEXTの「ファミリーアカウントサービス」では、たった1人が登録するだけで、追加料金なしで最大4つのアカウントを作ることができるので、家族みんなで楽しむことができます。

 

 

1つのアカウントを使い回すわけではないので、お父さんは映画、お母さんはドラマ、お兄ちゃんは漫画、お姉ちゃんはアニメ、といったように、自分の好きな作品だけをお気に入り登録して楽しむことができます。

 

最新作などの有料作品は、いずれか1つのアカウントが購入すれば、すべてのアカウントで視聴できるようになるので、動画だけでなく、漫画などの電子書籍も簡単に回し読みできます。

 

購入制限やR指定作品の視聴制限、セキュリティ設定もできるので、お子様にも安心です。

 

便利なダウンロード機能!

U-NEXTは、ブラウザ版だけでなく、アプリ版も用意されています。

 

アプリを使えば、お気に入りの動画をスマホにダウンロードできます。
(※ダウンロードできない作品もあります。)

 

 

Wi-Fi接続時にダウンロードしておけば、通勤や通学時間、外出先など、ネットにつながなくても動画を楽しむことができるので、待ち時間やスキマ時間が楽しくなります!

 

▼今すぐ31日間無料お試し▼

 

映画『涙そうそう』関連作品もU-NEXTにおまかせ!

圧倒的な作品数を誇るU-NEXTなら、映画『涙そうそう』関連作品も盛りだくさん!

 

31日間の無料期間を映画『涙そうそう』だけ見て終わらすには、勿体なさ過ぎます。

 

U-NEXTでは、映画『涙そうそう』の監督・土井裕泰のその他の監督作品も配信されています。

  • ビリギャル
  • 麒麟の翼 ~劇場版・新参者~

 

また、映画『涙そうそう』に出演している妻夫木聡のその他の出演作品も配信されています。

  • 愚行録
  • 感染列島
  • ジョゼと虎と魚たち
  • 奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール
  • イノセント・デイズ
  • ジャッジ!

 

同じく映画『涙そうそう』に出演している長澤まさみのその他の出演作品も配信されています。

  • キングダム
  • 君の名は。
  • 都市伝説の女
  • 散歩する侵略者
  • タッチ
  • 海街diary
  • グッドモーニングショー

 

ぜひこの機会に、気になっていた作品やもう一度見たかった作品など、映画『涙そうそう』以外もU-NEXTで楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

▼登録も解約もカンタン▼

 

pandoraやopenloadでの動画視聴は安全に見れない?


動画を無料で視聴する場合、無料動画共有サイト、いわゆる違法アップロードサイトを利用しようと考える人もいるのではないでしょうか。

 

違法アップロードサイトには次のようなサイトがあります。

・Dailymotion

・pandora

・9tsu

・B9

・kissanime

・GoGoAnime

・Anime Planet

・openload

・9anime

・MioMio

・アニポ

・アニチューブ

・ひまわり動画

etc.

 

これらの違法アップロードサイトは、著作権の侵害を犯し、違法に動画をネット上に掲載しています。

 

無料で動画が観られることから、ついつい利用してしまう人が後を絶ちません。

 

しかし、何のリスクもなく無料で観られるなんて、そんな虫のいい話があるはずもなく…

 

これらのサイトを閲覧すると、ウイルス感染や個人情報漏えいなどの危険性が潜んでいます。

 

 

こういった危険性を回避するためにも、違法アップロードサイトはやめておいたほうが無難ではないでしょうか。

 

安心安全に動画を楽しみたい方は、公式の動画配信サービスの利用をおすすめします!

 

映画『涙そうそう』の作品紹介

映画『涙そうそう』は2006年に公開された、名曲『涙そうそう』を元とした妻夫木聡、長澤まさみ主演の実写映画です。

 

名曲「涙そうそう」をモチーフに大きな人間の愛を描く、恋より切ない愛の物語

見どころ

主演の素朴な兄役に妻夫木聡、けなげな妹役には長澤まさみ。沖縄の雄大な自然を背景に、かけがえのない愛を、監督の土井裕泰が繊細なタッチで真摯に描き出している。

ストーリー

2001年、沖縄。いつか飲食店を開くという夢を持つ働き者の洋太郎のもとに、高校に入学する妹・カオルが訪れ、同居を始める。洋太郎が8歳の時、今は亡き母の再婚で妹となったカオル。どんなことがあっても守ろうと決意した洋太郎だが、多額の詐欺に遭い…。

キャスト

出演

(洋太郎) 妻夫木聡
(カオル) 長澤まさみ
(恵子) 麻生久美子
塚本高史
中村達也
平良とみ
森下愛子
大森南朋
船越英一郎
橋爪功

スタッフ

監督:土井裕泰
音楽:千住明
脚本:吉田紀子
製作:八木康夫

(引用:U-NEXTサイト)

 

映画『涙そうそう』の感想

血のつながらない兄と妹というと、かつて流行ったアニメの「みゆき」みたいに、紆余曲折の末、ふたりはハッピーエンドかと思いきや、ラストの衝撃的な展開に、人というのは結構あっけなくいなくなってしまうという哀しみを、改めてかみしめる映画です。妹を演じる長澤まさみさんが、「にぃにぃ」と兄を呼ぶ姿は、とても可愛らしくて、だからこそ最後は胸が締め付けられるように痛いし、とにかく泣けてきますが、なぜかそれと同時に「これもひとつの愛情の形なんだな」と妙に納得してしまう部分もあります。北国に住む者には実感はありませんが、南国の人たちにとって台風っていうのは本当に恐いものなのですね。それもまた学びました。兄の役を演じた妻夫木聡さんですが、自然でありながらもどこか不自然さを感じさせる演技は、妹との微妙な距離感を体現しているようで素晴らしかったです。人恋しくて泣きたい夜にぜひ見て欲しい映画です。

50代男性・会社員

 

血の繋がりがない兄弟が両親を亡くして、2人一緒に力を合わせて育っていくのですが、お互いの複雑な気持ちをとてもうまく表現できてると思います。兄は自分の夢や妹のために身をこにして働く姿が、心を打たれます。私は、その姿を見ながら、その行動は「愛」ゆえなのか、そしてそれは妹だからなのか、疑問に思いました。お互いが成長するにつれて、関わりが薄くなっていきますが、連絡をとっていなくても、最後の最後まで妹を思う姿に、涙が止まりませんでした。家族だからこそ、ここまで自分の身を削って誰かのために尽くせるんだと思いました。兄弟の絆=血の繋がり=家族なのか、本当の家族とはなにか、それを考えさせられる映画になります。また、2人の役者が慣れない沖縄弁を話す姿が初々しく思えました。

20代男性・医療

 

妻夫木さん目当てでこの作品を見始めたのですが、この映画から長澤まさみさんの評価が変わりました。正直言って、長澤さんのあの甘ったるい喋り方にあまり良い印象を持っていなかったのですが、ことある場面の度に「にぃに!」と呼ぶがとても可愛いと思いました。にぃに呼びは可愛いという意味で反則だと思います。二人が本当の兄妹ではないとわかっているので、ここからどうやってラブストーリーが始まるかとドキドキとしていたのですが、ハッピーエンドを想像していたので完全に予想を裏切られ、不意打ちのラスト展開に号泣しました。感動モノだと前情報があったものの、予想外の結末でした。そして、少しぐらいキスシーンの一つでもあるのではないかと思っていましたが、キスもひとつもなく、本当に純粋な家族愛で自分の汚さが浄化された気分でした。本物の愛を感じるストーリーに涙が止まりませんでした。

30代女性・デザイナー

 

かの有名な『涙そうそう』の歌をモチーフに制作された作品ということで、上映当時に私は飛びついて映画館へ行った思い出があります。このお話は、血の繋がらない兄妹を主軸にお話が進んでいきます。家庭環境がちょっと複雑というか、非情で、父親が失踪して母親が病気で他界という悲しみを乗り越えます。高校を卒業した兄は、沖縄本島へ働きに出て兄妹は一時的に離れ離れになるのですが、妹が高校入学を機に本島までやってきます。真面目な兄に、無邪気な妹といった感じで2人とも沖縄の人々の人柄の良さが滲み出ていて、素敵でした。しかしそんな幸せは長くは続かず、詐欺師に騙されたり、恋人とは別れてしまうという、苦境が兄を襲います。そして最後は涙の結末へと向かいます。穏やかで優しい沖縄の風土と共に育った兄妹の絆が痛いほど伝わってくるお話です。結末は悲しいけれど、どこか見る側の心を慰めて包み込むような映画でした。

30代女性・自営業

 

血の繋がらない兄妹の関係を描いた物語ですが、禁断の愛といった雰囲気はありませんね。全編に渡って作品を包み込んでいるのは、2人の義理の兄妹の互いを思いやる爽やかな関係性です。ストーリー自体はかなりシンプルで、親を亡くした兄妹が、貧しさと戦いながら、互いに支え合って懸命に生きてゆく物語です。脚本はシンプルでも、主演を務めた妻夫木聡さんと長澤まさみさんの爽やかな演技が、作品を輝かせていると思いました。ただし、救いのない展開が多く、特に妻夫木聡さんが演じた新垣洋太郎は苦労に苦労を重ねて自分の店を持つという夢を実現したのに、それがあっという間に崩壊し、救いのない最期を迎えます。悲しい物語ですが、映し出される沖縄の美しい景色と厳しい現実の対比を土台としたからこそ、最後のシーンにおける感動が大きくなっているのだと思います。

30代男性・会社員

 

妻夫木聡さん演じるにいには、働きもので妹に優しい理想のお兄さんです。さらにカッコいいので長澤まさみさん演じるかおる目線で映画を楽しむことができます。最初の出会いの時に負い目を感じたことにより、妹をより守ろうという気持ちが幼い頃に刷り込まれてしまったように感じます。それにしても母親役の小泉今日子さんと長澤まさみさんは義理の母娘なのに顔や雰囲気が似ています。どうせならこちらに血のつながりを持たせたら良かったと思いましたが、母にどこか似ているかおると言うのは、かおるのお父さんの女性の好みという点やそれゆえに兄がかおるを大切に思うなどの裏設定があるのかと思いました。ラストは急展開でとても衝撃的でした。兄妹のあったかさと沖縄の風景と美少女時代の長澤まさみさんが無邪気に甘える姿とそこはかとなくセクシーな感じがこの映画の見どころです。あだち充作の「みゆき」をどこか思わせる作品です。

40代女性・主婦

 

ひたむきに働きながら妹を必死で支える兄の妻夫木聡さんがきちんと兄として妹を思う気持ちが最後まで真っ直ぐでかっこいいです。そんな兄に妹の長澤まさみさんは恋心にも近い感情を密かに抱いているけれど、そこにはあえて大きくは触れずに家族の物語になっているところが温かいさを感じる作品です。長澤まさみさんに「にーにー」と呼ばれてみたい、妻夫木聡さんのようなかっこいい兄が欲しいとキュンとしてしまいますが、そんなことを思っている間にすっかりストーリーに惹き込まれ、ラストには大きな感動が待っています。こどもの頃の2人の会話が2人の関係性をよく表していて微笑ましいです。この映画を見た後に楽曲を聴くとより一層感動してしまいます。最近はショートヘアが多い長澤まさみさんですがロングヘアーも素敵でした。

30代女性・アルバイト

 

名曲『涙そうそう』の世界観をモチーフにした実写映画で涙そうそうの世界観が見事に表現されています。風情あふれる沖縄の風景や独特の街なかの雰囲気が印象的。沖縄には子供のころに一度行ったことがありますが飲み屋街に行った記憶はないため沖縄の居酒屋に行ってみたくなりました。あの雰囲気いいですね。出演者に関しては妻夫木聡、長澤まさみが一級の役者としての地位を不動にした頃の作品で演者としてのキャリア的には十分であり安定感をみせつつもどこか初々しさも見受けられます。妻夫木さんの全盛期はすでに過ぎ去り、長澤まさみは今が全盛期という感じですがルックスは両者ともこの頃が全盛期だと思います。演技に関しては血のつながっていない兄妹独特の距離感を主演の二人は見事に表現できています。ストーリーに関しては王道の感動ストーリーで心洗われるものとなっています。大作ではないものの、その分気軽に見られ心にすっと入ってくる清涼飲料水のような爽やかなのどごしの映画です。

30代男性・個人事業主

 

夏川りみが歌う「涙そうそう」がモチーフになった映画です。兄を演じる妻夫木聡は演技がうまいですね。表情が豊かで表情だけで感情が伝わってきます。妹を演じる長澤まさみさんはさまざま映画に出ていますが、いつもキャラクターが似てるような気がします。明るく自由奔放だけど、周りに気を使って生きているみたいな感じです。自然体で演じられているので、彼女の素に近いのかもしれません。兄と妹の兄弟愛が描かれていて、血が繋がっていない兄弟なので兄弟以上の感情が交差し、どういう展開を見せるのかという前半から、後半は一気に畳み掛ける展開で、もう少しゆっくり見たかった感じでした。もっと幸せになって欲しい二人に試練ばかりが襲い、最後は悲しい結末になってしまいますが、ニイニイは天国からずっと見守ってくれていることが伝わってくる良い作品だと思います。

40代男性・会社員

 

この映画はとにかく俳優女優陣が豪華という一言につきると思いました。妻夫木君はいつもかっこいい役柄が似合っているのですが、どこか笑いがあって、魅力的なキャラクター性が出ているこの作品は本当に好きです。まさみちゃんはどんな演技もこなせる、器用で、エネルギッシュな女優さんというイメージです。この映画でも彼女らしい、迫力のあるセリフが終始飛び交っているように思いました。彼女の演技はセリフだけでなく、動作、表情、一つ一つに魅力があって引き込まれます。妻夫木君ももちろん、魅力的ですばらしいのですが、今回の映画ではまさみちゃんに終始、気が付くと目が言っていて、気になっていました。彼女が涙を流しながら、表情が崩れるとき、私も貰い泣きをしてしまうぐらい、引き込まれました。

20代女性・自由業

 

▼『涙そうそう』を無料視聴▼

U-NEXTは31日間無料です。無料期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。解約はボタン一つで簡単にできます。

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました