アルマ26話ネタバレ考察感想あらすじ!第五層へと辿り着くレイ!

アルマ

2020年6月4日発売の週刊ヤングジャンプ2020年27号で、『アルマ』26話が掲載されました。

 

アルマ26話は、レイはルキアナ達と共に第五層を目指していましたが、謎の機械生物に襲われます。

 

ルキアナ達は自分達を囮にして、レイを先に行かせる事に成功しました。

 

その頃、ギジンの女性は無線機で、全ての人々がオリジナルの人類が作ったコピーであると、レイからの伝言でリチェと言うギジンを探してほしい、と頼んでいたのです。

 

そして先を進むレイはラムダの助けも借りながら、本当に特別なのは自分ではなくリチェだ、という事に気づき始めていました。

 

遂に最深部に辿り着いたレイは、無事にリチェと会話できるのでしょうか。

 

本記事では、アルマ26話『アルマ』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 25話 一覧 27話 >>

 

スポンサーリンク

アルマ26話のあらすじネタバレ

第五層へと向かうレイにルキアナは、ギジンを止める方法がないのに言ってどうするんだ、と問い詰めるもレイは何も答えませんでした。

 

そんな中、レイ達を何者かが追跡していました。

 

追跡していたのはギジンではなく、四足歩行のロボットでした。

 

ロボットは先を進むレイ達を妨害する構えを取っていましたが、ルキアナはロボットの頭上を飛び越えて片足を掴むと至近距離から拳銃による銃撃を浴びせて倒し、他の面々も現れてくるロボット達を倒していきます。

 

ルキアナはレイに、ここは自分達に任せて走れ、と言うとレイはルキアナ達の覚悟を無駄にしてはいけないと思ったのか先へと進みます。

 

向かってくる大量のロボット達に対してルキアナは笑みながら、舐めるなよ、こっちは失うものは何もない、と言ったのです。

 

その頃、外へと出られたギジンの女性は無線機を拾って、自分達はオリジナルの人類によって生まれたコピーにして偽物であると、レイからの伝言としてリチェと言うギジンを連れてきてほしい、と訴えます。

 

彼女の声が戦場に響き渡っているのか、ギジンも軍隊も黙って彼女の話を聞いているみたいです。

 

ここからはアドリブだ、と言ってギジンの女性は無線機を通じて、自分達は所詮偽物であっていてもいなくてもどうでもいい存在であり必死になればなる程に笑われるかもしれないけど、自分達なりの答えを出したい、自分達にしか出来ない行動を起こしたいと言う気持ちはプログラムじゃないと言います。

 

その頃、ルキアナ達にロボットの相手を任せたレイは先を進んでいると神社の鳥居がある場所へと辿り着きます。

 

この光景を見ていたレイは、何故リチェが自分を育ててくれていたのか、を考えます。

 

そしてレイの前に別のロボットが現れ、レイのためだ、ここから先には行かせない、と言いましたがレイは構うことなく飛び越えたのです。

 

飛び越えながら、自分が特別ではなくてリチェこそが特別な存在なのだ、と言う結論に辿り着いたレイ。

 

ロボットは追跡に入ろうとしたが、ラムダが目を光らせることで動きを封じました。

 

レイは、リチェこそが制御を外したただ一つのギジンだ、と思っていましたが同時に、他のギジンの制御を外さずに自分だけを連れてアルマから出たのか、と言う疑問が生まれていました。

 

そんな中、レイの頭の上に乗っていたラムダが頭から降り始めたのでレイは驚きを隠せませんでした。

 

驚くレイを尻目にラムダは、自分はこの先へは行くことが出来ないから絶対に戻って来い、と言ったのです。

 

ルキアナに続いてラムダを置いて、先へと進むレイ。

 

そして目的地である最深部へと辿り着いたレイの目の前には、巨大な扉がありました。

 

その扉が指紋認証すれば開く扉なのに気づいたのか、レイは自分の手をかざすと中にいるかもしれないリチェに対して、ただいま、と言います。

 

同時に扉が開くと、レイの言葉が聞こえたのか中にいるかもしれないリチェが機械音で、お帰りなさい、と返事をしたのでした。

 

スポンサーリンク

アルマ26話の感想と考察

アルマにはギジンがありましたが、他にもロボットがいるとは驚きでしたね。

 

恐らくあのロボット達は真山が作ったものであり、真山がやられたり、彼の警告を無視した者達を排除する役目を担っているのだと思います。

 

それ故に起動してルキアナ達に襲い掛かったのでしょう。

 

ただ人間であるレイに対しては、警告だけに留めているのではないでしょうか。

 

そうでなければ、レイのためだとか言わないはずですからね。

 

そして最深部に辿り着き、リチェと会うかもしれない展開にまでこぎ着けたレイは一体彼女に何て声をかけるのか、気になりますね。

 

次回はレイが最深部にいるであろうリチェに疑問をぶつけるのではないかと思います。

 

レイは無事に最深部へと辿り着き、扉を開ける際にただいまと言いましたが、その際に機械音ではありますがお帰りなさいと言ったので、恐らくレイの言葉にリチェが反応したという事かもしれませんので彼女は中にいるのでしょう。

 

リチェと再会したレイは再会を喜ぶと共に、自分が抱いている疑問をぶつけるのではないかと思います。

 

<< 25話 一覧 27話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました