スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊221話ネタバレ考察感想あらすじ!夢は他にも見ている奴がいた!

漫画ネタバレ

2020年6月4日発売の週刊少年マガジン2020年27号で、『炎炎ノ消防隊』221話が掲載されました。

 

『炎炎ノ消防隊』221話では、紅丸の夢の続きから始まります。

 

火鉢との修行は果たしてどうなるか?

 

そして、紅丸だけでは無く他にも夢を見ている人がいましたが果たしてそれは誰か?

 

その人物は“アドラ”の世界を夢で見ていますが、そこにはある人物とある人物そっくりな存在の姿がありました。

 

果たしてそれは何か?

 

本記事では、炎炎ノ消防隊221話『浅草の流儀』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 220話 一覧 222話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

炎炎ノ消防隊221話のあらすじネタバレ

「大馬鹿野郎‼︎」

 

修行中に倒れた紅丸に対して火消しとしての意識が低いと思った火鉢はこのように言って紅丸を一喝します。

 

「ぜってェ認めさせてやらぁ‼︎」

 

それに対してすぐに起き上がった紅丸はムキになって火鉢に接近しますが、火鉢の蹴りの猛攻を防ぐので精一杯で、最終的には思いっきり蹴り飛ばされてしまいました。

 

すぐに起き上がった紅丸は“日輪”を放つ放つ構えをとりますが、火鉢も同じく“日輪”を放つ構えをしていました。

 

「いつまで月にの陰に隠れているつもりだ紅丸‼︎」

 

結局、“日輪”の光や火鉢の姿に圧倒された紅丸は、なす術なくやられてしまいました。

 

火鉢にやられた紅丸の姿を見ていた幼いヒカとヒナを抱えた男性が心配していました。

 

そして、痛みで動けない紅丸を紺炉は一喝してすぐに彼を部屋まで運ぶために抱えました。

 

その時に紅丸は負けた悔しさを紺炉ぶつけますが、紺炉はただ彼の話を聞くだけでした。

 

「自分で歩け」

 

「もう軽くねェんだ」

 

縁側で寝ていた紅丸を紺炉は運びながら起こそうとしていました。

 

そして、目を覚ました紅丸は夢で見たことを紺炉に語り始めます。

 

「もっと突っ張ってかねェとな」

 

「結局先代に認めさせることはできなかった…」

 

天を見上げてこのように紅丸は言いますが、彼の話を紺炉は無言で聞いていました。

 

そして紅丸は紺炉に「酒を飲もう」と誘いますが、紺炉に目は覚ましたものの酔いは覚めていなかったからなのか、紅丸がニヤニヤ笑っていることを紺炉は指摘しました。

 

そのころ、白装束の集団は神殿のような部屋で祈りを捧げていましたが、その中心にはハウメアがいました。

 

この時、彼女は天井を見上げなら涙・鼻水・よだれを流していました。

 

それと同時に何かを感じ取っていました。

 

この時感じ取っていたのは死や滅亡、終わりと言ったイメージ。

 

さらには“アドラ“についても感じ取っていました。

 

そして、夢を見ていたのは紅丸だけではなくジョーカーも同様に夢を見ていました

 

この時、彼は自身の秘密基地のソファーですやすや寝ていました。

 

そんな彼が見ていたのはアドラの世界。

 

そこには無数の得体の知れない存在が顔を見せていましたが、その中から誰かの手が出てきました。

 

そして、それは得体の知れない存在の頭を支えにして浮かび上がってきました。

 

浮かび上がってきたのは火鉢で、彼のおでこの刺青のあたりからは鹿のツノのような形の炎が吹き出していました。

 

火鉢が決めポーズをしていると背後から柱が突然出現しましたが、そのてっぺんには何かがいました。

 

そこにはバーンズと同じく右目から炎が吹き出しており、鬼のような姿をした者がいました。

 

「またこの夢…」

 

「バーンズ…」

 

アドラの世界の光景を前に、ジョーカーは心の中でこのように思っていました。

 

炎炎ノ消防隊を最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『炎炎ノ消防隊』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊221話の感想と考察

火鉢が紅丸に行った「月に隠れてる」と言うシーンを見て思い出したのは、浅草に伝道者の一派が侵入した時のこと。

 

この時、リーダーとしてまだ自覚の低い紅丸は紺炉こそ大隊長にふさわしいと言う気持ちが今より強かったです。

 

前回は「月の方が好き」と言っていたのもそうですが、火鉢は紅丸を次の棟梁にしようとしていたのだと思いますが、この当時から紺炉がふさわしいと思っていたに違い無いと思います。

 

それで火鉢は「月に隠れてる」と言う表現を使って、強く自覚を持って欲しいことを伝えたかったのかも知れません。

 

そして、ジョーカーも夢を見ていましたがそこはアドラの世界。

 

そこには5本の柱らしきものが見られますので、現実世界とリンクした様子になっているようです。

 

そして、突然出現した柱。

 

これに連動して、ジョーカーの夢の話が終わった直後には、現実世界でも6本目の柱が出現すると言うことになるに違いないと思います。

 

そして、アドラの世界で出現した火鉢とバーンズに似た鬼。

 

火鉢の登場は夢の中だけと思っていましたが、この先も関わるようですがどのように関わるのか気になります。

 

もしかすると、今回現れたのは柱の守護者として今後登場すると言うことにつながるのかも知れません。

 

<< 220話 一覧 222話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました