スポンサーリンク

推しの子6話ネタバレ考察感想あらすじ!天才子役よりも完璧な演技をするアクア

漫画ネタバレ

2020年6月4日発売の週刊ヤングジャンプ2020年27号で、『推しの子』6話が掲載されました。

 

アイを映画出演させる条件として、アクアも出演するように言ってきた監督。

 

ついにアクアがデビューすることに・・・。

 

本記事では、『推しの子』6話『子役達』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 5話 一覧 7話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

推しの子6話のあらすじネタバレ

映画撮影の現場に来たアクア。

 

監督は、自分は超大物監督か、低予算の小規模映画の監督かどっちだと思うと尋ねます。

 

大物監督と言うアクアに、ハズレと言う監督。

 

監督は、今回の映画出演はアイはアクアのバーターだと言います。

 

現場に同行したミヤコはやたら監督がアクアのことを気に入ってるみたいだけれど、なぜなのかとアクアに尋ねると、じじいはくだけた態度をとられるとなぜか喜ぶ傾向があるからと答えます。

 

これは前世のゴローの時に医者として働いていた頃、年配の患者を看ていた知識が役に立っているとアクアは思います。

 

そしてアクアに同行していたルビーはアイのところに帰りたいと泣いてわめきます。

 

そこへプロの現場だから遊びに来ているなら帰りなさいと小さな女の子が叫びます。

 

その子は10秒で泣ける天才子役の有馬かなでした。

 

ぴたっと泣き止んだルビーは、かなのことは作り物みたいで好きじゃないとアクアにぼそっと話します。

 

かなはアクアに、本読みの段階でアクアもアイもいなかったのに、急に出番ができていて監督のコネの子だと言います。

 

さらにかなはこの間アイが出ていたドラマを見たけれど全然出ていなかったからどうせ演技が下手で媚を売るのだけは上手なんだろうと言います。

 

それを聞いたアクアとルビーは怒りを通り越えて「相手はガキだ、殺しはしない」と笑みを浮かべます。

 

いよいよ撮影がスタート。

 

アクアとかなは、主人公が山奥にある怪しい病院で整形手術を受ける、その村の入り口にいる気味の悪い子どもたちという役でした。

 

かなの演技はさすが天才子役というくらいあって素人でも分かるくらい上手なものでした。

 

アクアは考えました。

 

同じことをしても実力差で負けてしまう、監督が求めているものは一体何なのか、あえて監督が加筆したセリフ・・・つまり監督はお前は演じなくても十分気持ち悪いということだと悟ります。

 

いつもどおりに話したアクアは、カットの声がかかると、ほっとします。

 

主人公の女優に、すごいね、ぞくっときたと言われると、そうですか、良かったと答えるアクア。

 

しかし、かなが撮りなおしてほしいと監督に懇願します。

 

かなは泣きながら、あの子よりダメだったからもっかい撮影し直してほしいと言います。

 

監督はアクアに、役者に必要な物はなんだと思うと尋ねるとアクアは、センスや努力かと答えます。

 

それを聞いて監督は、「コミュ力」だと言います。

 

そして監督はお前の演技は俺の想像にピッタリだったと話します。

 

アクアは、かなの方が上手かったと言うと、監督は自分はこうしろとはアクアに一言も言ってないのに想像通りに演技した、これも監督の意図を読み取ったコミュ力のひとつだと言います。

 

監督はアクアの頭に手を置きながら、お前はすごい演技よりぴったりな演技ができる役者になれと言います。

 

それを聞いたアクアは役者にならないしと思います。

 

撮影の帰り、かなはアクアの名前は覚えたと言い、この出会いが長い年月を経て大きな意味を持つことになります。

 

それから2年後、アイが20歳の時大きく飛躍する・・・。

 

スポンサーリンク

推しの子6話の感想と考察

アクアが気持ち悪い子どもの役っていうのがまさに演じなくてもぴったりなところが面白かったです。

 

小さい子がぺらぺらと大人と同じように話す姿はどう考えても気持ち悪いですよね。

 

そこを監督は、アクアは適任だと思ったところがさすが見る目があるなぁと思いました。

 

アクアが監督の理想通りの演技をしたので、ものすごく嬉しかったでしょうし、さらに期待度も高まったのではないでしょうか。

 

きっとこれから長い付き合いになるのでしょうね。

 

ということは、アクアは今世では役者の道を進むのでしょうか。

 

中身はゴローのままなので、ある意味天才子役としてずっと需要はありそうですよね。

 

今回有馬かなという子役が出てきましたが、この子とはまた縁があるようなので、お互い大きくなってどのように共演するのか今から楽しみです。

 

今回めずらしく次回の伏線があって、次はアイが20歳、アクアとルビーは3~4歳の頃の話でしょうか。

 

アイがさらに飛躍する年とあるので、何か作品がヒットするのかもしれませんね。

 

次回も楽しみです。

 

<< 5話 一覧 7話 >>

 

\ 漫画読むなら U-NEXT がおすすめ!/

  • 31日間の無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえる
  • すべての作品が、購入金額の最大40%ポイント還元される
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる
  • 見放題作品数No.1!無料トライアル中でも180,000本以上の動画が見放題
  • 解約がとっても簡単

\ スキマ時間がもっと楽しくなる!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画ネタバレ 推しの子
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました