海街diary(映画)無料で動画配信フル視聴する方法!B9やopenloadは安全に見れない?

映画無料視聴

映画『海街diary』のフル動画を安全に無料視聴する方法

映画『海街diary』は、動画配信サービスU-NEXTなら安全に動画をフルで無料視聴することができます。

 

U-NEXTは、31日間の無料お試し期間が設けられている上、登録時に600円分のポイントがもらえます。

 

映画『海街diary』は見放題で無料配信されているので、追加料金なしで無料で視聴することが可能です!

 

さらに、登録時にもらえる600円分のポイントを使えば、最新作の映画やアニメなどの有料作品を見ることもできます。

 

もちろん無料お試し期間中に解約すれば費用は一切かかりません。

 

登録や解約も2~3分程度でできるので、とっても簡単でオススメの方法です。

 

▼『海街diary』を無料視聴▼

無料期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。解約はボタン一つで簡単にできます。

 

※本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイト にてご確認ください。

映画『海街diary』を視聴するならU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTは、2007年にサービスを開始した日本の動画配信サービスのパイオニアであり、純国産サービスとしてはシェアNo.1!

 

老舗だからこその安心感と、あらゆるジャンルを網羅した豊富なコンテンツにより、安心安全にいつでも最高の時間を楽しむことができます。

  • 31日間の無料キャンペーン有り
  • 登録するだけで600ポイントがもらえる
  • 180,000本の動画が見放題
  • 80誌以上の雑誌も読み放題
  • 電子書籍数は57万冊以上
  • 動画をスマホにダウンロードして、オフラインで視聴可能
  • 1登録で4アカウント作成可能 ※4人同時視聴もできる
  • 無料期間後は月額1,990円(税別)  ※毎月1,200ポイントがもらえます
  • 解約がとても簡単こちらを参照)

圧倒的な見放題作品数!

U-NEXTでは、追加料金なしで見ることができる見放題作品数は18万本以上あり、他社と比べるとその数は群を抜いてます。

 

※もっとも作品数の多いサービスを「100」とした値。2020年3月度集計。

 

映画『海街diary』を見終わった後でも、たくさんの映画やアニメ、ドラマなども、思う存分楽しむことができます!

 

家族みんなで楽しさをシェア!

U-NEXTの「ファミリーアカウントサービス」では、たった1人が登録するだけで、追加料金なしで最大4つのアカウントを作ることができるので、家族みんなで楽しむことができます。

 

 

1つのアカウントを使い回すわけではないので、お父さんは映画、お母さんはドラマ、お兄ちゃんは漫画、お姉ちゃんはアニメ、といったように、自分の好きな作品だけをお気に入り登録して楽しむことができます。

 

最新作などの有料作品は、いずれか1つのアカウントが購入すれば、すべてのアカウントで視聴できるようになるので、動画だけでなく、漫画などの電子書籍も簡単に回し読みできます。

 

購入制限やR指定作品の視聴制限、セキュリティ設定もできるので、お子様にも安心です。

 

便利なダウンロード機能!

U-NEXTは、ブラウザ版だけでなく、アプリ版も用意されています。

 

アプリを使えば、お気に入りの動画をスマホにダウンロードできます。
(※ダウンロードできない作品もあります。)

 

 

Wi-Fi接続時にダウンロードしておけば、通勤や通学時間、外出先など、ネットにつながなくても動画を楽しむことができるので、待ち時間やスキマ時間が楽しくなります!

 

▼今すぐ31日間無料お試し▼

 

映画『海街diary』関連作品もU-NEXTにおまかせ!

圧倒的な作品数を誇るU-NEXTなら、映画『海街diary』関連作品も盛りだくさん!

 

31日間の無料期間を映画『海街diary』だけ見て終わらすには、勿体なさ過ぎます。

 

U-NEXTでは、映画『海街diary』の監督是枝裕和のその他の監督作品も配信されています。

  • そして父になる
  • 三度目の殺人
  • 海よりもまだ深く
  • ゴーイングマイホーム
  • 奇跡
  • 真実

 

さらに映画『海街diary』に出演している綾瀬はるかのその他の出演作品も配信されています。

  • 今夜、ロマンス劇場で
  • 本能寺ホテル
  • ハッピーフライト
  • 万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-
  • 義母と娘のブルース
  • 僕の彼女はサイボーグ

 

同じく映画『海街diary』に出演している長澤まさみのその他の出演作品も配信されています。

 

また、映画『海街diary』関連の漫画や小説などの書籍も配信されています。

 

ぜひこの機会に、気になっていた作品やもう一度見たかった作品など、映画『海街diary』以外もU-NEXTで楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

▼登録も解約もカンタン▼

 

B9やopenloadでの動画視聴は安全に見れない?


動画を無料で視聴する場合、無料動画共有サイト、いわゆる違法アップロードサイトを利用しようと考える人もいるのではないでしょうか。

 

違法アップロードサイトには次のようなサイトがあります。

・Dailymotion

・pandora

・9tsu

・B9

・kissanime

・GoGoAnime

・Anime Planet

・openload

・9anime

・MioMio

・アニポ

・アニチューブ

・ひまわり動画

etc.

 

これらの違法アップロードサイトは、著作権の侵害を犯し、違法に動画をネット上に掲載しています。

 

無料で動画が観られることから、ついつい利用してしまう人が後を絶ちません。

 

しかし、何のリスクもなく無料で観られるなんて、そんな虫のいい話があるはずもなく…

 

これらのサイトを閲覧すると、ウイルス感染や個人情報漏えいなどの危険性が潜んでいます。

 

 

こういった危険性を回避するためにも、違法アップロードサイトはやめておいたほうが無難ではないでしょうか。

 

安心安全に動画を楽しみたい方は、公式の動画配信サービスの利用をおすすめします!

 

映画『海街diary』の作品紹介

映画『海街diary』は2015年に公開された、吉田秋生の同名漫画を原作とした綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず主演の実写映画です。

 

綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずが、鎌倉の一軒家で暮らす美人姉妹を好演!

見どころ

「そして父になる」の是枝裕和監督が、吉田秋生の人気コミックを実写映画化。鎌倉の祖母の家で暮らしていた三姉妹と腹違いの妹が生活を共にすることで育んでいく絆を描く。

ストーリー

鎌倉で暮らす幸、佳乃、千佳の三姉妹は、生き別れた父親の葬儀で、異母妹のすずと出会う。幸は身寄りのなくなったすずを家に引き取ることを提案し、鎌倉の家での共同生活が始まる。しかし、幸たちの母親が現れたことから、四姉妹の生活に波風が立っていく。

キャスト

出演

(香田幸) 綾瀬はるか
(香田佳乃) 長澤まさみ
(香田千佳) 夏帆
(浅野すず) 広瀬すず
(坂下美海) 加瀬亮
(井上泰之) 鈴木亮平
(浜田三蔵) 池田貴史
(藤井朋章) 坂口健太郎
(尾崎風太) 前田旺志郎
(高野日出子) キムラ緑子

スタッフ

監督:是枝裕和
原作:吉田秋生
音楽:菅野よう子
脚本:是枝裕和
製作:石原隆、都築伸一郎、市川南、依田巽

(引用:U-NEXTサイト)

 

映画『海街diary』の感想

ずっと見てられるそんな印象をうける映画です。腹違いの妹を鎌倉に呼ぶ決意をした優しいお姉ちゃんたちに囲まれて、鈴も嬉しそうでした。知らない人と暮らすのは気を使うのかなと思ったけど、きっとすずは前の家でそれよりも居心地の悪い思いを経験してきたのだろうと思うと涙が出ました。それでもまだまだ気を遣っている部分があって、ここは自分の家じゃないと感じているようなそんな感じもあったけど、幸姉がここにいていいんだよと言ってすずが泣いた時に、すずが解放されてやっと家族になれたんだと実感しました。お姉ちゃんたちはすずのことをのけものになんてしないし、大事にしている姿が本当にすごくよくて、季節が移りゆく描写も素敵でした。心が暖かくなって何度でも見たくなる作品だとおまいます。

20代女性・会社員

 

真面目でしっかり者の長女を綾瀬はるか、お酒と恋に生きる自由な次女を長澤まさみ、のほほんとしたゆるさがある三女を夏帆さんがそれぞれ演じられており、三者三様の姉妹をとてもよく表現されていました。こんな姉妹、実際にいそうだなぁと思わせてくれました。そして、腹違いの四女を演じた広瀬すずさんは、自分がいま生きているのは誰かの不幸の上に成り立っていると思い、難しく生きている表情がとても上手でした。キャストのみんなが美しく、綺麗な絵をずっと見ていられました。物語は複雑な人間関係な中でそれぞれ悩み、苦しみながらも生きていく、そんな日常の一部がきりとられたようなそんな映画でした。作中での鎌倉の情景も素敵で、人の暖かさを感じ、心に染みる素敵な作品でした。ゆっくりとした中一人でじっくり見るのがおすすめです。

30代女性・主婦

 

映画の中に流れている空気感が爽やかで色合いの美しい映画でした。3姉妹と異母妹の少女、4人の何気ない日常が淡々と描かれて行きますが、根底にはそれぞれの親への思いや姉妹のお互いへの思いがあり、考えさせられるストーリーでした。3姉妹が向ける妹への優しさは心が温まり、こんな風に誰にでも接することが出来るようでありたいと思わされました。血縁や細かいことを気にしすぎずに相手を素直に見つめる性格は、3姉妹に共通するものでした。その姿を見て、穏やかさや幸せは自分の心が決めるものだと感じました。夏にぴったりの映画なので、また季節に合わせて見返そうと思います。穏やかで邦画らしい映画なので、大人の人におすすめです。少しの悩みやわだかまりがあっても、気持ち次第で笑顔に暮らせることを姉妹から教えられます。

20代女性・学生

 

原作のファンなので実写化は非常に不安でしたが、うまく映像化していただけたと思っています。漫画を読みながら想像していた鎌倉の風景や幸田家の家の中の様子など、映像として見ることができて、より楽しむことができました。長澤まさみさんや夏帆さんの外見や演技が原作のキャラに近かったので安心して観ていました。本当かどうかはわかりませんが、広瀬すずさんの演技はほとんどがアドリブだったと映画を観た後に聞いたときは大変驚きましたが、アドリブだったからこそ「浅野すず」としての自然な演技ができたのだと感心しました。綾瀬はるかさんは原作のキャラとは少し違って線が細すぎる気はしましたが、長女としての責任感などをうまく表現されていたと思います。この映画を観た後は鎌倉に行き聖地巡礼したくなる作品です。

40代女性・公務員

 

四人の姉妹の生活を描いてるのですが、四人それぞれキャラクターが違く、当然それぞれの職場や学校で色々悩みなどを抱えながらも生活していく様が、みんな誰もが何かしら不安や不満を抱えながらも誰かに支えられながら生きているんだなと共感できて心がジーンとなるストーリーです。四人それぞれがお互いを思いやっていて、支え合っている、素敵な姉妹の話でした。一つ屋根の下に4人が住んでいて、お互いを思いながら生きていく姿はどこか懐かしくて、羨ましい気持ちにさせました。四人姉妹で生きていく姿は、家族っていいなぁと思うとともに、大人になっても姉妹で住んでいることに憧れを感じました。盛り上がる部分はないストーリーで日常を描いてる映画だけども、それが心地良くてずっとじんわりと心に染みてくる映画です。

30代女性・専業主婦

 

とりあえず、主役は誰なのか❓️綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、誰の物語が主なのか。それぞれのエピソードが、かわるかわるで甲乙つけがだい感じです。わたし的には夏帆の天然な感じが好きです。明らかに夏帆はメインストリーではありませんが。となると、主役は舞台となった鎌倉の街、海だと思います。とはいえ、観光で誰もが一度は目にしたことがある、例えば小町通りとか、鶴岡八幡宮あたりではなく、舞台は鎌倉に暮らす人達が住む、市中です。その普通の日常の中で、親との縁が薄い三姉妹と、腹違いのもう一人の妹が家族になっていくいろいろエピソードが、鎌倉の季節の移り変わり春から夏にかけて、描かれており、なんだか懐かしい感じです。ストーリーもそうですが、そこを感じて欲しい作品です。

50代女性・会社員

 

元々、原作が大好きな作品でした。出演者の長澤まさみや広瀬すずが好きなのでチェックしていた映画です。内容は原作と同じくらい好きになりました。どこか懐かしいような雰囲気のする家や街並みが好感を持てて良かったです。こんな4姉妹がいたらとても素敵だなと思う作品でもあり、男性ならではの姉妹に対する憧れ?のようなものが生まれました。男兄弟で育ってきたので姉妹で育つとこんな感じなのか、と思いました。けれども一番下の子は腹違いで実際には半分しか血が繋がっておらず、生活してきた環境も異なるもの。それでも仲良く、本当に今までずっと一緒に生活してきたような妹になれている事に感動をしました。妹や姉などの女兄弟がいる家庭に育ちたかったと思える作品でもありました。

30代男性・会社員

 

この映画はとても家族愛を感じました。姉や妹たちの会話が本当の姉妹かのようで、見ていてほんわかした気持ちになりました。それぞれ個性的だけど一緒にご飯を食べたり、花火をしたりしていたのが見ていて絵になる感じが良かったです。また風景がとても綺麗なのが良かったです。緑や海などたくさん出てきて、世界観が美しいなと思いました。日常の中にたくさん素敵なところがあると感じました。すずに対してみんなやさしいところも印象的です。すずにもいろんな想いがあるのをわかって、可愛がっていたのがほっこりした気持ちになりました。さらに佳乃がすずにペディキュアを塗ってあげていたのも、すごく良かったです。どこかリアルで懐かしくなるのがいいなと思いました。この作品を見ていると自然と、やさしい気持ちになれます。

20代女性・フリーター

 

こんな美人四姉妹なんていないし、配役に頼った映画なのかと思いましたが、ストーリーもそれぞれの演技も素晴らしく良い映画でした。しっかりものの長女役の綾瀬はるかは、母親役の大竹しのぶとのやり取りはぶつかり合いながらも歩み寄る親子関係をうまく演じていたと思います。次女役の長澤まさみは自由奔放でありながらも、優しさを持つ女性を演じていました。マイペースの三女を演じた夏帆は地を行くような自然体の演技をされていると思いました。異母妹の四女を演じた広瀬すずはとにかく可愛かったし、演技も良かったと思います。義理の母と別れ、姉たちと一緒に住むことを決める心の葛藤をしっかりと演じ切っていたと思います。徐々に四人の姉妹が一つになっていく姿は見て、ほんわかした気分になりましたし、続編をやってほしいなと思っています。

40代男性・会社員

 

3姉妹が、父の死によって異母妹の存在を知り、共に暮らしていく中で3姉妹それぞれの心境が丁寧に描かれていると思いました。家を出ていった父のことを、すでに大きかった長女は許せず、一方で小さかった3女は記憶も曖昧で何とも思っていないこと。私が、一番印象的だったのは、カレーの話です。3女は、幼かったから親のカレーが思い出の味ではなくて、おばあちゃんの肉の入っていないカレーが思い出の味だということでした。この映画をみた当時、私は義母の介護の最中で、私(嫁として)の向き合い方と主人の姉(娘として)の向き合い方に明確な違いを感じて戸惑いをもっていました。この映画で、想いの違いは当たり前のことで、私は私の想いの中で進んでいけばいいと教えてもらった思い出の映画のひとつです。

30代女性・鍼灸師

 

▼『海街diary』を無料視聴▼

U-NEXTは31日間無料です。無料期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。解約はボタン一つで簡単にできます。

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました