スポンサーリンク

アクタージュ94話ネタバレ考察感想あらすじ!明かされる花子の過去

アクタージュ

2019年12月16日発売の週刊少年ジャンプ2020年3号で、アクタージュ94話が掲載されました。

 

93話では、覚醒した武光に惹かれるまま、夜凪と対峙した市子の覚醒でした。

 

大きな流れにうまく乗って生きてきたという自覚がある市子でしたが、武光が夜凪に並ぶ、越えようとしているということに触発され、自身も夜凪と覚悟を持って対峙することになります。

 

それを見ていた王賀美は嬉しそうに舞台に登場し、今や舞台は闘志のあがった彼らの狂気の舞台へと化しています。

 

それを見ていた白石は演出家の花子にどうしてこんなことをしたのか、と彼女に問いかけるのでした。

 

本記事ではアクタージュ94話「炎」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

アクタージュ94話のあらすじネタバレ

場所は北海道、時は演出家山野上花子の少女時代に戻ります。

 

学校の美術室で絵を描いていた花子はその出来の納得のいかなさに思わず悪態をつきます。

 

その絵を消しかけたときに、突然同級生の男子生徒に声を掛けられるのでした。

 

綺麗なのに、と残念がる男子生徒に花子は「記憶と違う」と言い放ちます。

 

花子が描いていたのは北海道に昔から伝わるコロポックルでした。

 

男子生徒は花子の言葉にコロポックルを見たことあるのかと聞きますが、それを無視して花子は帰宅してしまうのでした。

 

花子はその学校のたった一人の美術部であり、ずっとノートに女の子の絵、おそらく花子の記憶の中にあるコロポックルの絵を描いていたり、進路調査書に画家と書いたり、などと少し変わった子ではあったようです。

 

そして同級生の男子生徒がコロポックルを描いて見せに来れば、それを交換してほしいと花子は言います。

 

交換ならと笑う男子生徒に、思わず花子の顔も綻びます。

 

分からない課題について質問することも、一人でお弁当を食べることも恥ずかしいと思わない彼女が初めて普通になれると思った瞬間でした。

 

そしてそのまま時が過ぎ、美術室で一人、失敗作と捨てられた紙が散乱する床に、はいつくばってまで絵を描いている花子の姿に、その男子生徒は恐れを抱き姿を消してしまうのでした。

 

何度描いても思い通りにいかないと悩んでいた花子はその時に確信するのです。

 

自分は一生一人で絵を描いていくのだと。

 

そしてまた時がたち、花子は芸術大に進みました。

 

それでも花子は北海道の山奥で絵を描き続けていました。

 

そしてそこに、一人の男が現れます。

 

小説家でヤジウマだと名乗った男は、絵を燃やすという花子に「最初から燃えている絵を描けばいい」というのです。

 

それに虚を突かれた花子は思わず振り返ります。

 

その男こそ、夜凪の父親なのです。

 

そしてその日から夜凪の父の言葉に従い毎日のように燃える絵を描いたのです。

 

そのような絵を描くと夜凪の父親はたいそう喜び、それがまるで子供のようにかわいくて仕方がなかったと言います。

 

そして一年が経とうとしたとき、夜凪の父は花子が描いた絵を持って逃げたのでした。

 

それから少し経ち、画家の女をテーマにした小説を書いたこともまた知ったのです。

 

絵を描いて忘れなければと筆をとる花子でしたが、もう燃える絵しか描けなくなってしまったのです。

 

もう戻れない、描けば描くほど現実への怒りの炎が燃え上がると自覚しながら、花子は再び一人になったのです。

 

そこに現れたのは天知心一でした。

 

彼女を舞台の演出家に迎えたいというのです。

 

花子は、創る以外のことを知らないから創っているだけで、それに人を巻き込むことなどできないと固辞します。

 

しかし天知はそんな花子が怒りから逃れたいと思っていると指摘します。

 

そしてそれが一人でできないのであればみんなでやる、そういうのに芝居はうってつけ、などと吹聴し、花子の首を縦に振らせたのでした。

 

主演の夜凪景がその件の男の娘であることを花子が知ったのは、彼女がその話を受けた後のことだったのです。

 

しばらくやっているうちに、花子は夜凪にがぜん興味が沸いたのです。

 

男の娘であることが理由ではなく、純粋にその役に染まろうとする美しさに惹かれていたのです。

 

そのあまりの美しさに花子は思わず妬んでしまったのです。

 

しかしそれが理由でこのような無謀な策に出たのではありませんでした。

 

天知との会話にもあったように、彼女自身も解き放たれたいと考えていたのでしょう。

 

それを怒りに囚われた夜凪が、見せてくれると思っていたのです。

 

彼女の描いた羅刹女を演じるということはつまり、山野上花子を演じることなのだと彼女は言います。

 

自分で描けなかった世界を夜凪に託したという花子に、白石はとてつもない後悔を覚えたのでした。

 

スポンサーリンク

アクタージュ94話の感想と考察

見れば見るほど、読めば読むほど、羅刹女の境遇と花子さんの境遇が合いすぎていて、読んでいる此方がとても辛くなります。

 

それでも理由が分かればあの奇妙な行動なども分かります、納得はしませんが、理解はできるというものです。

 

こういった期待を見せられて、ひとつだけ違う点と言えば、今の夜凪が少なからず楽しんでいるということでしょう。

 

この羅刹女の舞台が果たして花子の期待通りの展開となり、夜凪が見せる景色を花子自身が納得するのかとても気になるところです。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました