スポンサーリンク

マイホームヒーロー102話ネタバレ考察感想あらすじ!小沢くんにとって哲雄がヒーローな理由

漫画ネタバレ

2020年6月1日発売の週刊ヤングマガジン2020年27号で、『マイホームヒーロー』第102話が掲載されました。

 

マイホームヒーロー第102話は、なぜ小沢が哲雄たち家族の揉め事に自ら首を突っ込んだのか、その理由が明かされます。

 

哲雄から託された”一緒に逃げよう”とは真逆の”一緒に戦おう”というメッセージを零花に伝える小沢。

 

小沢にとって、今ここで哲雄一家に村から出ていかれては困るのです。

 

なぜなら小沢にとって哲雄たちは協力者であるとともに、大事なエサでもあったから…

 

本記事では、マイホームヒーロー第102話[母の誕生日はトラウマ]のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 101話 一覧 103話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

マイホームヒーロー102話のあらすじネタバレ

【 神社・境内 】

 

首尾よく零花とコンタクトの取れた小沢。

 

零花に”三人で一緒に戦おう”というウソのメッセージを伝えます。

 

哲雄らしからぬ意外なメッセージに違和感を覚えるも信じる零花。

 

小沢は零花に今置かれている現状を訊ねます。

 

零花は、自分も母親の歌仙もオガミメの修行をさせらていることを話しました。

 

なぜ逃げもせずそんなことを?と小沢に聞かれた零花でしたが真実は教えず、母親に接触するにはオガミメにならないと無理っぽいからと説明。

 

母親を救うための潜入だと。

 

さすがに祖父相手に子づくりを強要され、その場から逃げるためにオガミメになることを承諾したとは言えない零花でした。

 

小沢は歌仙も零花もこの村から早く逃げたいだろうが、それはもう少し待つべきだと話します。

 

零花や歌仙がオガミメになって村人を誘導し、対半グレ時に役に立ってもらうことが可能なのではと提案。

 

利用するものは利用するというその考えに一瞬躊躇するも納得する零花でした。

 

”逃げる”ではなく”戦う”を選択した零花に、これでエサが今すぐ村を逃げ出すことはないと安堵する小沢。

 

 

【 志野の組事務所 】

 

小沢が零花と哲雄が村から逃げ出させないために一芝居うっていた数時間前のこと。

 

志野は組事務所で窪から電話で報告を受けていました。

 

村人に追い返されたと聞かされた志野は荒れます。

 

カタギである哲雄にいいようにしてやられた挙句、その落とし前もつけられないなんてことが裏社会でバレたら組の存亡にかかわると激昂。

 

窪に絶対に哲雄を殺せと語気を強めます。

 

それに対し窪は狙撃でもいいかを訊ね、志野は了承。

 

電話を切り、ライフルを手配するため部屋を出ます。

 

部屋に残されたのは組員の甲斐。

 

甲斐はスマホを取り出し、今目の前で見聞きしていた窪と志野やり取りから得た情報を伝えます。

 

ライフルが手配出来次第、窪は再び村へ行くようだと。

 

電話の相手は小沢でした…。

 

 

【 8年前 】

 

小沢の父親は元ヤクザ。

 

すっかり足を洗い、その特異な経歴を活かした記事を書くフリーライターでした。

 

甲斐は同じ事務所で働くライター仲間であり、小沢たち一家とは家族同然の付き合い。

 

 

その日は母親の誕生日でした。

 

ケーキやご馳走を用意し、父親の帰宅を待つ小沢と母親、甲斐の三人。

 

待ちきれなくなった小沢は外に出て父親の帰りを待つことに。

 

遠目に父親の姿を確認した小沢は、どうせなら驚かしてやろうと生け垣に隠れます。

 

隙間から父親が近づいてくるのが見え、驚かそうと息を潜めていたその時、父親の横に一台の車が止まり、後部座席から一人の男が。

 

男は父親の背後に静かに近づき、一瞬で首をボキリ。

 

すぐに数人の男たちが息絶えた父親を車に入れ、そのまま何処かへと走り去って行きました。

 

小沢はその一部始終を目の前で見ていました。

 

警察に話すも子供の目撃証言だけでは立証は難しく、結局行方不明で処理されてしまいます。

 

その後、小沢は何年もかけ、ついに父親を殺した男に辿り着きます。

 

その男は窪でした。

 

目撃証言を信じていた甲斐は小沢からそのこと聞かされ、志野組に入ります。

 

それから二人は協力して情報を探り始めたのです。

 

全ては父親の仇を討つために…

 

スポンサーリンク

マイホームヒーロー102話の感想と考察

小沢くんのトラウマが明かされ、なぜ哲雄に協力的なのかがよくわかりました。

 

そして小沢くんが志野組や半グレの行動をなぜ知り得たのかも。

 

まさか志野組に潜入していた仲間がいるとは…

 

おそらく何年もかけて組織の実態を調べ上げたのでしょう。

 

しかし窪のことを調べれば調べるほど、ヤバさ、怖さを知ることになったのではないでしょうか。

 

そして窪を殺すチャンスなど、ほとんどないことを知ったと思われます。

 

そんな膠着状態の時に、窪の手足となって動いていた半グレを普通のおじさんが殺したと知り、小沢くんは勇気づけられたのではないかと思います。

 

自分にだって出来ると…

 

その後哲雄のことを調べ、甲斐のもたらす情報と合わせ、狙われる哲雄をエサに窪を殺すことを考えるようになったのでしょう。

 

小沢くんにとって窪と志野組は8年も追いかけてきた仇。

 

そのチャンスがついに到来なのですから、そりゃあ哲雄たちに村から逃げたりウロウロされては困るわけですよね。

 

哲雄は窪をおびき出すための大事なエサなのですから。

 

ただ小沢くんは、”自分が”仇を討ちたい、窪を殺したいとの思いが強いです。

 

その辺が対 窪において哲雄とは決定的に違うところ。

 

出来れば小沢くんには死んでもらいたくはありませんが、”自分が”という強い思いのせいで返り討ちにあってしまうのではないかと心配です。

 

小沢くんは哲雄のようにハプニングに強いアドリブタイプの演出家ではなさそうですから…

 

<< 101話 一覧 103話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました