スポンサーリンク

ブラクロ252話ネタバレ考察感想あらすじ!ロロペチカ&ノエルVSヴァニカ

漫画ネタバレ

2020年6月1日発売の週刊少年ジャンプ2020年26号で、『ブラッククローバー』252話が掲載されました。

 

ブラッククローバー252話は、ミモザはヴァニカの呪いで生き返ったダークディサイブルを押さえつけている間に、ロロペチカとノエルはヴァニカに立ち向かいます。

 

血液魔法と呪符魔法の両方の魔法を操る事が出来るヴァニカに、苦戦を強いられるノエルとロロペチカ。

 

そんな中、ヴァニカの口から他のダークトライアドが闇魔法と世界樹魔法の使い手を探している事が語られました。

 

果たして、ダークトライアド達は一体何を目論んでいるのでしょうか。

 

本記事では、ブラッククローバー252話『水の聖戦』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 251話 一覧 253話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ブラッククローバー252話のあらすじネタバレ

ノエルは先手必勝と言わんばかりに水創生魔法・海竜の咆哮を放ちますがヴァニカは血液魔法・紅いケダモノで防ぎます。

 

そして、今のは攻撃のつもりか、と冷たく言い放つヴァニカにノエルは顔を強張らせます。

 

一方、ダークディサイブルの舌魔法の使い手の魔法騎士は自らの舌を伸ばしてミモザを捕らえました。

 

しかし、舌から植物が生えてきたのです。

 

これはミモザが先程のロロペチカとの連携攻撃の際に、操魔可草の種を紛れ込ませていたみたいです。

 

その頃、ノエルは本気で戦いますが血液魔法と呪符魔法を同時に使って来るヴァニカに苦戦を強いられていました。

 

時は修行前に遡ります。

 

ロロペチカはミモザとノエルに、ダークトライアドは自分が持っている魔法と憑いている悪魔の魔法の両方を使ってくる、と説明していたのです。

 

続けてロロペチカは、ヴァニカとメギキュラとは一度戦っているので対策も戦術も寝れるからそれに向けて修行をしよう、と2人に提案しました。

 

現在に至り、ロロペチカはウンディーネの力も借りて莫大な水魔法を発動させている様子を見て、ヴァニカは心を高揚させているみたいです。

 

ダンテとゼノンは今頃楽しんでいるかな、自分はロロペチカを始末するだけだから一番いいところを貰った、と嬉々として言い放つヴァニカ。

 

世界樹魔法と闇魔法も楽しそうだけど始末せずに生かして連れてくるのは面倒、だと呟くヴァニカ。

 

闇魔法はノエルのギルドである黒の暴牛の団長であるヤミの魔法なので、ノエルは他のダークトライアドは何をしているの、とヴァニカに問い詰めました。

 

しかしヴァニカは、何で教えないといけないの、と教える気はありませんでした。

 

その頃、ロロペチカは世界樹魔法と闇魔法の名前を心の中で呟くと、沢山の本棚が彼女の精神世界に出現しました。

 

ハート王国の王女は歴代の王女の力の他に知識や経験も受け継いでいるので、それ故に全智の巫女と呼ばれているのです。

 

やがて一冊の本を手に取ったら、光と闇で出来た巨大な木が多くの人々を始末し、沢山の悪魔達が人を始末するイメージが浮かび上がりました。

 

現実世界に帰ったロロペチカはノエルに、ダークトライアドの思い通りにさせてしまってはこの大陸の九割以上の人が命を落とすと告げ、話を聞いたノエルは驚愕の表情をしました。

 

何でそんな恐ろしい事をしようとしているのか、とヴァニカに問い詰めるロロペチカ。

 

対してヴァニカは、自分は強い相手と戦いだけであり、弱い人間には興味はない、と断じました。

 

それよりも今は先の事よりも今を楽しもう、と言い放つヴァニカ。

 

話を聞いたロロペチカは、ダークトライアドを野放しにせずにこの場で自分達が倒す、と言い放って決意を固めたみたいです。

 

そして水精霊魔法・巫水戯の聖域を発動させて、ヴァニカの血液魔法の力を半減させることに成功します。

 

しかもこの巫水戯の聖域内でのノエルは大幅にパワーアップするのです。

 

海神戦乙女の羽衣鎧を人魚形態に変化させたノエルは、ヴァニカに水で出来た槍による斬突攻撃を浴びせました。

 

しかし、攻撃を喰らって口から血を出したヴァニカは楽しそうに笑うだけでした。

 

ブラッククローバー最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANKやraw以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『ブラッククローバー』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

ブラッククローバー252話の感想と考察

ダークディサイブルは一部を除けば大した事ありませんが、やはりダークトライアドは別格ですね。

 

ヴァニカが2つの魔法を使えるという事は、ダンテやゼノンも同じように2つの魔法を操れるという事が確定したので、勝つのは至難の技だなと思いましたね。

 

それ故に、3人が集結する前にロロペチカとノエルはヴァニカを倒そうとしているのでしょう。

 

同時に世界樹魔法と闇魔法によって生み出されるものが、ヤバイものになる事も明らかになりました。

 

ロロペチカの言葉が正しければ、ダークトライアドは世界樹魔法は味方の体力を回復できるのでその性能を闇魔法で反転させて多くの者の命を奪わせる樹を作り上げるのではないでしょうか。

 

次回253話は、ヴァニカが大暴れするのではないかなと思います。

 

ノエルの一撃が見事にヴァニカが直撃しましたが、彼女が笑っていましたので正直余り効いていないのでしょう。

 

恐らくロロペチカの攻撃なら兎も角、ノエルの攻撃は全然効かないのと、血液魔法は半減されたけどまだ呪符魔法があり、更に悪魔の力を解放できるという余裕からなのだと思います。

 

しかし、長く遊んでいるとダンテやゼノンに小言を言われるかもしれないからと思って本気を出し始めて、大暴れするのではないでしょうか。

 

<< 251話 一覧 253話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレブラッククローバー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました