スポンサーリンク

ハイキュー395話ネタバレ考察感想あらすじ!今回は牛島の過去話!

漫画ネタバレ

2020年6月1日発売の週刊少年ジャンプ2020年26号で、『ハイキュー』395話が掲載されました。

 

ハイキュー395話は、試合の日よりも前に牛島が余り活躍できずに日本が破れた事を知った天童は牛島に連絡をすると、彼はいつも通りの口調でしたが、出会った子供にバレーボールがつまらないと言われて元気がありませんでした。

 

そんな彼の様子を察した天道は頑張るだけでなく強くなれとアドバイスし、牛島は元気を取り戻しました。

 

続けて天童は牛島に父親に会えたかと聞いたのです。

 

果たして、牛島の父親とは一体どんな人物なのでしょうか。

 

本記事では、ハイキュー395話『幸運な我ら・2』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 394話 一覧 396話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ハイキュー395話のあらすじネタバレ

日本代表に選出された牛島が余り活躍できず、日本代表も負けてしまった記事を元チームメイトの天童が見ていました。

 

因みに天童の髪型は昔ツンツン髪だったのですが、今は坊主です。

 

取りあえず牛島に連絡をして、状況を聞く事にしました。

 

電話に出た牛島は天童から、ワールドリーグ見ていたけどイマイチだったね、と言われたので、フォームの改善を試みているがまだ掴めない、と答えます。

 

天童は、去年のフォームで良かったんじゃないか、と言うと牛島はこの前の試合は以前のフォームが良かったかもしれないと言う迷いが出ていた、と答えました。

 

しかし天童は、牛島の元気がないように感じていたので、何か凹んでいるのか、と尋ねたのです。

 

そうしたら牛島は、昨日子供連れの母親がサインを求めてきたから応じた際に子供に、バレーは好きかな、と出来る限りの笑顔で聞いてみたら、好きじゃない、と言われた事を天童に伝えます。

 

話を聞いたら、大爆笑する天童。

 

電話越しでムッとしている牛島に、それはまだ牛島が弱いからであって体の大きい外国人選手をバッタバッタと倒す強さを持つスターが見たいんだ、と言う天童。

 

話を聞いた牛島は、簡単ではないが自分に不可能な事じゃなくて良かった、と言って安堵しました。

 

天童は、流石牛島、と笑いながら言うと話題を切り替えて、父親には会えたか、と聞くと牛島は当時の事を思い出すと共に、他にも人に会ったと答えました。

 

時は、3か月前に遡ります。

 

牛島はいずれ海外のチームに移籍するつもりであり、父親が所属しているチームの練習を見に来ました。

 

その際に、かつて及川のチームにいた岩泉とばったり出会い、岩泉は知り合いに会ったので内心ホッとしているようです。

 

岩泉がアメリカに来た理由は、空井崇と言う日本人トレーナーに会うためでした。

 

話を聞いた牛島は、空井崇は自分の父親だ、と言うと岩泉は一旦納得するも冷静になったら大声で驚きました。

 

因みに、牛島は母方の姓でした。

 

その後、牛島は空井に会い、岩泉の事を紹介しました。

 

やがて2人は外へと向かい、牛島は岩泉から、及川はアルゼンチンに行っている、と聞かされていました。

 

岩泉も牛島の現状を知っており、自分達を打ち負かしてきた牛島が普通の選手で終わるのは嫌だ、と言うと続けて、自分の身長は小さい方だから参考にしていた選手の動画がある、と言って牛島に見せますが、日本代表になのを言っているんだと、我に返ります。

 

しかし牛島は、今の自分はコーチと試行錯誤しているから参考になるし、こういうのは楽しい、と返したので岩泉は牛島と色々と雑談したのです。

 

やがて時間になり、岩泉は、牛島に会えたから空井と話せてラッキーだった、と言うと牛島は自分も運が良い、また会おう、と岩泉にいました。

 

別れる前に岩泉は悪い顔をして、写真撮って及川に送ろう、と提案したのでした。

 

そして現在に至り、トマスのスパイクをニコラスが拾い、星海がトスを上げると牛島はスパイクを打つ体勢を取ります。

 

強者であり続けるためなら何度でも強さを捨てる、と確固たる意志を心の中で呟いた牛島は強烈なスパイクを放ち、佐久早が拾おうとするも余りの威力に弾かれました。

 

勝ち誇った顔をしている牛島を見て、ムッとする佐久早。

 

牛島の一撃で、アドラーズが1点差に追い上げてきたみたいです。

 

以前まで牛島は弓を弾くみたいなオーソドックスなフォームでしたが、今は円を描く感じで勢いを止めずに打ち込むからパワーを全部乗せられるフォームになっているようです。

 

しかも今のフォームには打って来るコースが凄く分かりづらいと言う利点もありました。

 

試合をipadで見ていた空井は、牛島と再会していた時の事を思い出していました。

 

空井は、本当に強くなった、と何度も言うと牛島が、自分は恵まれている、と答えたのです。

 

それは左利きを変えさせようといたのを空井が阻止してくれたからであり、自分の左手を守ってくれて有難う、と牛島はお礼を言いました。

 

ハイキュー最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANKやhanascan以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『ハイキュー』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKやhanascanなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

ハイキュー395話の感想と考察

今回は牛島の過去話になりましたが、子供にバレーボールはつまらないと言われて元気を無くしたり、フォームに試行錯誤したりする姿を見ていて牛島もいい意味で人間なんだなと少しホッとしましたね。

 

再登場した天童の髪型は大きく変わっていて、しかも多くの人の前で大きな声でかつ両手を広げたりして人々から異質に見られている限り、モンスターっぷりは変わっていないようですね。

 

3か月前の話では牛島は父親と再会して強さを褒めてもらい、かつて及川のチームにいた岩泉が自分の事を気にかけてくれた事が、牛島にとって運が良かったのだと思います。

 

もし、どれかの要素がかけていれば牛島はずっと悩んで、完全にスランプになっていたかもしれませんね。

 

岩泉も及川共々何度も叩きのめしてくれた牛島が何処にでもいる普通の選手で終わってほしくないから、彼なりに牛島を良い選手にさせようとしていたのだと思います。

 

岩泉はツーショット写真を及川に知らせようとしていますが及川が写真を見たら、何で牛島と仲良くツーショット写真を撮っているんだと、文句の電話をかけてきそうですね。

 

その結果、かつてのフォームから今のフォームに切り替えることが出来て、元々かなりの強さだったのに更なる強さを得る事が出来たので、フォーム改善は成功したと言えるでしょう。

 

<< 394話 一覧 396話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました