スポンサーリンク

ぼく勉160話ネタバレ考察感想あらすじ!文乃の世話をする成幸

漫画ネタバレ

2020年6月1日発売の週刊少年ジャンプ2020年26号で、『ぼくたちは勉強ができない』160話が掲載されました。

 

ぼくたちは勉強ができない160話は、10月のある日、文乃は成幸の尽力によって不仲だった父親と和解する事が出来、この事を切っ掛けに成幸に好意を抱きます。

 

しかし、それは自分よりも先に好意を抱いたうるかや理珠を裏切る行為だと分かっている文乃でしたが、それでもドキドキは収まりませんでした。

 

センター試験当日、成幸と共に会場へと向かう文乃ですが、途中で走る犬を捕まえます。

 

そうしたら階段の手すりを掴んでいた成幸の手が滑ってしまい、文乃が咄嗟に成幸を助けますがその代償として文乃は捻挫してしまったのです。

 

あくる日、文乃は起床すると朝食を作っていた成幸を見て、驚きました。

 

果たして、何故彼がここにいるのでしょうか。

 

本記事では、ぼくたちは勉強ができない160話『[x]=文学の森の眠り姫編①』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 159話 一覧 161話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ぼくたちは勉強ができない160話のあらすじネタバレ

10月某日、楠本公園で成幸は自分の肩に顔を乗せている文乃に、また寝ちゃったのか、と聞きます。

 

対する文乃は、起きている、と言いつつも赤面していました。

 

この日、文乃は成幸の支えによって10年間目を背けていた家族の対話を果たしていたのです。

 

文乃から見て、成幸は鈍感で頼りない弟みたいな存在だけと優しくて真っ直ぐでありうるかと理珠が恋している男の子、と言う評価でした。

 

今、自身の顔を成幸の肩に置いているという行動は2人に申し訳ないので文乃は、今離れれば引き返せる、と思っていましたが文化祭の花火のジンクスを言い訳にして離れませんでした。

 

今は亡き母親に本当は好きになってはいけない筈の人に恋をしてしまった、と心の中で呟く文乃。

 

それから月日が経過して、1月のセンター試験当日を迎えました。

 

文乃は試験に備えて着替えていましたが、本番ゆえの緊張殻から胃痛を起こしていました。

 

何とかリラックスしようとするも、成幸の事が頭に過ぎってしまったせいで余計に落ち着きませんでした。

 

そして文乃は成幸と合流すると、頑張ろうね、と声を掛けました。

 

しかし成幸は、こっちの道は遠回りじゃないのか、と聞くと文乃は、本番だから歩いて脳を活性化させようとしている、と答えました。

 

本当の理由は成幸の顔を見たら頑張れるかもしれないからであり、これくらいなら2人も許してくれるはず、と思う文乃。

 

そんな中、犬が走ってきて道路へと突っ込もうとしていたので成幸がリードを掴んで止めました。

 

もう片方の手は手すりを掴んでいましたが、雪が乗っていたせいか滑りやすくなっており、手すりを掴んでいた成幸の手が滑ってしまい、今にも落ちそうになっていました。

 

このままでは不味いと思ったのか文乃は成幸の手を掴んで、位置を入れ替える事で成幸を救うと共に自分が落ちていきます。

 

成幸が無事でよかった、と心の中で呟く文乃。

 

それから数日後、文乃は二次試験に向けて勉強をしていましたが、落ちた代償として捻挫してしまい、痛みに苦しんでいました。

 

因みにセンター試験は基準以上の点数を取れており、成幸が怪我しなくて良かった、と文乃は思っていました。

 

時はセンター試験当日に遡り、成幸は自分の肩を貸す事で文乃を会場へと連れていったのです。

 

文乃はうるか達に気を使って、一人で歩けるから離れて、と言いますが成幸は、自分のせいで怪我させてしまったから自分が席へ連れていく、とはっきり言います。

 

そんな成幸の顔を見て、思わずキュンとする文乃。

 

現在に至り、当時の事を回想する文乃だったがすぐに我に返って、部屋からリビングに向かうと父親の零侍と共に朝食を食べ始めます。

 

しかし、家には本来いない筈の成幸がおり、しかもナチュラルに馴染んでいたので文乃は驚いたようです。

 

成幸が家にいる理由は文乃を怪我させた詫びに、暫くの間はサポートをするためでした。

 

文乃は、大事な時期に勉強はどうするのか、と聞くと成幸は、弟妹の相手もしているから何処で出も集中できる、と答えました。

 

零侍は大学に行き、二人きりになります。

 

文乃はやはり2人に申し訳ないと思っているため、自分が勝手に怪我したから成幸が責任を感じる必要はない、と言って去ろうとするが捻挫の痛みが走って倒れかけます。

 

そこへ成幸が颯爽と助けると、迷惑になるなら帰るけど文乃がいいのなら足が治るまで支える、と真剣な表情で文乃に言います。

 

思わず赤面してしまった文乃は成幸に押し切られる形で了承しましたが内心では、はいじゃない、と心の中で呟いたのです。

 

ぼく勉を漫画BANKや漫画タウンやzip以外で無料で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では、漫画『ぼくたちは勉強ができない』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法です...
スポンサーリンク

ぼくたちは勉強ができない160話の感想と考察

今回から文乃編が開始されましたが、時系列はまだ高校時代の頃みたいですね。

 

理珠の場合は大学編に突入した状態で結ばれましたので、文乃の場合はもしかしたら高校編から卒業するまでの間に結ばれるのではないかなと思いますね。

 

うるか編ではセンター試験当日に成幸が捻挫するところを、文乃が代わりに捻挫をしてしまう展開になっていましたね。

 

成幸は自分のせいで怪我してしまった文乃のために世話をし始めましたが、そのせいで文乃がドギマギしているのは成幸には伝わっていないのでしょうね。

 

進展するには文乃が恋心をはっきり自覚しないといけませんが、現段階ではまだ進みそうにありませんので、何が切っ掛けで進むのか楽しみです。

 

次回161話からは、成幸があれこれと世話を焼くのではないかなと思います。

 

成幸が文乃の家にいる理由は、自分のせいで捻挫してしまった文乃のために出来る事をやろうと言う考えで文乃の家にいます。

 

文乃も成幸の性格から自分のために世話をしているのは十分分かっていると思いますが、文乃からしたらまるで病気になった妻の代わりに夫が家事をしていると言う光景なので、うるかや理珠に申し訳ないと思っているはずです。

 

しかし、成幸に世話してもらえて嬉しいと言う思いもあるからかなり悶々とするのではないかと思います。

 

<< 159話 一覧 161話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました