スポンサーリンク

ヒロアカ273話ネタバレ考察感想あらすじ!圧倒的!敵たちの反撃開始!

漫画ネタバレ

2020年6月1日発売の週刊少年ジャンプ2020年26号で、「僕のヒーローアカデミア」第273話が掲載されました。

 

前話の「僕のヒーローアカデミア」272話では、街の避難誘導を行う1年A組の生徒とヒーロー達。

 

そんな中、デクは自身の中のワン・フォー・オールの「止めるんだ」という声を聞きました。

 

その言葉が示すように病院が崩れ始め、それが伝播して街の方までなだれ込んできます。

 

病院内では、ヒーロー達が駆け回って崩壊から逃れていく中、シールドヒーローのクラストはイレイザーヘッドを助けて崩壊に巻き込まれてしまいます。

 

ヒーロー達が各々の個性で崩壊の波を止めようと奮闘しますが、波の伝播は止められません。

 

デクはワン・フォー・オールを45%まで解放し、「セントルイス・スマッシュ・エアフォース」を繰り出しながら逃げろと叫ぶのでした。

 

本記事では、「僕のヒーローアカデミア」第273話「破滅のボルテージ」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 272話 一覧 274話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

僕のヒーローアカデミア273話のあらすじネタバレ

デクの放った「セントルイス・スマッシュ・エアフォース」では崩壊は止められません。

 

その様子から麗日はこの現象は衝撃の類では無いと推測します。

 

全てが塵になっていく光景を前にして動揺する蛙吹。

 

デクは過去に死柄木に首元を触られた時のことを思い出し、この現象の正体は死柄木の個性であることを感じ取ります。

 

一方、別の場所では轟が氷の壁を作るも崩壊が止められずにいました。

 

エンデヴァーのサイドキックであるバーニンは、他のメンバーに逃げろと指示を出しながらも、病院にいるヒーロー達に連絡を試みますが応答がありません。

 

エンデヴァーもリューキュウも応答がない状態です。

 

街中ではデクが「黒鞭」の個性を活用してバスの避難を実施しています。

 

誰も状況が分からないという状況に、街は完全にパニック状態に陥りました。

 

死柄木のいたところを一部だけ残し、崩壊の後には何も残りませんでした。

 

オーバーホールの研究をもとにして作っていた個性を消滅させる弾もほとんど壊れてしまっており、残念そうにする死柄木。

 

崩壊の個性を自由に操れるようになった死柄木は、通信機だけは崩壊させずに手元に残していました。

 

その通信機でギガントマキアにすべてを壊す、と呼びかけをすると、それに呼応するようにギガントマキアの瞳に活力が宿りました。

 

その頃、ファットガムは無事にホークスを救出した常闇に救護班のところへ行くように指示します。

 

超常解放軍のアジトである群訝山荘で戦いを続けるヒーローでしたが、そんな中、一部のヒーローがトガのところに行ったはずのヒーローがいることに気付きます。

 

そのことを訪ねようとすると首元を刃物で切りつけ、ヒーローは次々と他のヒーロー達に襲い掛かります。

 

戻ってきた荼毘がMr.コンプレスに状況を確認すると、トゥワイスの死を知ったトガが暴走していると淡々と話します。

 

「変身」の個性でヒーローに成り代わっていたトガは変身を解き、生きやすい世界にヒーローは邪魔だと鬼のような形相を露わにしました。

 

トガの動きに呼応するように、ギガントマキアが巨大な腕を地下から突き出すのでした。

 

再び病院の跡地へ視点を移すと、病院を脱出していたエンデヴァーが死柄木に飛び掛かるところでした。

 

動揺を見せることなく、寝起きに早々No1かよと死柄木は不気味な笑みを見せるのでした・・・。

 

ヒロアカ漫画BANKやrawqqやpdfダウンロード以外で無料で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では、漫画『僕のヒーローアカデミア』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKやrawqqなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですの...
スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア273話の感想と考察

やはり、死柄木の力はとんでもないですね。

 

崩壊の伝播は衝撃波をぶつけても止められないのであれば、やはり個性事態を打ち消す方法しか対抗策は無さそうです。

 

考えられるのは、デクの中のワン・フォー・オールの個性に打ち消しの個性があること。

 

もしくは壊理ちゃんが個性を使いこなせるようになって崩壊した側から修復するようにするとかはありそうです。

 

触れられてはいけないのであれば、エンデヴァーのような遠距離攻撃が可能な個性を持っているヒーローの相性は悪くないはずです。

 

しかし、死柄木はオール・フォー・ワンの他の個性も受け継いでおり、かつ肉体も改造されているようですから、離れて戦うのは難しそうです。

 

イレイザーヘッドがいるので援護で個性を消すのだが、死柄木の身体能力の高さの前にヒーロー達が圧倒されるというのがありそうな展開でしょうか。

 

どちらにせよギガントマキアが到着すれば対抗手段は無いように思います。

 

猛威を振るうトガちゃんを誰が止めるのかも気になります。

 

あちらに残ったメンバーだと、ファットガムが対峙することになりそうですが・・・。

 

以上、引き続き274話以降も目が離せないですね。

 

<< 272話 一覧 274話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました