スポンサーリンク

神さまの恋人35話ネタバレ考察感想あらすじ!インストールして強化したジンタとトモ!

漫画ネタバレ

2019年12月9日発売の週刊ヤングマガジン2020年2・3合併号で、『神さまの恋人』35話が掲載されました。

 

神さまの恋人35話は、ルシファーズ・イレブンの上位3人に対抗するために、ジンタとトモは一旦脱出して九条の元にやって来ます。

 

そして彼の協力の元、没入深度を高める事に成功する2人。

 

一方で上位3人を相手にボロボロの状態のゲン達は今すぐにでも始末されそうでした。

 

そんな彼らの元にジンタとトモが合流すると身に着けた力を振るい始め、更に九条も参戦していきました。

 

果たして、3対3によるこの戦いの行方は一体どうなっていくのでしょうか。

 

本記事では、神さまの恋人35話『没入深度』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

神さまの恋人35話のあらすじネタバレ

ルシファーズ・イレブンの上位3人であるヒール、キャンディ、ムサシの圧倒的な力に対抗するためにジンタとトモはゲン達によって逃がされ、九条の元へとやって来ました。

 

事情は大体察している九条は自分のラボへ来るように2人に言ったのです。

 

しかし、ラボの割には向かっているのは店のバックヤードなのでどういう事なのだと思いながら後を追うジンタ達。

 

それによってさっきまでいた店とは風景が変わったので、別の場所に転送されたのではないかと思ってジンタは周りを見回すとお店の人達の動きが止まっていました。

 

自分達がいる世界は「64TOKYO」の片隅にこっそり作った自分の世界だと九条は言ったのです。

 

トモは勝手にこんな事をした事を責めますが、九条はこの世界のルールに従って土地を買って店を建てたといけしゃあしゃあと言ってのけます。

 

そして自分の家の中をどう使ったって構わないだろと悪い表情をしながら言い、ジンタは唖然とするのでした。

 

九条はゆっくりしていけと言ってコーヒーを用意するも、ジンタは時間はないと焦って言います。

 

しかし、九条はここは外とは時間の流れが違っていてここでの1時間は「64TOKYO」や現実では1分にも満たないと言い放ったのです。

 

続けてショートスリーパーズプロトコルの応用だと、プロトコルは研究者にとって時間が惜しいと言う理由から開発したのだと語る九条。

 

そして九条はJUNがトモを選んだの最善だったと口にします。

 

その理由はパーティの中でトモが一番大きなポテンシャルを秘めていたからでした。

 

九条曰くVW(バーチャルワールド)では想像力が全てでその力は現実にも影響を及ぼし、性別も超越する可能性があるとの事です。

 

早速九条は現状のトモの没入深度90%を120%まで引き上げるように設定し、開始するとかなりの力が流れ込んでいるのかトモは苦しんでいました。

 

やがて終わるとトモの没入深度は90%から120%を超えて、200%にまで上昇していたのです。

 

副産物としてさっきまで負っていた傷が消え、服も元に戻っていました。

 

そして次はジンタの番になったのです。

 

その頃、ゲン達はルシファーズ・イレブンの上位3人に追い詰められていました。

 

ムサシはボロボロになっているJUNに超越者の一人として現実を変える手伝いをしないかと最後の勧誘をしたのです。

 

しかし、JUNは断るとはっきり言い、その思いはゲンと龍子も同じでありました。

 

その答えを聞いた3人は一斉攻撃で止めを刺そうとしたのです。

 

そんな中、トモが現れてキャンディが放った桜の花びらを燃やし尽くし、同時にジンタも駆けつけたので彼の姿を見たゲンは安堵して気を失いました。

 

ジンタはやられたくなかったら退くように言いますが、ヒールはそんなの関係ないと言わんばかりに蹴りを繰り出すと、ジンタは軽く防いだのです。

 

その衝撃で窓が破壊され、ジンタが腕を振るう事でヒールの額に傷をつけ、周囲のものまで破壊されました。

 

トモも剣にエネルギーを纏わせて振るい、キャンディは扇子で受け止めるも威力に押されるのです。

 

ムサシはJUNを始末してから手助けしようと呟きますが、そんな彼の元に九条が現れました。

 

スポンサーリンク

神さまの恋人35話の感想と考察

本来没入深度120%にまで引き上げる予定が、200%にまで引き上がるとは九条やJUNの思った通り、トモにはかなりのポテンシャルがあるみたいですね。

 

ルシファーズ・イレブンのナンバー7とナンバー8の戦いの際に、JUNはトモのポテンシャルの高さに気づいていたのかもしれませんね。

 

ジンタも本来の没入深度を引き上げた事でかなり力をつけましたが、没入深度はどのくらいかは明らかになっていませんのでどのくらいのものになったのか気になるところです。

 

次回は3対3の壮絶バトルが繰り広げられるのではないかと思われます。

 

没入深度によって200%に引き上げられたトモと恐らく200%にまで引き上げられたであろうジンタの力はかなり高まっていました。

 

実際、攻撃力や戦闘力は格段に高まっており、ヒールやキャンディ相手に互角に渡り合っていたのです。

 

しかもムサシの元には九条が駆けつけたので、JUNと組んで戦うのではないかと思われます。

 

九条の戦闘力をもってすれば、結構いい勝負をするのではないでしょうか。

 

しかし、問題があるとすれば今のところ3人が本気を出しているのかが怪しいところなので本気を出す前に一気に勝負をつけられるかが鍵となって来ると思われます。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

\ 漫画読むなら U-NEXT がおすすめ!/

  • 31日間の無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえる
  • すべての作品が、購入金額の最大40%ポイント還元される
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる
  • 見放題作品数No.1!無料トライアル中でも180,000本以上の動画が見放題
  • 解約がとっても簡単

\ スキマ時間がもっと楽しくなる!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画ネタバレ 神さまの恋人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました