スポンサーリンク

ゴールデンカムイ242話ネタバレ考察感想あらすじ!杉元が埋蔵金を求める理由

漫画ネタバレ

2020年5月28日発売の週刊ヤングジャンプ2020年26号で、『ゴールデンカムイ』242話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ242話は、楽しく会話をしていた杉元とアシリパは木々の伐採に巻き込まれるも、倒木の隙間に入り込めたので辛うじて無事でした。

 

木々が伐採された光景に唖然としている白石に、海賊は何十本の大木に切れ目を入れて風上の木を切れば、将棋倒しのように倒れていくと言います。

 

そんな中、杉元はアシリパの故郷に戻って好きだった人の下で暮らすのかと言っていたことを思い出し、梅の話をし始めます。

 

果たして、杉元が埋蔵金を求める理由が判明するのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ242話『交互に』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 241話 一覧 243話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ゴールデンカムイ242話のあらすじネタバレ

楽しく会話をしているアシリパと杉元でしたが、突如として大木が次々と倒れてきたので、急いで逃げようとします。

 

しかし、このままでは逃げ切れるとも思えなくなったので、杉元は自らの身を挺してアシリパを大木から守ろうとします。

 

大木が倒れていく音には白石と海賊も気づいたみたいです。

 

杉元達が心配になって白石は様子を見に行くと、大木が沢山倒れている光景を見て呆然としていました。

 

同じく光景を見ていた海賊はこれは北海道の伐採方法であると言いました。

 

海賊は実家が林業だったから詳しいのです。

 

何十本もの大木に切り目を入れて風上の一本を倒す事で、辺り一面が将棋倒しのように倒れると口にする海賊。

 

白石はそんな事より杉元とアシリパが巻き込まれていないかどうかが心配でした。

 

その頃、杉元とアシリパは多少なりとも傷を負いながらも隙間に入れたので命は無事でした。

 

アシリパは意識朦朧とした状態だったので、杉元は懸命に白石の名前を叫びますが、その叫びは空しく響くだけでした。

 

杉元はアシリパの意識を保たせるように声をかけると共に、大木が倒れる前に故郷に戻って一緒に過ごす人がいるのかというアシリパの言葉を思い出します。

 

そして梅という女性の事を話し始めました。

 

梅は本当は自分と結婚する予定だったが、自分の家族が結核になっちゃったから離れるしかなかったと語る杉元。

 

そして梅は杉元の幼馴染である寅次と結婚し、杉元も寅次なら大丈夫だろうと思っていたのです。

 

そうしたら梅が目の病にかかってしまい、治すためには莫大な治療代が必要となるのだが、寅次は杉元を庇って戦争で命を落としたので、杉元が代わりに治療費を稼ぐために埋蔵金を求めているのでした。

 

その頃、白石が懸命に探している最中、海賊はそれだけ必死になって探すのは、アシリパはのっぺら坊の娘だからかと聞きます。

 

しかし、今は杉元とアシリパが無事なのかどうかが気になっている白石は今はそんな事どうでもいいと言い放ちます。

 

その頃、杉元から話を聞いたアシリパは、そのために埋蔵金を求めているのかと聞くと、杉元は埋蔵金が見つかってもアシリパが事件に納得できるまで傍にいると誓います。

 

しかし、アシリパは別の答えが聞きたかったようです。

 

一先ず、白石達が来るのを待っていると、杉元はアシリパに白石は金の亡者かもしれないけど、自分との約束を守って樺太でアシリパと共にいてくれたし、暗号を解く鍵を思い出した事を教えてもいいんじゃないかと言います。

 

アシリパも早く言いたかったけど言いそびれたと呟くと共に、木の隙間から顔を出している白石を見つけました。

 

話を一部始終聞いていたのか、涙ながらに樺太の事が無駄じゃなかったと呟く白石。

 

白石が2人の場所が分かったのは、頭巾を被った人物が教えてくれたからでした。

 

そして杉元達は海賊が呼んだ木を伐採した者達によって解放されたみたいです。

 

伐採された木々を見て、ここにいたカムイは何処に行ったんだと呟く杉元。

 

アシリパは裕福に暮らすためにはやむを得ないと、ある程度残せばカムイは消えないと言います。

 

白石は海賊にさっきの金貨をアシリパに見せるように言い、アシリパは金貨を見て十字のマークを交差とか交互にという意味があると言いました。

 

そしてアチャはソフィアにアイヌや極東の民族と団結すべきと言った彼がアイヌを始末しないと、自分がアイヌのために何をするべきか分かったとアシリパは言うのでした。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ242話の感想と考察

正直、大木が続々と倒れてきたら無事じゃ済まないだろうなと思っていましたが、思ったより軽傷で良かったですね。

 

杉元がアシリパが事件に納得するまでずっと傍にいると言った際に、アシリパが聞きたい答えと違うと言ったのは、きっとずっと一緒にいたいという事なのでしょうね。

 

そうでなければ、木々が倒れてくる前まで嬉々として話をしないはずですからね。

 

同時に白石も救われたんじゃないかなと思いましたね。

 

金の亡者と言っていた杉元とアシリパが暗号の事を白石に教えようとしていたのですから、それを知って今日まで懸命に頑張ってきて良かったと思っていたのでしょうね。

 

次回243話はアシリパがアイヌのために何をするかを杉元達に言うのではないでしょうか。

 

海賊から金貨を受け取った後に、アチャはソフィアにアイヌと極東の民族と団結すべきだと言っていたとアシリパは言ったので恐らくアチャの夢を受け継いでアイヌ民族を少しでも救うために助けて一つの村を作ると言うのではないかと思います。

 

そしてその前に埋蔵金を始めとした謎や事件を解決してからだとも言うのではないでしょうか。

 

一先ず、杉元とアシリパは木々が倒れてきた際に怪我をしたので簡単に手当てしてから札幌へと向かうのではないかと思います。

 

<< 241話 一覧 243話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました