スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊220話ネタバレ考察感想あらすじ!第三世代に起きた影響とは?

漫画ネタバレ

2020年5月27日発売の週刊少年マガジン2020年26号で、『炎炎ノ消防隊』220話が掲載されました。

 

『炎炎ノ消防隊』220話では、第8消防隊の仮設秘密基地で話すリヒト・火華、シンラ・桜備の場面が描かれます。

 

特にシンラ・桜備の会話では巨大な焔ビト撃退に対しある人物たちの活躍があったことを知りますが、その人物たちと?

 

そして、柱の出現後第三世代の能力者にある影響が出ていますがその影響とは?

 

それは紅丸にも影響が出ており、回想シーンで新キャラに対して紅丸は睨んでいます。

 

本記事では、炎炎ノ消防隊220話『原国の父』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 219話 一覧 221話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

炎炎ノ消防隊220話のあらすじネタバレ

浅草の第8消防隊の仮設秘密基地で今までのことを振り返るリヒト。

 

シンラ曰く、3ヶ月間の間記憶が無く別人格になっていたと言うことを踏まえ、別の人格というのは“アドラ”に関係があるのではないかと考えました。

 

ここには火華がおり、彼女もシンラは“ドッペルゲンガー”に支配されていたのではないかと思っていました。

 

「もう一人の自分がいる“アドラ”」

 

「そこは一体どういう世界なのだ」

 

火華はリヒトに問いかけますが、彼には答えが分かっておらず困惑しており、そんな彼を火華は叱責しました。

 

その直後、リヒトの頭からスコップが出てきて、中華半島のことを話します。

 

「柱が八本揃った時どうなるか…」

 

彼らは、今までの情報をふまえてこのことを考え始めました。

 

一方、別の部屋で一緒にいたシンラと桜備。

 

「あれだけグレ倒していたのに覚えていないなんてもったいないなァ」

 

緊張しているシンラを桜備はからかいますが、シンラは引きつった笑顔を見て笑ってしまいます。

 

「よろしくな」

 

笑顔を見て安心した桜備は再び自分たちと共に戦ってしいとためにシンラに握手を求めてシンラは彼と握手をします。

 

「ありがとうございます‼︎」

 

桜備の寛大さに対してシンラは大声で彼に感謝の言葉を送りました。

 

そして、柱や巨大な焔ビトに対しては灰島重工の大黒の指揮のもと灰島重工と第2消防隊が撃退していました。

 

中でも黒野の活躍と灰島製のカタパルトでのグスタフ射出による攻撃が功を奏していました。

 

このことを桜備から聞いたシンラは能力者のことを話ししますが、マキや火縄の能力が強くなっていることは桜備は気づいていました。

 

そして、この時シスターを“無能力者“と桜備は言ったので、シスターが炎を出せることを誰に言っていないことが本当であるということをシンラは知りました。

 

そして、柱の出現により第三世代影響が出ており、紅丸曰く実体感がある夢を見るようになった言っていたことを伝えます。

 

その紅丸は縁側で寝ており、月見酒をしている最中に彼が寝てしまったと思った紺炉は起こそうとしますが全く動きませんでした。

 

その時紅丸が見ていたのは幼い頃の自分の夢でした。

 

「紺炉俺ァ太陽より月の方が好きだ」

 

紅丸は空を見て紺炉にこのように言いますが、それは紅丸使える大技の“日輪”がうまくできないことに対する言い訳だと紺炉は思っていました。

 

しかし、この考えは違っており、紅丸は紺炉が使える“紅月“の方が好きだからでした。

 

「紅丸は自分で輝けるんだからよちゃんと頭の言うこと聞いて“日輪“をものにしろ」

 

“紅月”では無く“日輪”が紅丸にはあっていると紺炉は思っていたのでこのよう話しました。

 

「オラ‼︎クソガキ始めんぞ」

 

2人の話が終わった瞬間、誰かが2人に話しかけますがその人物を紅丸は睨みつけていました。

 

彼らの前にいたのは浅草火消しの棟梁である新門火鉢でした。

 

炎炎ノ消防隊を最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『炎炎ノ消防隊』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊220話の感想と考察

タイトルの『原国の父』ではありましたが、話の流れがここ最近のと同じくシンラの空白の3ヶ月のことを補完するような展開が冒頭は描かれており、このタイトルで本当に大丈夫なのか不安になりました。

 

しかし、後半で紅丸の回想シーンとなり、新キャラの新門火鉢が登場。

 

普通のキャラであれば『火鉢新門』になるとことですが、ここでは『新門火鉢』と表記していることを踏まえ得ると、火鉢は原国主義者なのではないでしょうか。

 

また、性が『新門』なので紅丸と親子関係にあるのと思います。

 

このことから、今回のタイトルの『原国の父』というのは、原国主義者で紅丸の父の火鉢という意味が込められていたのではないかと思います。

 

ただ気になるのは紅丸の火鉢への視線です。

 

次回で火鉢をこの理由が明らかになると思うのですが、修行を始めるような感じで終わっているので、もしかするとここでは紅丸が行なったシンラたちに対する独特な修行方法の誕生秘話も描かれるのではないかと思いました。

 

今回の終わり方を踏まえるとこうなる可能性があると思いましたが、もしかすると予想とは全く違う展開にになる可能性もありそうです。

 

いずれにしても、ここで回想を入れたことには意味があると思うので、この話が今後どう関わっていくのかとても気になります。

 

<< 219話 一覧 221話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました