スポンサーリンク

推しの子5話ネタバレ考察感想あらすじ!監督の目に留まる喋りすぎる赤子

漫画ネタバレ

2020年5月28日発売の週刊ヤングジャンプ2020年26号で、『推しの子』5話が掲載されました。

 

アイドルとして活動するアイを前世から推している双子のアクアとルビー。

 

アイの仕事に同行すると・・・。

 

本記事では、『推しの子』5話『監督と女優』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 4話 一覧 6話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

推しの子5話のあらすじネタバレ

あれから1年が経ち、アクアとルビーは子どもとして見た目に喋っていても怪しまれないようになってきました。

 

ただ中身は子どもではないので、子どもが絶対使わない難しい言葉を言ってしまった時、一瞬ひやりとするも、アイはただこの子たちは天才かもしれないと全く怪しむ様子はありませんでした。

 

着実に仕事を増やしているアイの初ドラマ収録の日、アイとミヤコと一緒に2人も仕事に同行することになりました。

 

ミヤコは絶対アイのことをママと呼ばないように、ミヤコの子どもという設定を忘れないようにと釘をさします。

 

現場に着くと、監督が怖い顔をしてアイをじっと見つめます。

 

その様子にアクアとルビーは監督の顔が怖いとひそひそ話をします。

 

それを聞いた監督はマネージャーが現場に子連れで来るか・・・と言うので、ミヤコたちは怒られるかと思いきや、時代だから仕方がないと一人納得した様子でその場を去ります。

 

アクアとルビーは他のアイドルや女優たちに可愛いと抱っこされていると、監督がアクアのところにやってきて、泣いて収録を止めたら締め出すぞと言います。

 

それを聞いたアクアは、絶対そのような粗相はしませんので何卒アイをご贔屓にと言うと、監督はこんなに喋る赤子は見たことないと驚きます。

 

どこでそんな言葉を覚えたんだと聞く監督に、ユーチューブで少々と答えるアクア。

 

監督は演技もするのかと聞き、画的におもしろいから使いたいと言って自分の名刺を差し出し、どこか事務所に入ったら電話しろと言います。

 

アクアは仕事ならアイに振ってほしいと言うと、監督はアイは頭はいいが運があれば生き残れるだろうと言います。

 

なぜ運が必要なのかと聞くアクアに監督は役者には3通りあると言います。

 

1つは看板役者、2つ目は実力派、3つ目は新人役者で、生き残れるのは何かの一流だけだと言います。

 

それを聞いてアクアは、アイはアイドルとして一流だからと言うと、監督はアイドルとして一流でも仕方がないと言います。

 

ちょい役のアイが演じているのを見た監督は、演技は普通だけれど、やけに目を引くと言います。

 

アクアはステージ上だとみんなに可愛くしないといけないけれど、ドラマはカメラに可愛く思ってもらえればい、MVと同じ感覚なら得意だとアイは話していたと監督に言います。

 

そして1ヶ月後、ドラマ放送の日、みんなでテレビに釘づけになって観ていると、ワンシーンでちょっとしかアイは映っていませんでした。

 

あまりにもちょっとしか映っていなかったことに、アクアは前にもらった名刺を出してきて監督に電話をし、抗議をしました。

 

すると監督は主演女優が可愛過ぎる演技派女優として売り出している子で同じ画面にいるアイの方が目立ってしまったから、それだけあの画面でアイが可愛過ぎたから上からの命令で編集段階で削ることになったと説明します。

 

納得いかないと言うアクアに、その代わりにアイに映画の仕事をお願いしたいと言います。

 

ただし、お前も一緒に出るのが条件だと監督はアクアに言いました。

 

スポンサーリンク

推しの子5話の感想と考察

粗相しませんとか、何卒お願いします、なんていう言葉を使う1歳過ぎた子どもって、かなり怪しいと思うのですが、ある程度大丈夫だろうという感じで過ごしている2人が面白いです。

 

監督とアクアのやりとりが言葉だけだと大人同士、おっさん同士の会話なのに、赤ちゃんと大人の会話として成立しているし、赤ちゃんに名刺を普通に渡すこの監督は相当変わっている人なのかもしれません。

 

監督が見るからにアイはやっぱり他の子よりも飛び抜ける何かを持っているのではないでしょうか。

 

生き残るために運が必要と言っている監督の言葉も確かに納得ですね。

 

実際アイドルなんてごまんといる中でテレビや映画に出られるのはほんのひと握りの人だけですしね。

 

主演女優より可愛過ぎたアイはこのちょい役で、少なくともこの監督の目には止まったからこれも運といえると思います。

 

監督はアイよりもアクアに興味がありそうなので、次回はアクアが子役としてデビューするのでしょうか。

 

アイとは親子だとバレていないので、アイと共演したらさらにアイの可愛さが引き出されて、アイが有名になるチャンスかもしれませんね。

 

アクアとルビーの俳優デビューが楽しみです。

 

<< 4話 一覧 6話 >>

 

\ 漫画読むなら U-NEXT がおすすめ!/

  • 31日間の無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえる
  • すべての作品が、購入金額の最大40%ポイント還元される
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる
  • 見放題作品数No.1!無料トライアル中でも180,000本以上の動画が見放題
  • 解約がとっても簡単

\ スキマ時間がもっと楽しくなる!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画ネタバレ 推しの子
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました