スポンサーリンク

彼女お借りします141話ネタバレ考察感想あらすじ!瑠夏のドキドキ誕生日!

漫画ネタバレ

2020年5月27日発売の週刊少年マガジン2020年26号で、「彼女、お借りします」141話が掲載されました。

 

「彼女、お借りします」141話では、和也の彼女になって初めての誕生日を迎えた瑠夏は、プールに行こうと和也を連れ出します。

 

瑠夏の水着姿にドキドキしていた和也は、瑠夏からの大胆なお願いに戸惑っていました。

 

和也は無事に、誕生日デートを終えることが出来るのでしょうか。

 

本記事では、「彼女、お借りします」141話「お願い事と彼女③」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 140話 一覧 142話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

彼女、お借りします141話のあらすじネタバレ

日焼け止めを塗って欲しいという瑠夏からのお願いを、何とかこなした和也。

 

次はどんなお願い事をされるのかと、ドキドキと不安で胸がいっぱいで空を見上げます。

 

 

和也にストロベリーとバニラのソフトクリームを買ってもらった瑠夏は、嬉しそうにはしゃいでいます。

 

今回のガーデンプールの入場料とランチとソフトクリームで、14,000円の支払いをしている和也は、どんどん軽くなっていく財布に涙を流します。

 

先ほどみたいな、大胆なお願い事をされるのかと身構えていた和也は、ソフトクリームで喜んでいる瑠夏を見て、少し拍子抜けのようです。

 

ソフトクリームを美味しそうに食べる瑠夏は、食べかけのソフトクリームを和也に差し出します。

 

一口食べた和也は美味しいと言い、嬉しそうに食べる瑠夏を見て、間接キスくらいならいいかと未だに警戒しています。

 

瑠夏はソフトクリームを食べながら、ここのホテルのディナーがあることを思い出します。

 

 

ホテルのビュッフェは初めてだと喜ぶ瑠夏と、更に財布が軽くなって青ざめる和也。

 

さすがに誕生日の瑠夏に、デート代を払わせることは男として出来ません。

 

それに先程のような、心臓に悪いお願い事をされるよりお金で済むことの方がいいと遠くを見つめます。

 

周りから見たら、羨ましがられるくらい可愛い瑠夏。

 

お金を払ってでも瑠夏と一緒に居たい人はいるだろうなと、和也は瑠夏を見つめます。

 

そんな瑠夏が和也に、笑顔で手を差し出します。

 

レンカノの時みたく、お金が発生するのかと驚く和也。

 

瑠夏は、和也からの誕生日プレゼントを楽しみにしています。

 

しかし和也は、プレゼントをあげたら更に勘違いをされてしまうと思い、準備していませんでした。

 

あまりのショックに食欲が無くなったと落ち込む瑠夏ですが、逆にヤケ食いをしてやると意気込み、和也の取り皿にも手を伸ばします。

 

 

外も暗くなり、解散するかと和也は瑠夏に聞きますが、瑠夏は最後に行きたいところがあるようです。

 

 

瑠夏が行きたかった場所とは海でした。

 

まさにデートの詰め合わせだと思った和也。

 

しかし夜の海辺はカップルだらけで、そうゆう雰囲気になると和也は気づき、瑠夏にこれを狙って来たのかと問い詰めます。

 

思わず顔が緩む瑠夏。

 

和也は呆れますが、この前の水原との旅行のことなどを考え、瑠夏がここまで無理をする気持ちもわかると納得します。

 

和也は自分のことを本当に好きでいてくれる瑠夏に、無理をさせていて悪いと謝ります。

 

しんみりとした和也の肩を、瑠夏は思い切り叩きます。

 

瑠夏は無理なんかしていないと、大きな声で否定します。

 

水原と和也を見ていて焦ったりもするが、今日のことはそれだけではないと言います。

 

女の子だから、誕生日くらいはお姫様になりたいと、少し恥ずかしそうに言う瑠夏。

 

瑠夏にとって和也は運命の人で、たった一人の王子様だと思うのは変かなと和也に聞きます。

 

和也は変じゃないと答え、瑠夏があまりにもいい子過ぎると改めて実感します。

 

今日一日、瑠夏のことを勘ぐっていた自分が恥ずかしいと思う和也。

 

こんないい子を自分のせいで振り回していると反省し、このままではやはりだめだと和也は瑠夏に話します。

 

そんな和也に瑠夏は、山手線と中央線どちらが好きかと質問します。

 

スポンサーリンク

彼女、お借りします141話の感想と考察

瑠夏がいい子すぎると感じた回でした。

 

最初はあの大胆なお願いをしてきて、そうゆうことを狙っているのかと思っていましたが、純粋に誕生日を過ごしたい、いい子でした。

 

初めて大好きな人と過ごす誕生日ですもんね。

 

そりゃ特別なことをしてほしいですし、自分だけを見て欲しいです。

 

今回の瑠夏の気持ちを知ったら、瑠夏が和也の家に来てからのことがすべて可愛くて、胸が苦しくなりました。

 

最初から瑠夏の気持ちがわかっていれば、和也ももっと純粋に誕生日を祝ってあげていたかもしれないですよね。

 

和也はずっと、瑠夏が何か企んでいると疑っていましたから、今までの行動に後悔しますよね。

 

こんないい子を振り回しているのは自分だし、そんな自分は別の人が好きとか、なんて辛い関係ですか。

 

どれだけいい待遇を受けているんでしょうか和也は。

 

結局は、和也は水原が好きだからと、瑠夏をそのうち振ることになると思います。

 

滅多に居ない、こんな可愛くていい子を振るなんて、どんな人生なんですか。

 

これからのことを考えると辛くて、見守るのがきついです。

 

しかし最後の瑠夏の質問は、一体どういう意味なんでしょうか。

 

まったく予想が出来ません。

 

瑠夏が言いたいこととは何なのか、次回も気になります。

 

<< 140話 一覧 142話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました