スポンサーリンク

サタノファニ118話ネタバレ考察感想あらすじ!絶体絶命のカチュア!

漫画ネタバレ

2020年1月11日発売の週刊ヤングマガジン2020年7号で、『サタノファニ』118話が掲載されました。

 

サタノファニ118話は、根津にやられそうになっていた所をレイカに助けられたカチュア。

 

カチュアはもしかしたら味方になるのではないかと思って彼女に目的を話します。

 

レイカも元々は学校の職員で教師をしていて教団を批判していた息子が行方不明になったから、清掃員として潜入していた事を話すのです。

 

小夜子は真希と再会しますが、彼女は千歌達のせいで瀬里は命を落としたと言って銃口を向けました。

 

その頃、カチュアとレイカは後を追ってきた根津と配下のダーキニー達に襲われ、カチュアは磔にされたのです。

 

逃げようがないカチュアの運命はどうなるのでしょうか。

 

本記事では、サタノファニ118話『レイカさん』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

サタノファニ118話のあらすじネタバレ

根津によって催涙スプレーを浴びせられたカチュアをレイカは助けると、彼女を支えてトイレの外へと連れていきます。

 

この事からレイカが信者じゃない事を知った根津は激昂して、彼女を仕留めようと息巻くのです。

 

そんな彼女の声が聞こえたカチュアはポケットに仕込んでいたスイッチを押すと、トイレの個室の一つが爆発します。

 

だが根津は辛うじて生きており、カチュアもまたまだ爆弾を多く仕込んでなかったのを知っているのか仕留めている気がしていなかったのです。

 

カチュアはレイカに保健室に連れていくように言い、レイカはカチュアに何が起こっているのかと尋ねます。

 

そうしたらカチュアはバランスを崩すと、カツラが脱げてしまったのです。

 

ここまでの行動からレイカは敵ではないと判断したカチュアは、細かい事を端折りながら友達を助けるために仲間と共にここへやって来たのだと言い、目的が達成するまでは黙っていてほしいと頼みます。

 

話を聞いたレイカは自分もカチュアと同じだと言ったのです。

 

レイカは元々この学校の教師であり、息子も同じ学校で教師をしていたけど7月に行方不明になったのだと言います。

 

信じられなかったレイカは警察に行ってみたが、まともに取り合えってもらえず、もしかしたら息子は批判していた教団によって何かされたのかもしれないと考えたのです。

 

教団に掛け合ったが取り合えって貰えなかったから、清掃員にとして再就職して探していると血が付いている息子のハンカチがあったのである。

 

教団が来るまではこの村は貧しくても明るかったが、教団が来てから信者以外の皆は怯えているとカチュアに言うと、協力すると告げました。

 

彼女達の行動は龍野に見られており、彼は根津に連絡をして彼女達が保健室に向かっている事を教えると、根津から見習いのダーキニー達を借りると言われたのです。

 

その頃、真希と再会した小夜子は他の皆もいるから一緒に帰ろうと言います。

 

しかし、真希は千歌達のせいで瀬里は命を落としたと泣きながら言って拳銃を向けたので、小夜子は驚愕の表情をしたのです。

 

保健室では千歌とカレンが平と睨みあっており、桜川とあやの元には信者と思われる者達が来ていました。

 

そしてカチュアはレイカと共に保健室へと向かおうとしていて、もう少しで着こうとしていたがそこには先回りをしていた根津と見習いのダーキニー達が待ち構えていたのです。

 

隠しカメラからこの映像を見ていた女医は、ダーキニー達の連携から見て司令塔的存在がいるのではないかと感じていました。

 

そうしたら龍野が現れて隠しカメラを拾って彼女を話しかけると、女医は龍野が一枚噛んでいた事を察するのです。

 

そしてカメラ越しから自分の方が天才であることを証明するために、自分が作ったダーキニー達がメデューサ達を潰すと宣言し、根津達はカチュア達を拘束していました。

 

それから意識を取り戻したカチュアは実験室らしき部屋で何故か下着姿のまま、十字架に磔とされていたのでした。

 

スポンサーリンク

サタノファニ118話の感想と考察

村そのものが教団の味方だと思っていましたが、レイカの事から必ずしも村全員が味方ではなかった事が今回の事で明らかになりましたね。

 

教団は後から村に来て、言葉巧みに多くの信者を得ていき、教団に不満を抱いている者達に対してはレイカの息子のような事をして、無理矢理従わせているのでしょうね。

 

場合によってダーキニー達を動かして、秘密裏に口封じしていたのだと思います。

 

他のメンバーも動けない今、絶体絶命のカチュアはどうなっていくのかが気になりますね。

 

次回はレイカが根津によって始末されるのではないでしょうか。

 

今回の話の最後でカチュアが捕まっていると言う事は、レイカもまた彼女と同じ目に遭っている可能性は十分にあるはずです。

 

それに根津はレイカが信者じゃない事、カチュアを助けた事から敵である事は判断していますし、彼女が学校に清掃員としてきた理由も龍野から聞いていると思いますので始末をすると思います。

 

レイカの口ぶりから内心で教団に不満を持っている者は大勢いると思いますので、自分達に歯向かえばどのような目に遭うかと言う見せしめのために中継させて始末させるのではないでしょうか。

 

それから根津は所謂メインディッシュであるカチュアを襲うのだと思います。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました