スポンサーリンク

サタノファニ117話ネタバレ考察感想あらすじ!各地で起こる戦い!

漫画ネタバレ

2020年1月6日発売の週刊ヤングマガジン2020年6号で、『サタノファニ』117話が掲載されました。

 

サタノファニ117話は、悪足掻きと言わんばかりに、平はスペッナズナイフを放ってカレンの服を切り裂いたのです。

 

しかし、彼女はこの事に高揚して自身の大切な部分から液体を放って彼を戸惑わせると共にベッドを持ち上げて叩きつけます。

 

これで勝負ありかと思われたが、平はかわしており、しかもねじ折った首も元に戻していたのです。

 

その頃、小夜子は2人のダーキニーを返り討ちにし、千歌を探していると真希に遭遇していました。

 

そしてカチュアは根津と睨みあっている中、一旦我に返ったカチュアは一旦謝ると共に彼女の肩に手を置いたのです。

 

そうしたら根津が急に倒れ、カチュアは近づくと催涙スプレーを浴びせられます。

 

不意を突かれたカチュアでしたが、レイカによって助けられたのです。

 

果たして、彼女の思惑とは何なのでありましょうか。

 

本記事では、サタノファニ117話『潮』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

サタノファニ117話のあらすじネタバレ

最後の悪足掻きだと言わんばかりに、カレンに向かってナイフを飛ばした平。

 

彼が飛ばしたナイフはスペッナズナイフと言うソ連の特殊部隊・スペッナズが使用した特殊なナイフです。

 

柄に仕込んだ強力なスプリングにより射出されたブレードは射程5メートル時速60キロに達します。

 

そのナイフによってカレンのシャツは切り裂かれ、スカートも破れて落ちてしまい、傷もついてしまったのです。

 

しかし、カレンのマーダーモデルであるアルバート・フィッシュは多くの人間を始末してきたと同時に痛みに快感を覚える人間なのであります。

 

それ故にカレンは痛みを得たことで非常に高揚し、自身の大切な部分から液体が出てきて、平の顔に当たったのです。

 

その間にカレンは近くにあったベッドを持ち上げて、彼目掛けて叩きつけました。

 

しかし、ベッドを叩きつけた場所に平はおらず、彼は窓際にいてしかもねじ折った首も元に戻っていたのです。

 

どうして元に戻ったのか疑問に思っているカレンを尻目に、二重関節(ダブルジョイント)だなと叫ぶ千歌。

 

平は関節の可動域は180度を超えていると言い、その証拠に自らの首の関節を180度曲げます。

 

二重関節(ダブルジョイント)とは、関節過可動性とも言って親指が手の甲につく等可動域が先天的に通常の人より広い関節の事を言い、これが出来る人間は20人に1人の割合とされているのです。

 

平は自身と互角の戦闘力と、人を始末するための手段を自分よりも多くある千歌に対して惚れたと呟きます。

 

一方、小夜子を強襲していたであろう女子生徒のダーキニー達は目を見開いたまま苦しい表情をしていたのです。

 

彼女達をこのようにしたのは小夜子で、ハンカチで鼻を抑えながらそれなりの用意はしていると口にします。

 

小夜子は彼女達に今吸引したのは生物界最強のボツリヌス毒素に数種の毒をブレンドさせた特製品だと言ったのです。

 

その毒を吸えば急速に四肢や呼吸器を麻痺させて、やがて命を落とすと語る小夜子。

 

しかも意識がはっきりしたままと付け加えた小夜子は教室を後にします。

 

千歌と連絡を取ろうとしますが、妨害電波が流れているせいなのか携帯が通じなかったので連絡できなかったのです。

 

そうしたら声がしたので振り返ると、真希がいました。

 

その頃、あやは桜川に車椅子を押されている状態で、女子生徒達と帰宅していたのです。

 

あやは差し障りのない話をするも、自分の情報は既にいっている筈なのに敵意が感じないので外れかと思っていました。

 

今のうちにたい焼きを食べ始め、そうしたら桜川が欲しがっていそうな顔をしており、あやは彼女と女子生徒達に分け与えたのです。

 

桜川がたい焼きを食べている様子を見ていたあやは、彼女から不気味なものがあると感じたけど勘違いかと思っていました。

 

その頃、カチュアは根津からトイレが汚い、おばさん呼ばわりされてイラッとしていたがすぐに我に返って、今度は綺麗にすると、自分はお姉さんだと言って彼女の肩に手を置いたのです。

 

しかし、肩に手を触れられた彼女は突然叫んで倒れたので、かなり困惑するカチュア。

 

レイカも駆けつけ、カチュアは根津に近づいて声をかけるも彼女に催涙スプレーを浴びせられます。

 

意識が朦朧としている彼女に根津は起き上がって、高揚しながらカチュアの肉はどんな味かと言ったのです。

 

そうしたらレイカがトイレで使う酸性のクリームを根津に浴びせると、カチュアを連れて逃げ出しました。

 

スポンサーリンク

サタノファニ117話の感想と考察

まさかの不意打ちを喰らったカレンでしたが、取りあえず無事で良かったです。

 

前回の話の雰囲気だと重傷を負ったのだと思っており、軽傷と服が破れたくらいで済んだので内心安堵しました。

 

しかし、平が関節を自由自在に操れるのは厄介ですね。

 

そうなりますと体を折って仕留めるのは厳しいので、刃物で確実に仕留めるしかないなと思いました。

 

唯一、ダーキニーとしての役目をしていない桜川は少し不気味ですね。

 

周りが学校の外であり、周りの女子生徒達がダーキニーではない、あやが敵だという情報が届いてない又は忘れているという可能性がありますがそれを加味しても不気味だなと思いましたね。

 

もしかしたら、あやは車椅子なので狭い場所では思うように動けないのを読んで普通の生徒のふりをして、狭い場所に到着すると同時に本性を露わにするのではないでしょうか。

 

次回は、レイカが何故カチュアを助けたのかが明らかになります。

 

恐らく彼女はダーキニーではなく、普通の一般人の可能性があるでしょう。

 

もし、ダーキニーだったら視界を奪われたカチュアを始末する絶好のチャンスを逃さずに仕留めると思いますので、それをせずに彼女を助けたのはごくごく普通の一般人である証だと思います。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

\ 漫画読むなら U-NEXT がおすすめ!/

  • 31日間の無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえる
  • すべての作品が、購入金額の最大40%ポイント還元される
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる
  • 見放題作品数No.1!無料トライアル中でも180,000本以上の動画が見放題
  • 解約がとっても簡単

\ スキマ時間がもっと楽しくなる!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画ネタバレ サタノファニ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました