七つの会議(映画)9tsuやopenloadで無料視聴は危ない?動画配信フルで見れる安全な方法!

映画無料視聴

映画『七つの会議』のフル動画を安全に無料視聴する方法

映画『七つの会議』は、動画配信サービスU-NEXTなら安全に動画をフルで無料視聴することができます。

 

U-NEXTは、31日間の無料お試し期間が設けられている上、登録時に600円分のポイントがもらえます。

 

映画『七つの会議』は550円で配信されているので、登録時にもらえる600円分のポイントを利用すれば、無料で視聴することが可能です!

 

もちろん無料お試し期間中に解約すれば費用は一切かかりません。

 

登録や解約も2~3分程度でできるので、とっても簡単でオススメの方法です。

 

▼『七つの会議』を無料視聴▼

無料期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。解約はボタン一つで簡単にできます。

 

※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイト にてご確認ください。

9tsuやopenloadでの動画視聴は危険?


動画を無料で視聴する場合、無料動画共有サイト、いわゆる違法アップロードサイトを利用しようと考える人もいるのではないでしょうか。

 

違法アップロードサイトには次のようなサイトがあります。

・Dailymotion

・pandora

・9tsu

・B9

・kissanime

・GoGoAnime

・Anime Planet

・openload

・9anime

・MioMio

・アニポ

・アニチューブ

・ひまわり動画

etc.

 

これらの違法アップロードサイトは、著作権の侵害を犯し、違法に動画をネット上に掲載しています。

 

無料で動画が観られることから、ついつい利用してしまう人が後を絶ちません。

 

しかし、何のリスクもなく無料で観られるなんて、そんな虫のいい話があるはずもなく…

 

これらのサイトを閲覧すると、ウイルス感染や個人情報漏えいなどの危険性が潜んでいます。

 

 

こういった危険性を回避するためにも、違法アップロードサイトはやめておいたほうが無難ではないでしょうか。

 

安心安全に動画を楽しみたい方は、公式の動画配信サービスの利用をおすすめします!

 

映画『七つの会議』を視聴するならU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTは、2007年にサービスを開始した日本の動画配信サービスのパイオニアであり、純国産サービスとしてはシェアNo.1!

 

老舗だからこその安心感と、あらゆるジャンルを網羅した豊富なコンテンツにより、安心安全にいつでも最高の時間を楽しむことができます。

  • 31日間の無料キャンペーン有り
  • 登録するだけで600ポイントがもらえる
  • 180,000本の動画が見放題
  • 80誌以上の雑誌も読み放題
  • 電子書籍数は57万冊以上
  • 動画をスマホにダウンロードして、オフラインで視聴可能
  • 1登録で4アカウント作成可能 ※4人同時視聴もできる
  • 無料期間後は月額1,990円(税別)  ※毎月1,200ポイントがもらえます
  • 解約がとても簡単こちらを参照)

圧倒的な見放題作品数!

U-NEXTでは、追加料金なしで見ることができる見放題作品数は18万本以上あり、他社と比べるとその数は群を抜いてます。

 

※もっとも作品数の多いサービスを「100」とした値。2020年3月度集計。

 

『七つの会議』を見終わった後でも、たくさんの映画やアニメ、ドラマなども、思う存分楽しむことができます!

 

家族みんなで楽しさをシェア!

U-NEXTの「ファミリーアカウントサービス」では、たった1人が登録するだけで、追加料金なしで最大4つのアカウントを作ることができるので、家族みんなで楽しむことができます。

 

 

1つのアカウントを使い回すわけではないので、お父さんは映画、お母さんはドラマ、お兄ちゃんは漫画、お姉ちゃんはアニメ、といったように、自分の好きな作品だけをお気に入り登録して楽しむことができます。

 

最新作などの有料作品は、いずれか1つのアカウントが購入すれば、すべてのアカウントで視聴できるようになるので、動画だけでなく、漫画などの電子書籍も簡単に回し読みできます。

 

購入制限やR指定作品の視聴制限、セキュリティ設定もできるので、お子様にも安心です。

 

便利なダウンロード機能!

U-NEXTは、ブラウザ版だけでなく、アプリ版も用意されています。

 

アプリを使えば、お気に入りの動画をスマホにダウンロードできます。
(※ダウンロードできない作品もあります。)

 

 

Wi-Fi接続時にダウンロードしておけば、通勤や通学時間、外出先など、ネットにつながなくても動画を楽しむことができるので、待ち時間やスキマ時間が楽しくなります!

 

▼今すぐ31日間無料お試し▼

 

映画『七つの会議』関連作品もU-NEXTにおまかせ!

圧倒的な作品数を誇るU-NEXTなら、映画『七つの会議』関連作品も盛りだくさん!

 

31日間の無料期間を映画『七つの会議』だけ見て終わらすには、勿体なさ過ぎます。

 

U-NEXTでは、映画『七つの会議』に出演している野村萬斎のその他の出演作品も配信されています。

  • 陰陽師
  • 陰陽師II
  • 花戦さ
  • のぼうの城
  • スキャナー 記憶のカケラをよむ男

 

同じく映画『七つの会議』に出演している香川照之のその他の出演作品も配信されています。

  • フリック 完全版
  • カイジ2 人生奪回ゲーム
  • 劇場版 MOZU
  • 流星ワゴン
  • 鍵泥棒のメソッド
  • アンフェア

 

同じく映画『七つの会議』に出演している及川光博のその他の出演作品も配信されています。

  • 相棒 season8
  • 悪貨
  • 君は月夜に光り輝く
  • 明日の約束
  • スミカスミレ 45歳若返った女
  • がん消滅の罠~完全寛解の謎~

 

また、映画『七つの会議』関連の小説などの書籍も配信されています。

 

ぜひこの機会に、気になっていた作品やもう一度見たかった作品など、映画『七つの会議』以外もU-NEXTで楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

▼登録も解約もカンタン▼

 

映画『七つの会議』の作品紹介

映画『七つの会議』は2019年に公開された、池井戸潤の同名小説を原作とした野村萬斎主演の実写映画です。

 

池井戸潤の原作を豪華キャスト共演で実写化した企業犯罪エンターテイメント

見どころ

主演は存在感のある演技に定評のある野村萬斎。その脇を香川照之、及川光博、片岡愛之助らが固める。会社が抱える闇と、それに立ち向かう社員という構図に思わず熱が入る。

ストーリー

都内にある中堅電機メーカー・東京建電の営業一課の係長・八角民夫は“ぐうたら社員”。彼は課長の坂戸からその態度を叱責されていた。ある日、八角からパワハラを訴えられた坂戸は異動処分を下される。坂戸に代わり、万年2番手の原島が課長に着任するが…。

キャスト

出演

(八角民夫) 野村萬斎
(北川誠) 香川照之
(原島万二) 及川光博
(坂戸宣彦) 片岡愛之助
(三沢逸郎) 音尾琢真
(新田雄介) 藤森慎吾
(浜本優衣) 朝倉あき
(佐野健一郎) 岡田浩暉
(田部) 木下ほうか
(淑子) 吉田羊

スタッフ

監督:福澤克雄
原作:池井戸潤
音楽:服部隆之
脚本:丑尾健太郎、李正美

(引用:U-NEXTサイト)

映画『七つの会議』の感想

想像以上におもしろかったです!主演の野村さんをあまり知らなかったこともあり、予告の段階ではそれほど期待値は高くなかったのですが、とってもおもしろくて引き込まれてしまいました。これぞ日本企業の形と言うほどに、上に逆えず、出る杭は打たれるような我が国の問題点を描いています。きっとそんな会社や日本に不満や不信感を抱きつつも、何も行動はできない人々がたくさんいるのではないかと思いました。私もそうですが、やはり日本人の場合少数になるのが怖く、自信がない性質な気がします。しかし、そんな人にこそ突きささる、考えさせられることがたくさんある良い映画でした。とにかく俳優さんが豪華で、オールスターと言わんばかりの方々です。良い映画でした。

20代女性・会社員

 

最初の時点では、野村萬斎は駄目社員のような感じで話が進むのですが、ちょっと不気味で何を考えているかわからないキャラクターとして、絶妙な演技力を発揮しています。そして、もう一人の大きな存在が香川照之で、最初から全力の顔芸も披露してくれて、始まり20分で期待が大分膨らんできます。ストーリーが進んで行くと、何故だか駄目社員八角に逆らうと人事異動で飛ばされるというサスペンス的な感じになるのですが、何か裏がある深みある話に、中だるみもなく見ることが出来ます。そして、ラストに向かって、その意味がわかってくるのですが、ここからの萬斎さんの演技が一気にキレキレになり、会社の闇をさらけ出すところは、スカッとする内容でした。二面性をうまく使い分ける野村萬斎の演技と、鬼気迫る迫真の香川照之だけでも見る価値のある作品と思います。

40代男性・サービス業

 

私は大企業に勤めたことはありませんが、七つの会議を始め、そうしたテーマの作品が多くあることを思うと、これが日本の社会なのかと思わされました。しかし、こうした作品が増えていくことで少しずつでも社会が変わっていったらと願います。私はこの作品の中で、ドーナツの車内販売をしていた女性社員にはとても共感しました。退職前に、自分がこの会社にいた意味を残したい、という思いは私自身も前職を退職する前に思っていましたし、多くの人が抱くのではと思います。会社で働くと、上司の命令は絶対、いつのまにか自分1人が悪者にされているという場面は頻繁に見られます。不正はなくならない、しかし少なくしていくことはできる。本作品の主人公が経験した後悔のようなことや会社のトップまでもが関わる不祥事などが起こらないためにも、会社の在り方が今問われているのだと思いました。

20代女性・専業主婦

 

監督は『陸王』『下町ロケット』「半沢直樹」シリーズなど、池井戸ドラマの演出を手がけた福澤克雄監督です。キャストも福澤組(?)の面々です。すでに見ごたえがあります。主人公の八角民夫を野村萬斎さんが演じます。正直彼の演技は癖があり普段だと苦手なのですが、本作ではハマってます。本作は複数のストーリーがオムニバス形式で話が進むのですが、展開も難しくなく、しっかりとした構成になっています。原作を読まずとも、そのあたりは問題なくすっと観れる構成になっていて、そこは福澤監督さすがだなと思いました。出演している俳優陣を見てほしいのですが、そうそうたるメンバーが集まっています。とにかく、目力が強い俳優陣が集まっていて、彼らのやり取りは必見です。

30代男性・広告関連

 

典型的な一流企業とその組織の中の一社員、という構図以外にも人情味や正義感があふれた仕上がりになっていたのでとても面白かったです。まず、役者がぴったりとその役柄を演じているところです。野村萬斎さんが、一見ぐうたら社員に見えても過去の過ちをしっかりと見据えて今回の腐敗した欠陥隠しを許さない、という姿勢を貫いた役柄を演じきったところがとても好感が持てました。そして、香川照之さんが演じる、サラリーマンとして上司の言うことを聞きつつも真実を求めようとする姿にも感動しました。どんでん返しやほっとする会社内の様子など、見ていて展開の良さに好感を持てる映画です。池井戸潤の小説はこの原作は読んでいませんが、ほかの作品を読んでいたので、この映画には大変期待していました。それに応えるようなとても楽しめる映画でした。

40代女性・会社員

 

一言で言うと今働いているサラリーマンにぜひ見てほしい、いやこれからサラリーマンとして働く人にも見てほしい作品です。勿論映画なのでフィクションな部分はありつつも、本当に起きた、起こりえる話で時間を忘れ引き込まれっぱなしの時間でした。私も会社員として会社という組織に属しているため、それぞれの立場での正義、何を大事にして仕事をするのかを改めて考えさせられる作品です。立場が変われば正義も違い、悪と正義が逆転することもあります。組織が大きくなればなるほど様々な立場、関係性のもと組織は成り立つので、自分だけの力ではどうすることもできない事は現実と共通する所です。しかし、その中でも信念を持って仕事をする大切さ、誠実さを改めて教えてくれる作品です。ブラック企業だから、大企業だからなどは関係なくどの会社でも起こりえる事例の為、ぜひ会社員の方には見ていただきたい作品です。

30代男性・会社員

 

野村萬斎さん、こういった役も上手で幅広さを感じました。単なるネジの不良、でもそれが誰かの命を奪う結果とならないとは限らないのです。日本のサラリーマンたちはこうやって頑張っているのだなと思えました。池井戸作品らしさが溢れ、正にサラリーマンたちが共感しながら見るはずです。こういった世界、隠れているけれども絶対に多くの会社で起こっていることでしょう。お仕事に希望をもってシュウカツをしている若者やパパに「行ってらっしゃい」と笑顔で送り出している子供たちには見せてはいけない現実です。伏線が其処ここにあって、それがどんどん繋がっていく様子に引き込まれました。土台がちゃんとしていて、やっぱり小説が原作となる映画はいいです。

40代女性・専業主婦

 

サラリーマンである私にとっての池井戸作品は、ある意味親近感は湧くのですが、自分の会社とどうしても比較してしまいます。なので中小企業勤めの私にとって、今回の作品は手に届かない大企業のお話なので、あまり見ていて共感は覚えられませんでした。豪華なキャストと確かな演技力で、飽きることなく最後まで見れましたが、心に響いたシーンというのは無かったです。野村萬斎さんの演じるキャラが現実味がなく、社内の対立も絵空事のように感じました。リコール、隠蔽と池井戸作品のパターンが好きな人には良いかもしれませんが、私個人は今一つのり切れませんでした。ただ、不正を暴かれた人間を見るのはスカッとします。そこは評価できます。

50代男性・会社員

 

小説とは、随分違うだと雰囲気だと感じました。八角の役は、もう少し抜けた感じの俳優の方が、池井戸作品に合う気がしました。2時間にまとめるとなると、切り取り方が難しいので、何と言うか?違うシナリオ・ライターでも見たいと感じます。TBSが親なので、どうしても
日曜劇場の俳優を多く起用するのですが、{下町}や{半沢}の印象が強すぎて、もったいない気がします。池井戸作品は、少し摩耗されて輝きが薄れてしまった象徴のような作品でした。公開時期も、もったい無かった気がします。それと、ポスター含め宣伝のセンスがどこに向いてるかが、分からない感じでした。格好いいんですけどね。寅さんのような、感情移入しやすい部分が無いと企業ものは難しいですよね。大泉さんの{ノーサイド}長瀬さんの{空飛ぶ}よりかは、良かったと思うのですが。

50代男性・芸能関係

 

圧倒的な存在感。際立つ違和感は野村萬斎しか体現できないだろう。かつてのエース、現在はぐーたらダメ社員。超然としながらも野卑な言動と人を食った態度なのに気品を感じさせる、奇妙な存在、ハッカクこと八角。香川照之の顔芸楽しくてたまらない。最後まで観ると、あれ、この人主役だったのでは?と思わせる及川さん。キャストの豪華さは今更だが、本当に豪華。ストーリー展開がまた楽しい。劇中さらに劇あり、という様に、七つの会議が次々と帳を開けて、裏の奥が暴かれていく。徐々に明らかになると思いきや、次の黒幕を開けるとさらにその向こうには!ラストは、ここが落とし所かあ、という感じでした。蛇足ですが、社内が佃製作所とかなり被っていて微笑ましいです。あと、この映画見るとドーナツが食べたくなります!

40代男性・非正規公務員

 

▼『七つの会議』を無料視聴▼

U-NEXTは31日間無料です。無料期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。解約はボタン一つで簡単にできます。

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました