スポンサーリンク

呪術廻戦107話ネタバレ考察感想あらすじ!陀艮VS直毘人!恐るべき特級の実力!

漫画ネタバレ

2020年5月25日発売の週刊少年ジャンプ2020年25号で、「呪術廻戦」第107話が掲載されました。

 

前話の「呪術廻戦」106話では、激闘の果てに虎杖との戦いを制した脹相。

 

しかし、突如として弟たちと食卓を囲む虎杖の姿が記憶として頭の中に流れ込み、脹相は情緒不安定になり戦線離脱しました。

 

一方、夏油の配下である菜々子と美々子が宿儺の指を手に虎杖の前に現れます。

 

七海、直毘人、真希の3人は駅構内を進んでいましたが、そこに呪霊が現れます。

 

絵の中に呪霊を封じ込める直毘人の術式が炸裂しますが、呪霊は感情を爆発させ脱皮して特級呪霊へと姿を変えました。

 

筋骨隆々の特級呪霊を前にしても動じることなく、直毘人は飄々と立ち向かうのでした・・・。

 

本記事では、「呪術廻戦」第107話「渋谷事変㉕」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 106話 一覧 108話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

呪術廻戦107話のあらすじネタバレ

直毘人と戦っていた呪霊は進化し筋骨隆々の特級呪霊へと姿を変えました。

 

手元にボールの様に固めた水を出した呪霊は、その水を叩きつけます。

 

あっという間に駅構内に水が満ちていき洪水となり、真希は槍を柱に刺してどうにか凌ぎます。

 

伏黒の術式である「満象」の比ではない物量を瞬時に生み出した呪霊の力に真希は驚きます。

 

直毘人は動じることなく、呪霊に対し、アニメーションは1秒に何フレームあるかと質問をしました。

 

呪霊はそれに応えることなく、自分の名前は陀艮(だごん)だと主張します。

 

先に現れた特級呪霊である花御や真人のように自分にも名前はあるのだと強く主張する陀艮。

 

しかし、直毘人は直毘人で昨今の解像度についてや、フレームレートの話を続けており、全く会話は噛み合いません。

 

そんな中、頭上をとっていた七海が浮遊していた陀艮を攻撃し地上に落としました。

 

そこに真希が槍で合わせて畳みかけますが陀艮に受け止められてしまいます。

 

直毘人がすかさず術式で陀艮をフレームの中に閉じ込め、そこを七海が攻撃します。

 

陀艮は水流を浮き輪のような形で纏い、七海たちの攻撃を受け止めていました。

 

七海は陀艮との戦いの手応えを、ダメージ無しというよりは、HPが果てしない感じだと表現。

 

1級術師が2人揃って祓えないとは由々しき事態だと直毘人は笑います。

 

一方、直毘人の助けが無ければ死んでいたかもしれないと悔しさを滲ませる真希。

 

水の防壁は強力だが、呪力過多であり手数も多いと分析した直毘人は、技を出す前に速度で潰すと宣言。

 

宣言した通りに、直毘人は鬼神の如き凄まじい速度で拳を何度も何度も繰り出し始めました。

 

やがて水流の防壁が追い付かなくなってきた陀艮は上空に逃げましたが、動きを先読みしていた直毘人の攻撃を避けられず殴り飛ばされました。

 

良く知る漏瑚以上の速度での攻撃を繰り出す直毘人に、そして自身の術式が全く発動できないことに驚く陀艮。

 

直毘人の連打の前に防戦一方かと思われた陀艮でしたが、突如として腹部に奇妙な模様が浮かび、領域展開を発動します。

 

陀艮の領域に取り込まれた直毘人は、1人南の島のような場所に飛ばされるのでした・・・。

 

スポンサーリンク

呪術廻戦107話の感想と考察

新しい特級呪霊との戦いが始まったのは予想外の展開でした。

 

かなりの力を持っているようですが、やはり七海と直毘人がいるとしっかり対処しており安心感がありますね。

 

どんな状況に追い込まれても絶対負けるわけないと思えてしまい、虎杖と脹相の戦いよりは緊張感が緩和されている感じです。

 

そんな中での領域展開ですから、直毘人がかなり追い込まれて死にかけるのか、もしくはさらに強力な領域を展開して打ち破るかのどちらかでしょう。

 

直毘人が領域展開を使うとしたら、アニメーションに関わるものなのでしょうか。

 

アニメのフレームに閉じ込められて、直毘人の描いたシナリオ通りに動かされてしまう、とかはありそうですね。

 

いずれにせよ、この戦いは次回で終わると思われます。

 

そんなに話数を取るほど因縁のあるキャラクター同士の戦いではありませんから・・・。

 

そうなれば、次はいよいよ忘れるなかれ、伏黒と禪院甚爾の親子対決が描かれるはずです。

 

個人的には、ここと覚醒した宿儺の無双が見たい2大シーンなんですよね。

 

今後の展開に向けてテンションを上げていくためにも、ここは直毘人の快勝で切り抜けて欲しいですね!

 

以上、引き続き107話以降も目が離せないですね。

 

<< 106話 一覧 108話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました