スポンサーリンク

ヒロアカ272話ネタバレ考察感想あらすじ!形勢逆転!死柄木の復活!

漫画ネタバレ

2020年5月25日発売の週刊少年ジャンプ2020年25号で、「僕のヒーローアカデミア」第272話が掲載されました。

 

前話の「僕のヒーローアカデミア」271話では、荼毘に殺されかけていたホークスを助けに飛び込んだ常闇。

 

荼毘の炎の攻撃が常闇のダークシャドウを照らし、力を発揮出来ずに追い込まれていきます。

 

荼毘の攻撃は弱まってきており、時間を稼ぐために口数が多くなっているのだと考えた常闇はそこを突こうとするも、その行動こそが荼毘の狙いでした。

 

しかしそこに異能解放軍の外典が現れ、氷の個性で建物を破壊します。

 

騒動に乗じてホークスを連れ、どうにかその場を離れることに常闇は成功しました。

 

その頃、地下神殿では眠っていたギガントマキアが死柄木の目覚めを感じ取り、立ち上がるのでした・・・。

 

本記事では、「僕のヒーローアカデミア」第272話「おはよう!」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 271話 一覧 273話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

僕のヒーローアカデミア272話のあらすじネタバレ

死柄木が目覚めようとしていたその頃、街の外ではヒーロー達が住民の避難を進めていました。

 

エンデヴァーのサイドキックであるバーニンが、街一帯が戦闘区域になる可能性があることを伝えて回ります。

 

爆轟、麗日、轟、蛙吹、飯田の5人は街の人達と親睦を深めながら避難誘導を進めていきます。

 

ヒーロー達の迅速な行動の賜物で次々と避難は完了していき、飯田が取り残された人がいないかを確認してアパートや老人ホームを回り始めていたその頃。

 

初代ワン・フォー・オールの声が頭の中に響き、動きを止めるデク。

 

心配して声をかける轟や爆轟の声もデクには届いていません。

 

来るよ、止めるんだ、と初代ワン・フォー・オールの声が響きます。

 

人の枷から放たれた超越者が来る、との言葉に思わず研究所の方を見るデク。

 

研究所では、予想外の目覚めに驚き身動きの取れないでいるエクスレスを尻目に、寒いと一言漏らす死柄木。

 

ヒーロー達が脳無との戦いを各地で繰り広げているその時、ドクターとプレゼントマイクの眼前の景色が突如として崩れていきます。

 

駆け付けたグラントリノのおかげで、ドクターとプレゼントマイクはどうにか崩壊に飲み込まれずに済みました。

 

ヒビが走って独りでに広がっていく様子から、死柄木の強化内容は崩壊の伝播だと理解したグラントリノは、ヒビに触れないようにと注意喚起をします。

 

次々と崩れていく研究所から走って逃げだすヒーロー達。

 

脳無に足を掴まれたイレイザーを盾で押し出し、シールドヒーローのクラストは崩壊に巻き込まれ崩れてしまいます。

 

どうにか他のヒーローは脱出に成功するも、その異常を外にいるデク達も感じ取っていました。

 

あっという間に崩壊は研究所の外まで進み、ヒーロー達が個性で迎え撃ちますが、津波の様に街は飲み込まれ崩壊を止めることは誰にも出来ません。

 

この日のために多くを積み重ね、備えてきたヒーロー達を称賛するドクターでしたが、死柄木が復活した今、全ては無駄になったと大笑いをします。

 

勝ち誇るドクターをよそに、デクはワン・フォー・オールを45%まで解放し、強烈な蹴りにより衝撃波を起こす「セントルイス・スマッシュ・エアフォース」を繰り出しました。

 

デクの決死の攻撃による抵抗も、押し寄せる崩壊の波の前にどこまで通用するか分かりません。

 

ヒーロー達は為す術なく、とにかく全力で走って逃げるのでした・・・。

 

ヒロアカ漫画BANKやrawqqやpdfダウンロード以外で無料で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では、漫画『僕のヒーローアカデミア』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKやrawqqなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですの...
スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア272話の感想と考察

 

いよいよ、待ちに待った死柄木の覚醒回となりました!

 

しかし、この崩壊を伝播させる個性はちょっと強力過ぎる気がしますね。

 

予想はしていましたが、現段階ですでに誰にも手が出せないではありませんか。

 

それはそうですよね、攻撃に触れられないわけですからね・・・。

 

しかも、オール・フォー・ワンから受け継いだ複数の個性と強化された肉体があるわけですから、まさに向かうところ敵なしになるのは間違いありません。

 

これに対抗するには、デクのワン・フォー・オールに秘められた個性の中に例えば個性無効化のようなものが無いと厳しいですね。

 

そこに加えてギガントマキアが参戦してくることも想定されます。

 

一番嫌なパターンはこの戦いにオールマイトが参戦し、ギガントマキアと死柄木を封じ込めるも死んでしまう、みたいなパターンです。

 

何度も死地を乗り越えてきたオールマイトですから、真のヒーローとして活躍するデクを間近で見てもらいたいですからね。

 

現状、ヒーローサイドに圧倒的な強さを持った人物がいないことが不安です。

 

壊理ちゃんが個性を使いこなせるようになれば、ミリオの参戦、そして再びデクがワン・フォー・オールを100%状態にすることが出来ますから、そこが切り札というところでしょうか。

 

以上、引き続き273話以降も目が離せないですね。

 

<< 271話 一覧 273話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました