スポンサーリンク

ハイキュー394話ネタバレ考察感想あらすじ!佐久早にまつわる過去話!

漫画ネタバレ

2020年5月25日発売の週刊少年ジャンプ2020年25号で、『ハイキュー』394話が掲載されました。

 

ハイキュー394話は、侑のサーブに押されっぱなしだったアドラーズだったが、星海の頑張り等によって1点差に追いつめていました。

 

星海と日向がお互いに睨みあっている姿を見た佐久早は、幾ら背丈が小さくてもこの場にいるという事は強いという事なのだと察している様子です。

 

佐久早は全てにおいて万能なプレイヤーであり、特にサーブレシーブにおいてはかなりの腕前でした。

 

果たして、そんな佐久早はどうしてバレーボールを始めたのでしょうか。

 

本記事では、ハイキュー394話『幸運な我ら』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 393話 一覧 395話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ハイキュー394話のあらすじネタバレ

高校時代、佐久早は牛島に対してどうしてそんなに強いのかと尋ねると、牛島は練習していると即答しました。

 

佐久早はそんな事は分かり切っているからと言わんばかりにそれ以外と聞くと、牛島は少し考える素振りを見せます。

 

そして運がいいと思うと閃いたかのように答えました。

 

そして現在に至り、星海のスパイクによってアドラーズがブラックジャッカルと1点差にまで追い上げていたのです。

 

佐久早は星海と日向を見て、体格に関しては運が無かったがそれでもここにいるという事は強い選手だと言う思いを抱いているみたいです。

 

ニコラスは強烈なサーブを逆サイドに向けて打つと、佐久早はレシーブでサーブの勢いを殺して上げました。

 

実況者もスパイクもサーブもいいけど、特にサーブレシーブが良いんだと佐久早を褒めていました。

 

試合をスマホで見ていた角名は佐久早に弱点有れよと思うわと愚痴ると、古森は佐久早は熱くなるとかはないけどやり始めたら中途半端が嫌だから懸命にやるんだと答えたのです。

 

そして試合会場では佐久早は回転がかかったスパイクを打ってブロックを吹っ飛ばすと共に、日向がブラックジャッカルに入った時の事を思い出します。

 

佐久早は不注意や不用意な人間が嫌いなので、日向が鴎台との試合で発熱退場した選手だと思い出し、体調管理が出来ない奴と関わらないと明確な拒絶をします。

 

しかし、日向は自分は学習したと返したのです。

 

佐久早はコートにいる皆はちゃんと注意は払っていると思うが、それでもどうしようもない事は怒ると思っている様子です。

 

古森は佐久早とは従兄弟の関係でしたが、小学生時には顔を合わせるも特に話したりはしなかったみたいです。

 

親に言われたからバレーに佐久早を誘ったら、佐久早は他にやりたいこともないからやろうと言った感じでバレーを始めたので、古森もやり始めます。

 

中途半端な事が嫌いな佐久早は上手くなるために様々な練習を行い、スパイクやサーブに回転を加えるのもこの頃から出来ていました。

 

中学生になり、佐久早はバレーボールの大会でトイレに行った際に手を洗ったのにハンカチで吹いていない選手を見て不快感を抱いたみたいです。

 

しかし、きちんと吹いていた牛島には一目置いたようです。

 

そして牛島がいる白鳥沢との試合の際、佐久早は自分と同じ回転を武器にする牛島に苦戦してチームは敗退してしまったので、レシーブを極めることにしました。

 

それからは牛島とは対戦したり選抜で一緒だったら佐久早は嬉しそうにしました。

 

しかし、高校3年生の時に白鳥沢は烏野に負けたので全国で顔を合わせることはなく、烏野も日向が発熱で倒れ、そして佐久早と古森のチームである井闥山もキャプテンの飯綱が負傷して負けてしまったのです。

 

佐久早は自分と同じように潔癖症の気がある飯綱にシンパシーを感じていました。

 

会場から去る際、飯綱は佐久早にどうせ試合中に怪我する可能性があるのだから何故泣いているのかと思っているんだろうと言うと、佐久早は準備不足や練習不足の自覚があるなら後悔するだろうけど、飯綱はどっちでもないなと言います。

 

そうしたら飯綱はどっちでもないから悔しいだと言い、佐久早は納得しつつも飯綱を可哀想とは言いたくないと言いました。

 

そして飯綱が何時か来る本当の最後の試合は絶対笑って終わってやると言ってから現在に至り、佐久早は飯綱が言った言葉を考えていました。

 

その結果、今日も明日も注意深く手を尽くして運よく何時終わってもいいと思いたいと考えに行きついたみたいです。

 

ハイキュー最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANKやhanascan以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『ハイキュー』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKやhanascanなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

ハイキュー394話の感想と考察

今回は佐久早の過去話でしたね。

 

初登場時は日本代表候補にまで選ばれる選手でしたが、人見知りで誤解を招き潔癖症な一面があり、古森がフォローするような少し問題のある人物という印象でした。

 

しかし、今回の過去話を見るに彼が日本代表候補に選ばれて当然と言わしめるくらい練習につぐ練習を重ねて隙のない技術を持った事が明らかになり、相当な努力を重ねたことが伺い知れるので1つの事を極めようと熱中する姿はかっこいいなと思いました。

 

そして牛島と接点があり、彼との出会いや彼のプレーを見たのがきっかけでより努力を重ね、密かに一目置いたことも判明しました。

 

それ故に牛島率いる白鳥沢が烏野に負けてしまった事に疑問に抱いて、代表候補による合宿で影山に突っかかってきたのでしょう。

 

次回395話は牛島がメインの話になるのではないかと思います。

 

今回の話で佐久早の過去話で牛島が登場したので、彼がメインの話になるのではないかと思いました。

 

今回の佐久早の過去話を例に挙げれば、牛島がバレーボールを始めたきっかけ、天才と認めた及川との出会い、烏野の負けた後の心境、呼ばれたわけではないのに合宿に参加した日向への密かな思い等が語られるのではないでしょうか。

 

<< 393話 一覧 395話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました