十二人の死にたい子どもたち(映画)B9や9tsuで無料視聴は危ない?動画配信フルで見れる安全な方法!

映画無料視聴

映画『十二人の死にたい子どもたち』のフル動画を安全に無料視聴する方法

映画『十二人の死にたい子どもたち』は、動画配信サービスU-NEXTなら安全に動画をフルで無料視聴することができます。

 

U-NEXTは、31日間の無料お試し期間が設けられている上、登録時に600円分のポイントがもらえます。

 

映画『十二人の死にたい子どもたち』は550円で配信されているので、登録時にもらえる600円分のポイントを利用すれば、無料で視聴することが可能です!

 

もちろん無料お試し期間中に解約すれば費用は一切かかりません。

 

登録や解約も2~3分程度でできるので、とっても簡単でオススメの方法です。

 

▼『十二人の死にたい子どもたち』を無料視聴▼

無料期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。解約はボタン一つで簡単にできます。

 

※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイト にてご確認ください。

B9や9tsuでの動画視聴は危険?


動画を無料で視聴する場合、無料動画共有サイト、いわゆる違法アップロードサイトを利用しようと考える人もいるのではないでしょうか。

 

違法アップロードサイトには次のようなサイトがあります。

・Dailymotion

・pandora

・9tsu

・B9

・kissanime

・GoGoAnime

・Anime Planet

・openload

・9anime

・MioMio

・アニポ

・アニチューブ

・ひまわり動画

etc.

 

これらの違法アップロードサイトは、著作権の侵害を犯し、違法に動画をネット上に掲載しています。

 

無料で動画が観られることから、ついつい利用してしまう人が後を絶ちません。

 

しかし、何のリスクもなく無料で観られるなんて、そんな虫のいい話があるはずもなく…

 

これらのサイトを閲覧すると、ウイルス感染や個人情報漏えいなどの危険性が潜んでいます。

 

 

こういった危険性を回避するためにも、違法アップロードサイトはやめておいたほうが無難ではないでしょうか。

 

安心安全に動画を楽しみたい方は、公式の動画配信サービスの利用をおすすめします!

 

映画『十二人の死にたい子どもたち』を視聴するならU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTは、2007年にサービスを開始した日本の動画配信サービスのパイオニアであり、純国産サービスとしてはシェアNo.1!

 

老舗だからこその安心感と、あらゆるジャンルを網羅した豊富なコンテンツにより、安心安全にいつでも最高の時間を楽しむことができます。

  • 31日間の無料キャンペーン有り
  • 登録するだけで600ポイントがもらえる
  • 180,000本の動画が見放題
  • 80誌以上の雑誌も読み放題
  • 電子書籍数は57万冊以上
  • 動画をスマホにダウンロードして、オフラインで視聴可能
  • 1登録で4アカウント作成可能 ※4人同時視聴もできる
  • 無料期間後は月額1,990円(税別)  ※毎月1,200ポイントがもらえます
  • 解約がとても簡単こちらを参照)

圧倒的な見放題作品数!

U-NEXTでは、追加料金なしで見ることができる見放題作品数は18万本以上あり、他社と比べるとその数は群を抜いてます。

 

※もっとも作品数の多いサービスを「100」とした値。2020年3月度集計。

 

『十二人の死にたい子どもたち』を見終わった後でも、たくさんの映画やアニメ、ドラマなども、思う存分楽しむことができます!

 

家族みんなで楽しさをシェア!

U-NEXTの「ファミリーアカウントサービス」では、たった1人が登録するだけで、追加料金なしで最大4つのアカウントを作ることができるので、家族みんなで楽しむことができます。

 

 

1つのアカウントを使い回すわけではないので、お父さんは映画、お母さんはドラマ、お兄ちゃんは漫画、お姉ちゃんはアニメ、といったように、自分の好きな作品だけをお気に入り登録して楽しむことができます。

 

最新作などの有料作品は、いずれか1つのアカウントが購入すれば、すべてのアカウントで視聴できるようになるので、動画だけでなく、漫画などの電子書籍も簡単に回し読みできます。

 

購入制限やR指定作品の視聴制限、セキュリティ設定もできるので、お子様にも安心です。

 

便利なダウンロード機能!

U-NEXTは、ブラウザ版だけでなく、アプリ版も用意されています。

 

アプリを使えば、お気に入りの動画をスマホにダウンロードできます。
(※ダウンロードできない作品もあります。)

 

 

Wi-Fi接続時にダウンロードしておけば、通勤や通学時間、外出先など、ネットにつながなくても動画を楽しむことができるので、待ち時間やスキマ時間が楽しくなります!

 

▼今すぐ31日間無料お試し▼

 

映画『十二人の死にたい子どもたち』関連作品もU-NEXTにおまかせ!

圧倒的な作品数を誇るU-NEXTなら、映画『十二人の死にたい子どもたち』関連作品も盛りだくさん!

 

31日間の無料期間を映画『十二人の死にたい子どもたち』だけ見て終わらすには、勿体なさ過ぎます。

 

U-NEXTでは、映画『十二人の死にたい子どもたち』に出演している杉咲花のその他の出演作品も配信されています。

  • ハケン占い師アタル
  • 楽園
  • パーフェクトワールド 君といる奇跡
  • トイレのピエタ
  • 愛を積むひと
  • 劇場版 MOZU

 

同じく映画『十二人の死にたい子どもたち』に出演している新田真剣佑のその他の出演作品も配信されています。

 

同じく映画『十二人の死にたい子どもたち』に出演している橋本環奈のその他の出演作品も配信されています。

 

また、映画『十二人の死にたい子どもたち』関連の漫画や小説などの書籍も配信されています。

 

ぜひこの機会に、気になっていた作品やもう一度見たかった作品など、映画『十二人の死にたい子どもたち』以外もU-NEXTで楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

▼登録も解約もカンタン▼

 

映画『十二人の死にたい子どもたち』の作品紹介

映画『十二人の死にたい子どもたち』は2018年に公開された、冲方丁の同名小説を原作とした実写映画です。

 

安楽死を求める12人の未成年たちが繰り広げる密室サスペンス

見どころ

冲方丁の直木賞候補作を、斬新な映像表現を操る堤幸彦監督が映画化。杉咲花、新田真剣佑、北村匠海ら若手俳優の演技力を活かした演出が緊張感のある作品を生み出している。

ストーリー

12人の未成年たちが安楽死を求めて廃病院の密室に集まった。ところが、彼らはそこで13人目のまだ生温かい死体に遭遇する。この12人の中に殺人鬼がいるかもしれないという疑心暗鬼のなか、死体の謎と犯人を探るうちに12人の死にたい理由が明らかになっていく。

キャスト

出演

(アンリ(7番)) 杉咲花
(シンジロウ(5番)) 新田真剣佑
(ノブオ(9番)) 北村匠海
(サトシ(1番)) 高杉真宙
(メイコ(6番)) 黒島結菜
(リョウコ(4番)) 橋本環奈
(マイ(11番)) 吉川愛
(タカヒロ(8番)) 萩原利久
(ケンイチ(2番)) 渕野右登
(セイゴ(10番)) 坂東龍汰

スタッフ

監督:堤幸彦
原作:冲方丁
音楽:小林うてな
脚本:倉持裕
製作:今村司、池田宏之、瀬井哲也、谷和男、中部嘉人、安部順一、高橋誠、長坂信人

(引用:U-NEXTサイト)

映画『十二人の死にたい子どもたち』の感想

キャストが若手で活躍している俳優が多く出演していて、演技から情熱が伝わってきてどのシーンもとても熱かったです。どのキャラクターも個性豊かに性格が設定されていて、若者特有の悩みをそれぞれ抱えていることを感じられ、共感ができました。一人一人の性格がミステリーの解決にどのように関わるのか、推理するドキドキ感がとても楽しかったです。学校の中の同じ教室で話し合いのみのシーンが映画のかなりの割合占めていたのにも関わらず、ドラマチックな展開のおかげで飽きずに視聴できました。映画のタイトルにもある死にたいという言葉が一見怖く感じてしまうのですが、映画の最後にはスカッとし、すっきりとした気持ちになることができました。

20代女性・学生

 

私は映画館で見たのですが、全くもってラストが想像できない内容でした。ラストのクライマックスをみて、「えーーー!」と、とても驚かされました。十二人の死にたい子どもたちの、死にたい動機が次々明かされていくのですが、各々の理由に非常に考えさせられました。私自身からしたら、全くもって理解できない内容の理由であったりするものもありましたが、その立場に立つ人が違えば感じ方も違うんだなと。当たり前のことではありましたが、思うことも暫しありました。自分の周りの人達も、普段なんてことないといったような顔つきでもほんとは悩んだりしているのではないか。もっと周りとコミュニケーションをとることが出来れば、楽しく過ごせたり、解決できないことでも気持ちを落ち着かせたりできるのかなと思うと、もっと周りの人達との関係を大切にしていこうと思いました。

20代女性・専業主婦

 

12人の未成年が、安楽死をするためにある廃病院に集まります。そこには、12個のベッドが用意されていました。しかしそのベッドには1つ死体が横たわっていました。この廃病院への入り方は安楽死をすると集まった12人しか知らないはずです。その死体は何者なのか、その死体はなぜここのあるのか、謎しかありません。この安楽死を計画通り初めてもいいのか、12人は話し合いを始めます。この話し合いのシーンで謎の核心となるワードがたくさん出てくるのですが、その時はもちろんわかりません。謎解きシーンでそこのつながりが分かり、はっとしました。みんなが探偵であるような、みんながちょっとずつ犯人であるような部分があり、普通のサスペンスとは違い面白かったです。12人がみんな死にたくて集まったにもかかわらず、1人の死体があることでこんなにもパニックになるのかと思いました。1人1人のキャラも物語のアクセントになっていて、最後までドキドキの映画でした。

30代女性・主婦

 

十二人目はまさかの役者さんでした。登場した瞬間喜ぶ方はなかなか多いのではないでしょうか。全体的に薄暗い画面なので、ジメっとした仄暗い話かと思いきや、案外ハートフルな内容で気分を落とすことなく鑑賞できます。トレイラーは良い編集がなされているため、良くも悪くも本編を見る中で混乱させてくれます。最後の展開は好き嫌いが分かれると思いますが、私の中では期待外れな展開でした。ただ、現代の子どもたちにとってはおそらく身近なテーマになることも多く、共感が生まれることも多いのではないかと感じました。現代ならではの若い世代の闇をよく表現しています。大人が目を背けがちな、大きな問題を扱っているので、そういった目線で鑑賞すると良いかもしれません。

20代女性・主婦

 

もともと小説を読んでいて内容がかなり面白かったので、映画であの世界観をどう表現するのかを楽しみにしていました。登場人物が多いので、小説では序盤からこんがらがったりしていましたが、映画では良いスピードでサクサクと進むので、スッと頭に入ってきやすかったです。原作のイメージとは少し違うな、と感じるキャスティングもありましたが、見始めるとそんなことを忘れるぐらい引き込まれました。それぞれのキャラクターがしっかり立っていて、細かい描写や伏線なども上手く表現されていたと思います。特に杉咲花さんの感情が高ぶったシーンでの演技には鳥肌が立ちました。全員若者特有のあぶなっかしい感じがとても自然に出ていて、みんなで議論するシーンは特に自分がその中の一員になったかのような感覚に陥りました。終盤までずっと頭を働かせながら見ていて緊張感が張り詰めていたので、ラストは安心感と見終わった達成感でいっぱいになりました。全体を通して若者の等身大の演技と、入り組んだ推理やストーリーに引き込まれる作品でした。

20代女性・事務パート

 

この映画を観て率直に思ったことは、本当はみんな生きたいということです。きっとそれを確認するために集まったのかなとも思います。いろいろな仕掛けがあって、ただ死にたい人が集まってそういう会話をするのではなく、推理みたいなところがあって面白かったです。最後は伏線が回収されるような、そんなすっきり感がありました。また、若者が集まったことにより青春物語でもあるような気がしました。それぞれいろんな問題を抱えてここに集まるに至ったわけですが、きっと現実にも誰かしらと共感できる部分があるのではないかと思います。自分と照らし合わせてみることもできるのではないかとも感じました。全体的にあまり笑顔とか笑う時間はなく終始暗かったですが、だからこそ最後の笑顔とか別れるときは観ていて安心します。

30代女性・事務職

 

見る前の最初のイメージはタイトル的にネガティブな感じでただただ暗い感じの話なのかなと思っていました。でも実際に見てみるとそれぞれがそれぞれの事情を抱えていてもちろんブラックな面もありましたが最後には見ている人をポジティブな気持ちにさせてくれるようなお話で私自身も頑張ろうと思えました。気持ち的に考えさせられるような面だけでなくややミステリーな面もあり、ひやひやドキドキするようなところもあって最後まで飽きずに見ることが出来ました。ただ怖いだけとかただ笑えるだけとかそういう単純な感じの話ではなくて自分の頭の中でたくさんのことを考えながら見れるお話で、もう一度話の内容をわかっている上で見て考えたいなと思いました。

20代女性・パート

 

予告だけ見ると舞台が廃病院だとか全体的な雰囲気がとても怖くてホラーっぽいなのかなと思っていたのですが実際見てみると大分印象が変わりました。初めは何もお互いに分からない同じ目的だけを持った未成年達が廃病院という異空間の中に平気で集まっており人間らしさがあまり感じられませんでした。しかし閉鎖された空間の中で謎解きのような要素もあり、彼らの推理により謎が解き明かされていく過程で疑い合い、自らの胸の内を語り合い、普通の年相応の人間らしさがどんどん感じられていき、真実を知りそういうことだったのかと分かったら最終的には感動すらしてしまいました。死にたい理由というのが未成年らしい理由だったりもして一人一人に感情移入が出来ました。

20代女性・事務職

 

この映画を観たきっかけというのがサスペンス的な要素がありさらに頭を少し使う映画が観たいなという時に発見しました。作品は少し問題の抱えた子どもたちが一斉に集い自殺を図るというストーリーです。そこに子どもたちのエゴがぶつかり合い大人になると忘れそうになる子どもらしさがあるので大人になった時に観ると考えさせられる作品です。また、展開も最後まで予想ができなくて次はどうなるんだ!という興味を沸き立ててくれる作品になっております。家の時間が増えている今頭を使えて皆さんで次の展開を考えながら観れる作品となっております。また、出演者も豪華で観てて飽きません。1度観たら2度目を観たくなる作品です。1度は観て損はない映画だと思います。

20代男性・会社員

 

タイトルからはネガティブな印象が強くて、最初は見たいと思いませんでしたが、出演者の方たちが魅力的だったので、見ることにしました。最初はちょっと怖くて、13人目がどうやって現れてどうやってベッドに横たわっていたのかの謎解きがスリリングでした。12人それぞれが何で死にたいと思っているのか、きちんとした理由があり、またその理由がリアルで、切実だと思いました。ただ、本当に死にたいのではなく、誰かに聞いてもらいたくて、誰かに支えてほしくて、という想いも伝わってきました。自殺願望がある子どもを呼び出して殺すという凄惨な事件を思い出しましたが、彼らも本当は死にたいのではなくて、誰かに話を聞いてもらいたかった、励ましてほしかったのだろうと思うと、胸が苦しくなります。この映画は、最後はスッキリするので、見て良かったです。

40代女性・会社員

 

▼『十二人の死にたい子どもたち』を無料視聴▼

U-NEXTは31日間無料です。無料期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。解約はボタン一つで簡単にできます。

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました