スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい179話ネタバレ考察感想あらすじ!カップリング論争、勃発!

漫画ネタバレ

2020年5月21日発売の週刊ヤングジャンプ2020年25号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』179話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜179話は、流れで石上とつばめのデートの事を白銀達は聞くと、石上は思っていた以上にデートが上手く行き、次のデートの約束も取り付けていた事を報告します。

 

上手くいっているようなので微笑ましい様子で見ている白銀とかぐやに対し、伊井野だけは生気がこもっていない目で見ていたのです。

 

その後、かぐやは風紀委員室へと向かい、後からやって来た大仏と対峙しました。

 

果たして、かぐやが風紀委員室へ来た理由は何なのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜179話『四宮かぐやの無理難題「仏の御石の鉢」編』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 178話 一覧 180話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

かぐや様は告らせたい179話のあらすじネタバレ

白銀達は石上につばめとのデートをの事を聞いていました。

 

石上は少し恥ずかしがりながら自分達のデートはスカイツリー登って、靴を選んで貰って、食事をしたくらいと言う普通過ぎて面白くない事ばかりだと答えました。

 

他にも次の約束もしたとの事です。

 

白銀とかぐやは微笑ましくしていたので石上はだから話したくなかったんだと叫んでいました。

 

一方、千花は石上の話を全くと言っていいくらい聞いていませんでした。

 

その理由は石上の話を聞いている伊井野の目が死んでいたからでした。

 

石上は最後にスムーズにいきすぎていてちょっと驚いているくらいだったと言います。

 

その後、かぐやは風紀委員室へと足を運び、後からやって来た大仏は何でここにいるのかと尋ねると、かぐやは鍵が開いていたからと答えます。

 

そして鍵が開いていたからと言って人のテリトリーに勝手に踏み込むのは良くないと、おまけに物を勝手に持っていくのは良くないと言っていくかぐや。

 

そもそも生徒会室が生徒達の逃げ場として鍵を開けてあるのは、白銀よりも前の生徒会長が定めたルールを白銀が引き継いでいるからでした。

 

だからと言ってセキュリティが無いわけでもありません。

 

それ故にかぐやは大仏にどうして勝手に生徒会室に入り、石上の過去の事件の真相が書かれているデータを持ち出したのかを問い詰めます。

 

大仏は理由としては石つば派だからと答えました。

 

カップリングについて余り詳しくないかぐやは大仏の答えに困惑している様子でした。

 

大仏は石上と同様に女性から嫌われているので石上と共感できることが多いと言いつつ、伊井野の事も応援してあげたいが石つばは絶対と力説します。

 

かぐやは悪意があって持ち出した訳ではないのかと聞くと、大仏はそうだと言うと共につばめにデータを渡したと言います。

 

大仏は生徒会の雰囲気が好きで、もしメンバーの誰かがデータをつばめに渡してしまえばギクシャクするかもしれないから自分が汚れ役になって渡したのだと言ったのです。

 

話を聞いていたかぐやは大仏が実行してなかったら自分が実行していたと言うと、そういうところが石上に似ていると言いました。

 

その頃、伊井野は未だに死んだ目の状態でベンチに座っていました。

 

彼女を心配している千花と小野寺がばったり出会い、話しているうちに伊井野は石上が好きなのだと考えに行きついたみたいです。

 

小野寺は伊井野を応援するつもりであり、千花も同じでありましたがそこへかぐやと大仏にばったり会ってしまいました。

 

そして生徒会室で白銀を巻き込んだカップリング論争が始まってしまいました。

 

かぐやは石上が好きなのはつばめだと、千花は伊井野を選べば全てが丸く収まると力説します。

 

千花の指示で小野寺は伊井野にギプスが何時取れるのかと聞いたら1月中に取れると言っていたのに2月中もしていたから、石上が甘やかしてくれる状況を意図的に伸ばしたとしか考えてないと力説し、かぐやも思わず鋭い考察だと感心せざるを得ないようでした。

 

負けじとかぐやも大仏に命じると、大仏はつばめは大友に似ていると言い、似たような子に2度も拒絶されるのはあんまりではないかと言うと千花は胸が痛み始めます。

 

それでも論争が終わらないので、白銀はやめるように言います。

 

そしたらどっちの味方なのかと言われてしまったので、面倒な事になる前に逃げ出してしまいました。

 

その頃、校舎の外を歩いているマスメディア部のかれんはエリカに石上とくっつくのは白銀だと言っていたのでした。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい179話の感想と考察

今回は石上相手には誰が相応しいのかが論争された話でしたね。

 

どちらのカップリングもいいなと思いましたが、私は流れから見て石つば派かなと思いましたね。

 

そう決めた理由としましては大仏がつばめの雰囲気が石上が守ろうとしていた大友に似ていると言っていたのが決め手です。

 

石上はつばめが綺麗で人気者と言うだけでなく、何処か大友に似ているから惹かれたという可能性は十分にあると思います。

 

それ故に私は石つば派です。

 

ただカップリングを論争するのは自由なので、人ぞれぞれだと思います。

 

次回180話はつばめ視点から石上とのデートの話が明らかになるのではないかなと思います。

 

今回の話の序盤で石上は普通に何処にでもあるようなデート内容を白銀達に語っていたように、つばめも石上とのデートの事を同級生相手に事細かに語っていたのではないでしょうか。

 

中学時代の石上の噂は学校の至る所に広まっているので、つばめの同級生は石上に変な事をされなかったのかと心配していたと思います。

 

しかし、つばめは何ともなかったと、普通に楽しかったと答えるのではないでしょうか。

 

同時に大仏から貰った中学時代の石上のデータを見た時の自分はどう思ったのかと回想シーンに突入するのではないかと思います。

 

<< 178話 一覧 180話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました