スポンサーリンク

カッコウの許嫁2話ネタバレ考察感想あらすじ!凪の家や家族の店に来たエリカの感想は?

漫画ネタバレ

2020年2月5日発売の週刊少年マガジン2020年10号で、『カッコウの許嫁』2話が掲載されました。

 

カッコウの許嫁2話は、凪の家へとやって来たエリカでしたが、余りの家の貧乏さにショックを受け、凪はエリカの家に来て衝撃を受けました。

 

凪はひろと付き合うとしており、エリカは許嫁は自分で決めたいので今のところは両想いでは無かったのです。

 

エリカは凪の両親が働く店へと向かうと、両親から歓迎を受け、エリカは仲良くなりたいと思っていたが言えずに飛び出してしまいました。

 

凪に励まされたエリカは両親と過ごし、凪に送ってもらう途中でエリカの父親が現れて2週間同居生活をするように言ったのです。

 

本記事では、カッコウの許嫁2話『結婚ならしないわよ』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

カッコウの許嫁2話のあらすじネタバレ

両親からエリカが来る事を聞いた凪だったが、許嫁は認めないと凪は反論するも両親からの圧力とひろの事を言い出せずに黙る事にしました。

 

そして母親はエリカの方から来たいと言っていたというと、夫と共に仕事に出かけたのです。

 

母親の言葉から凪はエリカは自分と結婚する気なのかと思っていたが、自分には心に決めた人がいるので早いうちに断ろうと決めました。

 

そこへ幸がやって来て、自分達の家にエリカが馴染むとは思えないと言うと凪は仮にも姉に当たる人物なんだから悪く言うなと叱るのです。

 

しかし、幸は機嫌を損ねてしまい、部屋へと去っていきました。

 

約束の時間から1時間経っても中々来ないので、凪はドアを開けるとエリカがおり、ずっと待っていたけど凪が出なかったと怒りながら言ったのです。

 

凪はチャイムを押すように言うと、エリカはその事を知らなかったので凪は緊張しているのかと思っていました。

 

そして婚約破棄の事を言うタイミングを探していると、戸棚に座ろうとしたり、靴を履いたままだったり、今いる家を倉庫だと思っていたりするエリカに唖然とする凪。

 

そして今度はエリカの家へと向かう事になった凪は、外見から圧倒されていました。

 

別荘が国内と海外に3つずつあると言われ、豪華なキッチン、4つのトイレ、3つの浴室、広いリビング、ゴルフ場にプール、一人暮らしが出来そうな大きさを誇るペットの部屋を見て驚かされる凪。

 

それと同時にエリカは自分の家みたいな家が皆持っていると思っていたから凪の家を見て予想と違うと思ってショックを受けたのだと凪は思っていました。

 

凪はひろに告白しようとしていたので許嫁を断ろうとしていましたが、同時に住む世界が違い過ぎるから改めて断ろうと決意してエリカに言おうとしましたが彼女はしないとはっきり言ったのです。

 

以前にも言ったようにエリカは許嫁という物は古いと思っており、結婚相手は自分で決めたいと思っていました。

 

凪は自分に会うためじゃなかったのかとショックを受けつつ、何しに自分の家に来たのだと聞くとエリカは凪の両親に会いに来て一言言いたかったと答えたのです。

 

今両親は働いているので凪は両親が働いている店へと向かいます。

 

両親は庶民向けの定食屋を営んでおり、エリカは店に入るや否や色々確認し始めるのです。

 

しかし、凪はエリカが何かやらかさないかと、お客の反応、ツンとしている幸の態度、エリカに質問してくる両親に内心ドキドキしていました。

 

やがてエリカは立ち上がって店から去っていったので、凪は後を追ったのです。

 

両親に言いたいことがあったんだろうと凪が聞くと、エリカは泣きながら仲良くしたいと言いたかったのに嫌がられたらどうしようと思って言えなかったと答えました。

 

対して凪は自分の親はそういう気遣いは必要ないから家に戻ろうと言い、店へと連れ戻し、家族と楽しく過ごしたのです。

 

やがていい時間になったので凪はエリカを家まで送り、エリカは何か言いたいことがあったんじゃないのかと聞くと、凪はひろの事を言おうとしていたが何故か言いにくくなっていました。

 

そんな中、エリカの父親がやって来て付き合っていると勘違いしているので順調かなと聞いてくるのです。

 

2人は付き合っていないと言うが、父親は既に気づいており、それはまだ関係が始まったばかりだと言うと2人を車に乗せて、ある一軒家に連れてきます。

 

父親はここで2週間同棲するように言ったのでした。

 

スポンサーリンク

カッコウの許嫁2話の感想と考察

今回は2人ともお互いの家を見ましたが、どちらもショックを受けている感じでしたね。

 

エリカは凪の家の貧乏さにショックを受け、凪はエリカの家の豪華さに圧倒されている感じに見えました。

 

しかし、エリカは凪の両親を邪険にするのではなく普通に仲良くなりたいと思っている事は収穫だったのではないでしょうか。

 

次回から同棲をする事になっていますが、別に付き合う気も結婚する気もない両者が一体全体どんな生活を送るのか、とても気になるところです。

 

次回は同棲のための準備をするのではないかと思います。

 

凪はひろに告白して付き合おうとしており、エリカは好きな相手は自分で決めようとしていますが、もう一軒屋まで準備されてしまっているので嫌とは言えない状況です。

 

それ故に2週間くらいならそれ程関係に変化は起こらないだろうと考えて、過ごす事を了承とするのではないかと思われます。

 

しかし、異性と2人で過ごすのはお互い初めてだと思われますので、色々な事で部屋の事とかお風呂の事とか等で、大モメになりそうな感じになるでしょう。

 

一応許嫁と言う形にはなっていますが、本人達は付き合うつもりも結婚するつもりもありませんので、余計に揉めるのではないかと思います。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました