スポンサーリンク

なれの果ての僕ら18話ネタバレ考察感想あらすじ!新たな実験が始まる!

なれの果ての僕ら

2020年5月20日発売の週刊少年マガジン2020年25号で、『なれの果ての僕ら』18話が掲載されました。

 

なれの果ての僕ら18話は、ネズはみきおに実験をこれ以上をするなと言いつつ、みきおとは自筆で雑談します。

 

その内容はみきおの実験を乗っ取ろうとする者がいて、みきおはそれを未来ではないかと疑っているみたいです。

 

しかし、まだ決定的な証拠がないのでみきおは次の実験で自分が考えた神聖な実験を乗っ取ろうと目論んでいる者を炙り出そうとしていました。

 

果たして、そんなみきおが行う新たな実験とは一体何なのでしょうか。

 

本記事では、なれの果ての僕ら18話『羊たちの沈黙』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 17話 一覧 19話 >>

 

スポンサーリンク

なれの果ての僕ら18話のあらすじネタバレ

ネズはみきおに耳打ちされた通り、みきおの元へと行くと彼から協力してくれと言われました。

 

ネズは実験には協力しないと言いつつ、紙には協力とはどういう事だと書いたのです。

 

みきおは自分達はあんなに仲良しだったに釣れないなと言いつつ、紙には自分の実験を乗っ取ろうとしている者がクラスにいると書きました。

 

ネズは人を始末する奴と仲良く出来ないと言いつつ、内心では紙の内容にかなり驚いている様子でした。

 

そして紙には坂本を始末した奴と関係あるのかと書くと、みきおは紙にそれは分からないけどもしかしたら自分が行う実験よりも恐ろしい結末が待っているはずだと書きます。

 

同時にみきおには心当たりがある人物がいるようです。

 

その人物はネズの恋人である未来でした。

 

その事を紙に書いてネズに見せると、ネズは会話の流れに沿うようにしつつ、未来を犯人扱いされた事に怒りながらこれ以上ふざけた事を言うなと言い放ちました。

 

みきおは冷静にさっきまでの会話の流れに沿うように自分は大真面目であり、この実験は自分の好奇心を満たすだけでなく実験の結果を公表する事で世の中を変えられると口にし、紙には未来は昨日僕から毒を盗んだと書いたのです。

 

ネズはそのために人の命を奪うなと言いつつ、紙には皆のためにした事だと書きました。

 

みらいは命を落としたのはそっちのミスだと言いつつ、紙には未来と付き合っているネズなら何か不審な点や怪しい行動をしてなかったかと、学校に来る前に何か念を押さなかったかと書いたのです。

 

ネズはそんなの何もないと思ったが、来る前に未来から自分達が付き合っている事は内緒にするように言われたことを思い出しました。

 

それを考えているネズの表情を見てみきおは何か言われたのだと察し、紙に次の実験で自分は神聖な実験を汚した人間を炙り出すとはっきりと書いたのです。

 

同時にネズには心当たりのある者を探るように書くと、紙で紙飛行機を作って結局皆僕に従うしかないと言ってみきおはネズと共に皆が待つ教室へと向かいます。

 

みきおは皆にネズと一緒にいたのは偶々だと皆に説明しました。

 

そのネズはみきおが言っていた事を考えていたみたいです。

 

坂本の遺体を見た時のみきおの顔はマジの表情だったと、みきおにとって学級裁判が終わるまでの間に何か想定外の出来事があったのかと考えているネズはふと未来を見ます。

 

未来はどうかしたかと言うと、ネズは何でもないと言って彼女の手に自分の手を置いて一緒に帰ろうと言うのでした。

 

その間にみきおは皆に二者面談をすると言い放ちました。

 

その理由はこの一日皆極限状態だから今後の実験のために皆の居間の気持ちを知りたいからでした。

 

因みに面談時間は1人5分程度みたいです。

 

皆は疑いの顔を見ながらみきおを見ていたが、ネズは犯人の手掛かりが聞き出しやすいし、一致団結仕掛けている皆に仲間を疑うような発言はしづらいだと思っていました。

 

みきおは面談の際に嫌いな人と気になる人を言えば、色んなことが分かると口にしてまずは石井から始めます。

 

別して彼女に質問をすると、石井は嫌いな人を月岡、気になる人を安藤と答えたのです。

 

そして次は月岡の番になりました。

 

そして時は事件後になり、刑事は月岡に面談の事を尋ねていました。

 

月岡は事実は分かり切っていると言いますが、刑事はみきおには別の目的があったのだからそれを解明しない限り事件は終わらないと言いました。

 

スポンサーリンク

なれの果ての僕ら18話の感想と考察

今回の話で、実験を乗っ取ろうとしている者がいるとは驚きでしたね。

 

その容疑者が未来だと言う事にも驚きです。

 

確かに未来は毒を盗んで、それを使って隙を見てみきおを始末しようとしていましたがそれだけの事で犯人になるのはまだ時期尚早だと思います。

 

理由としては確実な証拠がないからです。

 

それはみきおも分かっているので今回の実験でその犯人を炙り出そうとしていると思います。

 

みきおが上記の事に気づいたとされる学級裁判が終わるまでの間に、怪しい行動をとった人は余りいませんでしたし、仮にしていれば目立つので動けないと思います。

 

どちらにしろ、今回の実験である程度明らかになるのではないでしょうか。

 

次回19話は面談が終わるのではないかと思います。

 

今回の実験である二者面談は特に命を奪うような実験ではありませんので、皆は素直に答えていくのではないかと思います。

 

そして唯一実験を乗っ取ろうとしている者がいる事を伝えたネズを最後に呼んで、実験での結果を教えるのではないでしょうか。

 

次回のタイトルが11人の罪人と書かれているので、みきおはこの実験で11人が罪を犯した者がいると見抜いたのではないかと思います。

 

それ故にその11人を中心に乗っ取ろうとしている犯人を探す事になるのではないでしょうか。

 

<< 17話 一覧 19話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました