スポンサーリンク

ドメカノ273話ネタバレ考察感想あらすじ!瑠衣の決断

漫画ネタバレ

2020年5月20日発売の週刊少年マガジン2020年25号で、ドメスティックな彼女273話が掲載されました。

 

ドメスティックな彼女273話では、夏生とマスターの話を聞いた瑠衣。

 

陽菜の想いを知り、夏生と結婚しないことを決めました。

 

そんな瑠衣の考えとは。

 

本記事では、ドメスティックな彼女273話「大好き」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 272話 一覧 274話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ドメスティックな彼女273話のあらすじネタバレ

涙を流しながら婚姻届けを夏生に返す瑠衣。

 

夏生のことを嫌いになったわけではなく、このまま結婚しても幸せになれないし、なってはいけないと思っていると話します。

 

昨日、夏生とマスターが話しているのを聞いてしまった瑠衣は、陽菜の覚悟と夏生への想いを知りました。

 

植物状態になった陽菜から夏生まで奪うことは出来ず、自分にはお腹の子がいるからと涙を流す瑠衣。

 

瑠衣は夏生の目を見て、陽菜の傍にいて欲しいと頼みます。

 

婚姻届けを見つめながら夏生は、陽菜に付き添っている間、自分は陽菜に何が出来るのか考えていました。

 

瑠衣をまっすぐ見て、これからのことを話し合おうと夏生は真剣な表情です。

 

 

夜、夏生の部屋でお互いの想いをたくさん話し合います。

 

気が付けば日が昇り、朝になっています。

 

朝日を見る二人の表情は、すっきりとしています。

 

 

リビングで都樹子と昭人に、結婚しないことを伝えます。

 

式を取りやめることだけではなく、籍も入れないことに驚く二人。

 

子供も生まれるのにどうするのかと聞かれ、子育ては二人でしていくと話します。

 

夏生と瑠衣は真剣な表情で、この先の人生をかけて陽菜を支えていきたいと二人に言います。

 

都樹子はその気持ちは嬉しいし、二人で決めたのなら反対はしないが、籍を入れても出来ることではないかと聞きます。

 

瑠衣は子育ても二人でするし、一緒の家で暮らすので籍を入れないことに意味があるのか分からないと答えます。

 

しかし、陽菜が色んな思いを抱えながら自分たちのことが大好きだったように、自分達も陽菜のことが大好きだと優しく話します。

 

 

夏生と瑠衣は、NYに行く前に来た高台に来ました。

 

ここでは色んな事があったと、昔をふり返る瑠衣。

 

夏生にネックレスを借りて、自分の物と組み合わせたら満月になるネックレスを見つめ、貰っていいかなと夏生に聞きます。

 

生まれてくる子に、このネックレスは愛情の結晶なんだと渡したいと言います。

 

そんな瑠衣を見て、謝罪と感謝を伝える夏生。

 

瑠衣は、パートナーとして二人で決めたことだと呆れたように返します。

 

 

沢山の思い出を二人は噛みしめ、帰りは別々に帰ることにしました。

 

先に歩き始めた瑠衣は振り返り、自分のことが好きかと聞きます。

 

夏生は涙を流しながら大好きだと答え、瑠衣も同じ気持ちだと涙を流しながら大きく手を振ります。

 

 

陽菜の病室に来て、夏生は瑠衣とのことを報告します。

 

陽菜には絶対反対されると思ったことや、今までの感謝を伝え、これからは自分が返していく番だと二人のネックレスを陽菜の手に包みこみます。

 

陽菜のために生きていくと、夏生は陽菜の手を握り誓います。

 

 

5年後、夕方の5時になり、慌てて家を出る夏生。

 

自転車で向かったのは、保育園です。

 

パパと笑顔で駆け寄ってくる娘のハルカを抱き上げます。

 

自転車の後ろに乗せ、夜ご飯は何がいいかなと話しながら帰っていきます。

 

スポンサーリンク

ドメスティックな彼女273話の感想と考察

瑠衣の決断、女としてかっこいいですよね。

 

普通ここまでの決断はなかなかできません。

 

今回の話で一番感じたのは、みんなお互いのことが大好きなんだなと思いました。

 

家族愛、そうじゃない愛も含め、好きじゃないとここまでのこと出来ないですよね。

 

陽菜と夏生のことを終わったことと完結せず、ずっと二人を見守っていく瑠衣。

 

かっこよすぎて尊敬します。

 

もし自分がこの立場なら同じ決断は出来ないし、見守っていくのも無理だと思います。

 

勿論陽菜の回復は願いますが、自分の好きな人が別の人の為に生きていく姿を見守っていくのは辛いし、わかっていても苦しいと思います。

 

普通の家族と違う籍を入れずに、パートナーとして生きていくことを決めた二人。

 

都樹子たちからしても心配な部分もあったでしょうが、二人の固い決意を見て、大丈夫だと思ってくれたのでしょうか。

 

今回の話で、やっぱり強いのは女なのだと実感しました。

 

夏生は二人の強い女に支えられて生きているんですね。

 

5年たち、お腹にいた子も保育園に行くような年です。

 

ハルカという名前にはどんな意味があるのかなと思いました。

 

陽菜の様子が出ていませんでしたが、次回は陽菜の状態が知れるのでしょうか。

 

未だに植物状態なのでしょうか。

 

瑠衣の現在も気になります。

 

次回が早く読みたいです。

 

<< 272話 一覧 274話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました