スポンサーリンク

呪術廻戦106話ネタバレ考察感想あらすじ!知らない記憶?!禪院直毘人、始動!

漫画ネタバレ

2020年5月18日発売の週刊少年ジャンプ2020年24号で、「呪術廻戦」第106話が掲載されました。

 

前話の「呪術廻戦」105話では、水で脹相を封じたつもりでいた虎杖が脹相の隠し玉を喰らい肝臓を貫かれました。

 

取り返しのつかないダメージを受けた虎杖は、瞬時に後に続く仲間のために脹相だけは必ず倒すという思考へと切り替えます。

 

一方の脹相も、先のことを考えることを止め、ここで虎杖を殺せないことの方がリスクと考えて血液を凝固させ纏う技を繰り出します。

 

激しい肉弾戦による攻防が続きますが、虎杖の力よりも脹相の戦闘センスが上回り、虎杖はついに完全に倒されてしまいました。

 

そのとき、脹相の脳内にあるはずのない記憶が流れ込んできて・・・。

 

本記事では、「呪術廻戦」第106話「渋谷事変㉔」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 105話 一覧 107話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

呪術廻戦106話のあらすじネタバレ

激闘の果てに虎杖を倒した脹相は、あの世で弟たちに詫びろと言い放ちます。

 

その様子を虎杖の内側で見ていた宿儺は、この程度の奴に負けるとは、と呆れていましたが、脹相の異変をすぐに感じ取りました。

 

脹相は脳内に流れ込む記憶のせいで酷い頭痛に悶え、苦しみだします。

 

立っていられず壁にもたれかかった脹相が見ていたものは、亡き弟たちと脹相、そして虎杖がテーブルを囲んでいる光景でした。

 

勿論、脹相はそんな記憶に覚えはありません。

 

しかし、記憶の中では弟たちや脹相は皆笑顔で幸せそうな顔をしていました。

 

ほら、兄ちゃんもと虎杖が脹相に屈託のない笑顔を向けてきます。

 

そのことにショックを受けた脹相は、滝のような冷や汗を流してあり得ないと何度も呟くのでした。

 

一方、意識を失った虎杖の前に現れたのは菜々子と美々子の2人でした。

 

虎杖にまだ息があることを確認する2人。

 

夏油に仕える呪詛師である彼女達の手元には、宿儺の指がちらりとその姿を見せていました。

 

その頃、1級術師の七海、直毘人、そして4級術師の真希の3人は渋谷駅構内を進んでいました。

 

五条悟の封印など信じられないと話す直毘人に、夏油に扮した何者かが絡んでいることが関係しているはずだと話す七海。

 

あの五条悟の衰退を肴に一杯やりたいと話す父・直毘人に、やる気が無いなら帰れと返す真希。

 

戦力としては最も大きい特別1級術師の直毘人に、本当に帰られては困るため間に入る七海でしたが、真希の言う通り飲んでいる様子であることに不安を感じていました。

 

その時、目の前に呪霊が1体姿を現し、七海が先陣を切って前に出ます。

 

しかし、その頃にはすでに直毘人が呪霊を絵の中のような空間に閉じ込めていました。

 

鈍すぎると2人に言い放つ直毘人。

 

絵ごと呪霊を殴り飛ばして吹き飛ばした直毘人でしたが、まるで何が起きたか分からない七海と真希は言葉を失います。

 

吹き飛んだ呪霊はまだ生きており、殴られたことにより大量の人骨を吐き出しました。

 

一体何人食ったんだと怒りを見せる直毘人。

 

呪霊は、漏瑚や真人など特級呪霊の名を口にしていき、花御のことを思い出した途端に突然怒りを露わにしました。

 

よくも花御を殺したなと怒りに任せて脱皮した呪霊は、筋骨隆々の巨大な特級呪霊として覚醒しました。

 

直毘人は、まだ呪胎だったのかと特級を前にしてもなお冷静に髭をさするのでした・・・。

 

 

スポンサーリンク

呪術廻戦106話の感想と考察

結局、虎杖が脹相を倒すことはできませんでした。

 

しかし、虎杖の目的は脹相を戦闘不能にすることでしたから、結果的にありもしない記憶に苦しむ脹相はまさにその状態なのかもしれません。

 

問題なのは、この状況を作ったのが虎杖なのかどうかということです。

 

宿儺も状況を把握できていなかったようですから、もし虎杖自身の術式が架空の記憶を相手に刷り込むものだったとしたら、とてつもない能力です。

 

東堂のように戦う中で虎杖に魅かれていくキャラクターは少なくなかったですが、それもこれもこの術式の効力だったなんてことになれば、大いに虎杖を見る目が変わります。

 

実際、この描写の正体が何なのかかなり気になるところですね。

 

そして、直毘人の術式はいったい何なのでしょうか。

 

平面世界に相手を閉じ込める・・・わけでは無さそうです。

 

空間を操る術式だと考えれば瞬間移動や平面に相手を閉じ込めたことにも説明がつきそうですが、どうでしょうか。

 

新たな特級呪霊も登場しましたが、あの面子だと不思議と少しも心配する気にはなりません。

 

それに、飲んだくれのオヤジキャラは大概かなりの強キャラであることが多いです。

 

次回は直毘人無双が見られるかもしれませんね!

 

以上、引き続き107話以降も目が離せないですね。

 

<< 105話 一覧 107話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました