スポンサーリンク

約ネバ177話ネタバレ考察感想あらすじ!イザベラ、安堵して逝く

漫画ネタバレ

2020年5月18日発売の週刊少年ジャンプ2020年24号で、『約束のネバーランド』177話が掲載されました。

 

約束のネバーランド177話は、農園の廃止に反対して暴走した鬼がエマ達に襲い掛かりましたが、イザベラが身を挺してエマ達を守りました。

 

鬼の爪で体を貫かれ、鬼に今更母親ぶっても子供達は許してくれないと罵られてもイザベラは子供達を守るために必死でした。

 

やがて鬼が倒され、エマ達はイザベラの元へと向かうと彼女は子供達が誰一人命を落としていないことに安堵していました。

 

果たして、重傷を負った彼女の運命はどうなるのでしょうか。

 

本記事では、約束のネバーランド177話『母親』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 176話 一覧 178話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

約束のネバーランド177話のあらすじネタバレ

農園が廃止になることに反発した鬼が自棄になって子供達を食べようとしていました。

 

エマは逃げ遅れた子供を助けようとした際に鬼に襲われますが、イザベラが身を挺して守った事によって鬼の爪がイザベラの体を貫き、彼女の血がエマの顔につきました。

 

必死な表情でエマ達を守るイザベラに鬼は一体何の真似なのだと、今更母親ぶったとしてもこれまでしてきた所業の数々は消えないと、子供達の母親にはなれないと罵ったのです。

 

しかし、そんな事はイザベラも分かっている事でした。

 

今のイザベラは許してもらうとは許してもらえないとか、母親になれるとかなれないのかなんてのはどうでもよく、ただ本能のままに子供達を守りたい、子供達には指一本触れさせないという一心でした。

 

そんなイザベラの思いが強いのか、鬼は爪をイザベラから引き離そうとしても引き離せませんでした。

 

レイは銃を手にしていて、今の鬼はイザベラに手をかける前に頭を撃ったけど完全に仕留めそこなったからあと一発で仕留めようとしています。

 

しかし、今撃ってしまえばイザベラの体にも衝撃が来てしまうのでレイは撃ちたくても撃てない状態でした。

 

それ故に舌打ちをするレイに対し、鬼は農園のない世界なんて認めないと言ってイザベラを食おうとしていました。

 

その前に仕留めようとレイは銃口を鬼に向けますが、王兵の鬼達が駆けつけて鬼を仕留めました。

 

それによってイザベラが解放されたのです。

 

エマ達はすかさずイザベラの元へと行き、しっかりして大声を出して起こすとイザベラは意識を取り戻しました。

 

集まっている皆に皆は無事かと、誰一人怪我をしてないかと言う質問をするとエマ達は誰も怪我をしてないし、皆無事だと報告します。

 

その事にイザベラは安堵と謝罪の言葉を述べたのです。

 

心の中でちゃんと生きて人間の世界へ行こうとしたのにこんなずるい死に方をした事を心の中で謝るイザベラ。

 

エマ達は今助けるから死なないでと叫んでいる間、イザベラはエマの顔を触りました。

 

エマのイザベラにする印象は最初は怖いというもので、次第に許せないと言う思いに変わっていって何時かイザベラを倒さないといけないとも考えるまでに至ったのです。

 

しかし、農園から脱出してからずっと思い出すのは優しいイザベラばかりでした。

 

何度も考えても最初は分からなかったが、やがてイザベラの自分達に対する優しさと愛情が嘘偽りではなく全部本物だからでした。

 

イザベラも諦めたくなく逃げたかったのだが出来なかったのだとエマ達は理解すれども、それでも飲み込めない気持ちがあったがそれでもどんなに辛くても裏切られてもイザベラが自分自身を許せなくても自分達にとって母親なのだと思っているようです。

 

イザベラも生きて罪を償いたいがもう体が動かなくなりつつあり、もう少しだけ皆を抱きしめる力をくださいと神に願いながら、大好きと口にします。

 

最期にレイを呼んで子供らしく甘えさせてあげられなかった事と呪いたい人生を歩ませた事を心の中で謝りながら皆の事を頼むと言ってエマ達に見送られながらあの世へと旅立ちました。

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド177話の感想と考察

イザベラはグランマとして子供達を守って逝ってしまったみたいですね。

 

一時的に敵対していてもエマ達が彼女の事を心配していた様子から、イザベラは出来る限りエマ達の事を可愛がり、愛してくれた証拠なのだと思います。

 

だからエマ達も敵対してもイザベラの優しさを決して忘れられなかったのでしょう。

 

そんなエマ達に看取られてあの世へと旅立っていったイザベラは幸せ者だったと思います。

 

次回178話はあの世へ逝ったイザベラを埋葬してから、人間の世界へ行くための準備をするのではないでしょうか。

 

エマ達は一時的に敵だと思っていても、離れてみればイザベラは本当に母親みたいだったと思っている事が今回の話で明らかになりましたので手厚く埋葬するのではないかと思います。

 

そして彼女も行きたがっていた人間の世界へ行こうとするエマ達ですが、何の用意もなく人間の世界へと行くとは思えませんので一人まず入念な準備をするのではないでしょうか。

 

農園が近いので農園にある道具を持ち出したりすると思います。

 

最後の別れになるからとムジカ達の元へ向かう可能性があると思いますが、先程の一件もありますから彼らの元には行かないか、少数で密かに行って会いに行くのではないかと思います。

 

<< 176話 一覧 178話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました