ビブリア古書堂の事件手帖(映画)9tsuやpandoraで無料視聴は危ない?動画配信フルで見れる安全な方法!

映画無料視聴

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』のフル動画を安全に無料視聴する方法

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』は、動画配信サービスU-NEXTなら安全に動画をフルで無料視聴することができます。

 

U-NEXTは、31日間の無料お試し期間が設けられている上、登録時に600円分のポイントがもらえます。

 

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』は見放題で無料配信されているので、追加料金なしで無料で視聴することが可能です!

 

さらに、登録時にもらえる600円分のポイントを使えば、最新作の映画やアニメなどの有料作品を見ることもできます。

 

もちろん無料お試し期間中に解約すれば費用は一切かかりません。

 

登録や解約も2~3分程度でできるので、とっても簡単でオススメの方法です。

 

▼『ビブリア古書堂の事件手帖』を無料視聴▼

無料期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。解約はボタン一つで簡単にできます。

 

※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイト にてご確認ください。

9tsuやpandoraでの動画視聴は危険?


動画を無料で視聴する場合、無料動画共有サイト、いわゆる違法アップロードサイトを利用しようと考える人もいるのではないでしょうか。

 

違法アップロードサイトには次のようなサイトがあります。

・Dailymotion

・pandora

・9tsu

・B9

・kissanime

・GoGoAnime

・Anime Planet

・openload

・9anime

・MioMio

・アニポ

・アニチューブ

・ひまわり動画

etc.

 

これらの違法アップロードサイトは、著作権の侵害を犯し、違法に動画をネット上に掲載しています。

 

無料で動画が観られることから、ついつい利用してしまう人が後を絶ちません。

 

しかし、何のリスクもなく無料で観られるなんて、そんな虫のいい話があるはずもなく…

 

これらのサイトを閲覧すると、ウイルス感染や個人情報漏えいなどの危険性が潜んでいます。

 

 

こういった危険性を回避するためにも、違法アップロードサイトはやめておいたほうが無難ではないでしょうか。

 

安心安全に動画を楽しみたい方は、公式の動画配信サービスの利用をおすすめします!

 

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』を視聴するならU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTは、2007年にサービスを開始した日本の動画配信サービスのパイオニアであり、純国産サービスとしてはシェアNo.1!

 

老舗だからこその安心感と、あらゆるジャンルを網羅した豊富なコンテンツにより、安心安全にいつでも最高の時間を楽しむことができます。

  • 31日間の無料キャンペーン有り
  • 登録するだけで600ポイントがもらえる
  • 180,000本の動画が見放題
  • 80誌以上の雑誌も読み放題
  • 電子書籍数は57万冊以上
  • 動画をスマホにダウンロードして、オフラインで視聴可能
  • 1登録で4アカウント作成可能 ※4人同時視聴もできる
  • 無料期間後は月額1,990円(税別)  ※毎月1,200ポイントがもらえます
  • 解約がとても簡単こちらを参照)

圧倒的な見放題作品数!

U-NEXTでは、追加料金なしで見ることができる見放題作品数は18万本以上あり、他社と比べるとその数は群を抜いてます。

 

※もっとも作品数の多いサービスを「100」とした値。2020年3月度集計。

 

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』を見終わった後でも、たくさんの映画やアニメ、ドラマなども、思う存分楽しむことができます!

 

家族みんなで楽しさをシェア!

U-NEXTの「ファミリーアカウントサービス」では、たった1人が登録するだけで、追加料金なしで最大4つのアカウントを作ることができるので、家族みんなで楽しむことができます。

 

 

1つのアカウントを使い回すわけではないので、お父さんは映画、お母さんはドラマ、お兄ちゃんは漫画、お姉ちゃんはアニメ、といったように、自分の好きな作品だけをお気に入り登録して楽しむことができます。

 

最新作などの有料作品は、いずれか1つのアカウントが購入すれば、すべてのアカウントで視聴できるようになるので、動画だけでなく、漫画などの電子書籍も簡単に回し読みできます。

 

購入制限やR指定作品の視聴制限、セキュリティ設定もできるので、お子様にも安心です。

 

便利なダウンロード機能!

U-NEXTは、ブラウザ版だけでなく、アプリ版も用意されています。

 

アプリを使えば、お気に入りの動画をスマホにダウンロードできます。
(※ダウンロードできない作品もあります。)

 

 

Wi-Fi接続時にダウンロードしておけば、通勤や通学時間、外出先など、ネットにつながなくても動画を楽しむことができるので、待ち時間やスキマ時間が楽しくなります!

 

▼今すぐ31日間無料お試し▼

 

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』関連作品もU-NEXTにおまかせ!

圧倒的な作品配信数を誇るU-NEXTなら、映画『ビブリア古書堂の事件手帖』関連作品も盛りだくさん!

 

31日間の無料期間を映画『ビブリア古書堂の事件手帖』だけ見て終わらすには、勿体なさ過ぎます。

 

U-NEXTでは、映画『ビブリア古書堂の事件手帖』に出演している黒木華のその他の出演作品も配信されています。

  • 日日是好日
  • ちょっと今から仕事やめてくる
  • 舟を編む
  • 小さいおうち
  • 未来のミライ
  • バケモノの子
  • おおかみこどもの雨と雪

 

同じく映画『ビブリア古書堂の事件手帖』に出演している野村周平のその他の出演作品も配信されています。

  • 22年目の告白-私が殺人犯です-
  • 帝一の國
  • ちはやふる−結び−
  • ちはやふる -下の句-
  • ちはやふる -上の句-
  • ビリギャル
  • WALKING MAN

 

ぜひこの機会に、気になっていた作品やもう一度見たかった作品など、映画『ビブリア古書堂の事件手帖』以外もU-NEXTで楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

▼登録も解約もカンタン▼

 

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』の作品内容

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』は2018年に公開された、三上延の同名小説を原作とした黒木華×野村周平主演の実写映画です。

 

本がつなぐ“過去”と“今”、古書に隠された“禁断の秘密”が明かされるミステリー

見どころ

三上延のベストセラーを、黒木華と野村周平のW主演で映画化。『幼な子われらに生まれ』の三島有紀子監督が、古い本に込められた人々の想いを丹念に浮かび上がらせていく。

ストーリー

鎌倉の古書店「ビブリア古書堂」の店主・篠川栞子。彼女は優れた洞察力と推理力を持ち、五浦大輔が持ち込んだ夏目漱石の「それから」に記されたサインの真偽を解き明かす。これが縁となり、古書堂で働き始めた大輔は、日に日に栞子に惹かれていくが…。

キャスト

出演

(篠川栞子) 黒木華
(五浦大輔) 野村周平
(稲垣)成田 凌
(五浦絹子) 夏帆
(田中嘉雄) 東出昌大
神野三鈴
高橋洋
酒向芳
桃果
鈴木一功

スタッフ

監督:三島有紀子
原作:三上延
音楽:安川午朗
脚本:渡部亮平、松井香奈
製作:堀内大示、宮崎伸夫、岩上敦宏、吉川英作、三宅容介

(引用:U-NEXTサイト)

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』の感想

本当の意味で読書が趣味という方にはたまらない物語でしょう。有名作家が多数出てきて、しかも知られざるエピソードも満載です。だからこそ大好きだったビブリア古書堂の事件手帖が、そのままの世界観で映画化しました。主人公の二人もイメージそのまま、原作ファンを裏切ることはありません。古書堂の雰囲気や周りの街の佇まいとかもどれもいい、実際に行ってみたいと思ってしまいます。店主は素敵な女性ということもあり、きっと長居してしまいそうです。なんとなく頭に思い描いていた世界が実現しているというのは興奮するものです。ただ1点、声などもそのまま聞こえてくるからこそ犯人がその声ですぐに見ている側にも分かってしまったという悲しいオチはありました。

40代女性・専業主婦

 

野村君が大好きなので、それだけで期待しながらみた作品です。野村君演じる大輔は本が読めないという特殊な役でしたが、本を読みたいと琹子に寄り添う演技はなんだか美しくて、新たな野村君を見た気がします。また、琹子のおしとやかな雰囲気が黒木さんの綺麗な声にマッチしていて、謎解きシーンが魅力的に演じられていました。物語は大輔が夏目漱石のそれからという小説を持ち込んだところから始まります。その小説を鑑定した琹子はその小説の中にある署名から、大輔のおばあちゃんの秘密の恋を解き明かします。秘密の恋は熱くて、切なくて、キュンとしながら回想シーンをみていました。謎解きの回想シーンだけで、1つの恋愛映画をみているような見ごたえがありました。琹子のおっとりした謎解きが今回の謎にバッチリマッチしていました。恋愛物としても推理物としても楽しめるお得な映画でした。

20代女性・会社員

 

ドラマ版が好きだったので、映画もみてみました。キャストの黒木華と成田凌、夏帆が好きだっただけにちょっと物足りなさを感じてしまいました。恋模様を描くシーンがあったことや鎌倉の古風な風景と主題歌のサザンオールスターズはめちゃくちゃよかったです。落ち着いていて、文学の香りが今にでもしそうな雰囲気にはとても引き込まれたので、世界観も良かったと思います。原作ファンは少し不満が残るかもしれませんが。雰囲気のある映画が好きで、キャストの大半が好きな役者さんだったという部分では私は楽しめました。黒木華の良さはもっと出せたと思いますが。ただなぜ野村周平が起用されていたのかは謎が残りました。他の役者さんでもよかったのではと思ってしまうレベルでした。

20代女性・会社員

 

原作を読んだことがあるので、自分なりの主人公のイメージがあったので黒木華さん主演と聞いたとき、せっかく映画化されるのに少し残念だと思っていました。以前テレビドラマ化もされていますが、作品を観てがっかりしたことがありましたので、鑑賞の機会がありましたが、避けていました。しかし作品を鑑賞して考えが変わりました。ストーリーが原作と映画とでは少し細かいところが異なりましたが、原作はずっとお話が続きます。映画は一話完結ですのでよくまとまってあったと思います。また、黒木さんの役作りが素晴らしかったです。少し足が不自由な役を違和感なく演じていますし、他の俳優さんたちも個性を発揮していて、最後まで飽きずに鑑賞することが出来ました。

50代女性・無職

 

ビブリア古書堂の事件手帖は、三上延のミステリー小説が原作になっています。主人公は古書店の店員でその知識から古書の謎を解き明かして行くのですが、世界観が独特で実写映画にすると違うものになってしまうのではないかと思っていました。しかし主演の黒木華さんには作られた美しさがなくナチュラルで、聡明さの表現も素晴らしくイメージにぴったりでした。この作品は主人公たちが謎を解き明かす中で「現代と過去が交差していく」という部分が見どころなのですが、その繋げ方や表現の仕方も違和感がなくついつい引き込まれて見入ってしまいました。サザンオールスターズが手がけた主題歌も作品を引き立ててくれていて世界観にもあっていて素晴らしいと思います。

20代女性・主婦

 

この作品は、ドラマ化もされているのですが、主人公の役づくり次第でこんなにも印象が変わるものなのかと感心させられました。どっちの方が優れているとか、そういう話をしたいわけではないんですが、個人的にはやっぱりこちらの映画版に魅力を感じます。黒木華さんの演じる栞子は、ともすれば地味と言えるほど、穏やかで、清楚で、囁くような話し方をしていて、原作のイメージにぴったり調和していました。座って本を読んでいる佇まいだけで、原作の栞子がそこに蘇っているように感じられて、嬉しくなります。古書店の描写も、華美な演出を避け、重厚で居心地のよいムードが作れていたので、原作を読んでいる人でも楽しめるんじゃないかなと思います。

30代男性・会社員

 

見終わった後のモヤモヤ感がどうにもなりませんでした。古書店や街の雰囲気、過去の雰囲気など映像の作り方は丁寧で、俳優さんたちの演技や存在感も良かったと思います。約1名残念な方がいましたが。ただ映画全体に流れるムードが一定しないというか、つぎはぎ感が否めなかったです。現代に起こる、太宰治の「晩年」をめぐる事件のシーンがインサートされるたびに、感情の流れが遮られて、観客として気持ちがついていけなかったです。青年の祖母の悲恋要素を丁寧に掘り下げるだけでも充分に美しくて素敵な映画なのにと思いました。その方が”文芸ミステリー”らしく思えます。これだけの要素が全てマストだったのでしょうか?もう少し整理したものが見たかったなと思いました。

50代女性・主婦

 

事件手帖というタイトルながら難解なトリックを解き明かすような展開はなく、「ミステリーとラブストーリーのエッセンスを取り入れたライトノベルみたいな映画」という印象を受ける作品でした。極端に現実味の欠けるキャラクター性を持った登場人物がいないのは好ましく、ノスタルジーを感じさせる街並みや幻想的ですらある古書堂の店構えなど映像の美しさは素晴らしかったのですが、エンターテイメント性に乏しい展開が気になりました。原作を読んだ上で視聴すればまた違ったイメージになるのかもしれませんが、終始どこかぼやけていてラストも明確な爽快感やカタルシスがなく、どの道改変せざるを得ないならいっそ思い切ってメイン2人の恋愛模様を描いてみても良かったのでは?と感じました。

30代女性・主婦

 

夏目漱石『それから』を巡っての過去シーンは、夏帆さんの薄幸な感じが艶かしくて好きです。東出昌大も彼女なしでは生きられないダメ男っぷりが良かったです。そして、やはり不倫はお話の中だから美しく見えるものなのだなと、改めて感じました。また『それから』にまつわる謎解きは、過去から現在へとそこが繋がるのか!と驚きました。太宰治『晩年』の希少本への執着心が引き起こす事件は、成田凌のシリアルキラーのような怪演が、イケメンの殻から脱した感じがして、見ていて楽しかったです。ただ、追い詰められた主人公二人が、なぜ海へ逃げるのかは疑問が残り残念でした。映画が全体的に、北鎌倉の情緒あふれる街並みで埋められているので、見終わったあと小旅行に出掛けたくなります。

30代女性・会社員

 

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」は、過去に祖母から叱られたことが原因で本を読むことができなくなってしまった五浦大輔がビブリア古書堂に訪れることによって店主である篠川栞子と出会いそのトラウマを徐々に解消していきます。ストーリーの中で本にまつわる秘密が徐々に解き明かされていくのが非常に面白かったです。また、冒頭で説明されていた祖母がなぜ幼い時に叱ったのかの秘密も明かされていき非常に重大な秘密が解き明かされた際にはびっくりしました。この作品では本について詳しくない人が見ても楽しめる作品ですし、映画を通して過去の名作についても知ることができるのでそういった面からも楽しめる映画だと思います。本好きな方にもお勧めです。

30代男性・会社員

 

▼『ビブリア古書堂の事件手帖』を無料視聴▼

U-NEXTは31日間無料です。無料期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。解約はボタン一つで簡単にできます。

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました