この世界の片隅に(ドラマ)無料視聴!動画配信フルで全話見る方法!9tsuやdailymotionは危ない?

ドラマ無料視聴

ドラマ『この世界の片隅に』のフル動画を安全に無料視聴する方法

ドラマ『この世界の片隅に』は、動画配信サービスU-NEXTなら安全に動画を全話フルで無料視聴することができます。

 

U-NEXTは、31日間の無料お試し期間が設けられている上、登録時に600円分のポイントがもらえます。

 

ドラマ『この世界の片隅に』は見放題で無料配信されているので、追加料金なしで無料で視聴することが可能です!

 

さらに、登録時にもらえる600円分のポイントを使えば、最新作の映画やアニメなどの有料作品を見ることもできます。

 

もちろん無料お試し期間中に解約すれば費用は一切かかりません。

 

登録や解約も2~3分程度でできるので、とっても簡単でオススメの方法です。

 

▼『この世界の片隅に』を無料視聴▼

無料期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。解約はボタン一つで簡単にできます。

 

※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイト にてご確認ください。

9tsuやdailymotionでの動画視聴は危険?


動画を無料で視聴する場合、無料動画共有サイト、いわゆる違法アップロードサイトを利用しようと考える人もいるのではないでしょうか。

 

違法アップロードサイトには次のようなサイトがあります。

・Dailymotion

・pandora

・9tsu

・B9

・kissanime

・GoGoAnime

・Anime Planet

・openload

・9anime

・MioMio

・アニポ

・アニチューブ

・ひまわり動画

etc.

 

これらの違法アップロードサイトは、著作権の侵害を犯し、違法に動画をネット上に掲載しています。

 

無料で動画が観られることから、ついつい利用してしまう人が後を絶ちません。

 

しかし、何のリスクもなく無料で観られるなんて、そんな虫のいい話があるはずもなく…

 

これらのサイトを閲覧すると、ウイルス感染や個人情報漏えいなどの危険性が潜んでいます。

 

 

こういった危険性を回避するためにも、違法アップロードサイトはやめておいたほうが無難ではないでしょうか。

 

安心安全に動画を楽しみたい方は、公式の動画配信サービスの利用をおすすめします!

 

ドラマ『この世界の片隅に』を視聴するならU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTは、2007年にサービスを開始した日本の動画配信サービスのパイオニアであり、純国産サービスとしてはシェアNo.1!

 

老舗だからこその安心感と、あらゆるジャンルを網羅した豊富なコンテンツにより、安心安全にいつでも最高の時間を楽しむことができます。

  • 31日間の無料キャンペーン有り
  • 登録するだけで600ポイントがもらえる
  • 180,000本の動画が見放題
  • 80誌以上の雑誌も読み放題
  • 電子書籍数は57万冊以上
  • 動画をスマホにダウンロードして、オフラインで視聴可能
  • 1登録で4アカウント作成可能 ※4人同時視聴もできる
  • 無料期間後は月額1,990円(税別)  ※毎月1,200ポイントがもらえます
  • 解約がとても簡単こちらを参照)

圧倒的な見放題作品数!

U-NEXTでは、追加料金なしで見ることができる見放題作品数は18万本以上あり、他社と比べるとその数は群を抜いてます。

 

※もっとも作品数の多いサービスを「100」とした値。2020年3月度集計。

 

ドラマ『この世界の片隅に』を見終わった後でも、たくさんの映画やアニメ、ドラマなども、思う存分楽しむことができます!

 

家族みんなで楽しさをシェア!

U-NEXTの「ファミリーアカウントサービス」では、たった1人が登録するだけで、追加料金なしで最大4つのアカウントを作ることができるので、家族みんなで楽しむことができます。

 

 

1つのアカウントを使い回すわけではないので、お父さんは映画、お母さんはドラマ、お兄ちゃんは漫画、お姉ちゃんはアニメ、といったように、自分の好きな作品だけをお気に入り登録して楽しむことができます。

 

最新作などの有料作品は、いずれか1つのアカウントが購入すれば、すべてのアカウントで視聴できるようになるので、動画だけでなく、漫画などの電子書籍も簡単に回し読みできます。

 

購入制限やR指定作品の視聴制限、セキュリティ設定もできるので、お子様にも安心です。

 

便利なダウンロード機能!

U-NEXTは、ブラウザ版だけでなく、アプリ版も用意されています。

 

アプリを使えば、お気に入りの動画をスマホにダウンロードできます。
(※ダウンロードできない作品もあります。)

 

 

Wi-Fi接続時にダウンロードしておけば、通勤や通学時間、外出先など、ネットにつながなくても動画を楽しむことができるので、待ち時間やスキマ時間が楽しくなります!

 

▼今すぐ31日間無料お試し▼

 

ドラマ『この世界の片隅に』関連作品もU-NEXTにおまかせ!

圧倒的な作品配信数を誇るU-NEXTなら、ドラマ『この世界の片隅に』関連作品も盛りだくさん!

 

31日間の無料期間をドラマ『この世界の片隅に』だけ見て終わらすには、勿体なさ過ぎます。

 

U-NEXTでは、ドラマ『この世界の片隅に』に出演している松本穂香のその他の出演作品も配信されています。

  • 君は月夜に光り輝く
  • あの頃、君を追いかけた
  • 青空エール
  • 世界でいちばん長い写真
  • アストラル・アブノーマル鈴木さん
  • 食い逃げキラー
  • おいしい家族

 

同じくドラマ『この世界の片隅に』に出演している松坂桃李のその他の出演作品も配信されています。

  • 彼女がその名を知らない鳥たち
  • 娼年
  • 新聞記者
  • 孤狼の血
  • キセキ -あの日のソビト-
  • ユリゴコロ
  • 不能犯

 

また、同名アニメ映画『この世界の片隅に』や原作書籍も配信されています。

 

ぜひこの機会に、気になっていた作品やもう一度見たかった作品など、ドラマ『この世界の片隅に』以外もU-NEXTで楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

▼登録も解約もカンタン▼

 

ドラマ『この世界の片隅に』の作品紹介

ドラマ『この世界の片隅に』は2018年にTBS系列で放映された、こうの史代の同名漫画を原作とした松本穂香×松坂桃李主演の実写ドラマです。

 

こうの史代の名作漫画を初連続ドラマ化。戦争の最中、懸命に生きた家族の愛の物語

見どころ

松本穂香×松坂桃李で名作を連続ドラマ化!太平洋戦争のさなかに、時代に負けず前を向いて生きる夫婦を中心に、かけがえのない日常を丹念に描く。

ストーリー

松本穂香×松坂桃李で、こうの史代の同名マンガ(双葉社刊)を連続ドラマ化!太平洋戦争のさなか、広島県の江波から呉に嫁いだヒロイン・すずが、嫁ぎ先の北條家で暮らすかけがえのない日常を丹念に描く。

(引用:U-NEXTサイト)

ドラマ『この世界の片隅に』の感想

まずは、なんといっても松本穂香さんが可愛すぎると思います。おっとりとした雰囲気で、広島弁を話す姿には本当に癒されました。夫婦役を演じている松坂桃李さんとのラブラブなシーンも勿論あるので、松坂桃李さんが羨ましくてしょうがなくなります。しかし、二人の間には色々な秘密もあり、お互いが少し嫉妬などもしますが、本当はお互いの事が好きでしょうがない感じが伝わってきます。そして、第二次世界大戦末期の広島を舞台にした作品ということで、戦争ものは少し苦手ということで敬遠する方もいると思いますが、中盤までは悲惨な感じもないので、安心して見れます。それまでは悲壮感もなく、笑えるシーンなどもあるので、面白いと思います。

40代男性・自由業

 

こういった戦時中のドラマは少なくなってきているので、とても貴重だと思いました。戦争の悲惨さを伝えるにも、話を聞くよりこういったドラマで伝えるのは、とても意味のあることだと思います。主演の松本穂香さんのどこか古風な雰囲気は凄くこのドラマに合っていて、戦時中の大変さが本当に良く伝わってくるくらい熱演されていました。平和な場面もあるのですが、物語が進んでいくにつれ悲惨なシーンが増えてきます。中には目を覆いたくなるような光景もありました。しかし、そんな中でも必死に生きている主人公にとても感動しました。また、夫役の松坂桃李さんも含めて、どの役者さんたちも本当に熱演されていたのがよく伝わってきたドラマでした。

30代男性・フリーター

 

戦時中の苦しさや悲しみ、つらさ等がとても伝わってきたドラマです。自分の力ではどうにもならない社会に動かされていた時代を実感しました。すずが義姉の娘を連れて外出した時に空襲にあい、鈴は腕を失い、晴海はなくなってしまい義姉から辛く当たられる等、どうしようもないことだけど受け止めるしかない悲しさを感じました。また、広島の原爆で鈴の家族と連絡がとれないときの鈴の気持ちをかんがえると悲しくたまりません。すずは絵を描くことがとても好きでしたが、海辺の絵を描いただけで憲兵から責められるなど、今の時代では考えられないような事が起きることにも悲しくもあり、戦争にはないもいいことはないことを改めて感じました。今の時代の幸せに感謝したいと思いました。

50代女性・専業主婦

 

「この世界の片隅に」はアニメ版も観ましたが、アニメよりもドラマの方が詳しく、そしてリアルに描かれています。特に戦争や原爆の恐ろしさがリアルに描かれています。物語が丁寧に書かれており、アニメ以上に登場人物の心情が読み取りやすかったです。なかなか戦争の話は重く、目を背けたくなることもたくさんありますが、このドラマを通して戦争のことを今まで以上に知ることができたと思います。北條すず役の松本穂香さんは透明感があり、すごく惹きつけられる演技で、北條周作役の松坂桃李さんは観ている人を包み込むような温かさがある演技です。戦争の場面ばかりだけではなく、面白い場面や家族愛があふれるシーンなどもあります。ぜひおすすめしたいドラマです。

20代男性・大学生

 

先行された同タイトルのアニメーション映画に興味を持ち、そちらを観る事が出来ず残念に思っていた所のドラマ放送だったので視聴しました。最初は松本穂香さんのあのふんわりした表情がちょっと苦手で、演じるすずが、明るく陽気というよりは呑気に見えて、ドラマの内容にも期待が持てなくなってきていました。ただ戦争が激しくなるにつれて、すずの表情もたくましくなり、同時に笑顔がとても頼もしく見えるようになりました。素直な明るさに周りが救われている様子がとても良かったです。義姉の子供が目の前で亡くなり自身も腕を失ったシーンは、すずの絶望が伝わってきて思わず泣いてしまいました。好きな絵を支えに立ち直っていく姿にもとても感動しました。見終わった頃には松本穂香さんが好きになってしまうくらい良いドラマでした。

40代女性・無職

 

広島の戦時中の様子を主人公のすずが、物資の少ない状況の中で、いろんな苦難に遭いながらたくましく生きる姿に感動しました。すずは、もともと幼少期の頃から、おっとりした天然のようなところがあり、嫁ぎ先で義理のお姉さんにいじめられないかと私は心配しました。でも、いじめられても気がついてない時もあり、可愛らしい性格だなと思い、TVを観ながら応援していました。すずには、子どもがいなかったので、義理のお姉さんの子どもを大変可愛がっていましたが、空襲でお姉さんの子どもを亡くし、すずの手をもぎ取られてしまった時は、ほんの一瞬で生死を分け大変ショックでした。その後、すずは、療養が済み気持ちを取り戻すと、怒りと深い悲しみで戦争を憎む強い女性になっていきました。戦争は、二度とあってはなりません。現代の日本の、戦争もなく幸せに過ごせる生活に感謝し、すずのように強く生きる女性になりたいと思います。

50代女性・アルバイト

 

アニメの映画版のストーリーに若干の付け加えをしてあるシーンがありましたが、基本的にはアニメと同じストーリー構成となっていました。たたやはりアニメ版の出来が良かっただけにドラマ版に関しては二番煎じ感が否めない部分もありました。ドラマ版ではアニメのあの独特の空気感やキャラクターの雰囲気と言う物があまり感じられませんでした。2次元と3次元の作品を比べるのはお門違いと思われるかもしれませんが、あの感じを描き切れていない実写の限界を感じたような気がします。もちろんドラマがつまらなかった訳ではないですし、酷い出来でも無かったのであのドラマはアニメ版とは別物と思って割り切って見ていれば特に問題はありませんでした。

30代男性・パート

 

太平洋戦争中の広島県という設定にはどうしても悲しさや残酷さを伴うのですが、一方では周作とすずの心温まる大変美しいラブストーリーとしても心に深く刻まれた作品でした。一見ぼーっとして動作も鈍くてこの子は大丈夫なのかと心配になるほどのすずが実は笑顔が素敵でとても芯も強く人を思いやる事もできる大変素晴らしい女性だと気付いたのは周作と結婚して北條家に嫁いだ後からでした。周作の優しさも同じ男ながらも惚れてしまいそうなほどでしたし、周作の姉も強面で意地悪そうなイメージしか最初は持たなかったのですが、言葉は少々悪いながらもすずのことをとても思いやっていましたし、周作の両親もとても良い人でしたので北條家に嫁いですずもとても幸せだったのではないかと思います。
他の出演者で印象に残ったのが二階堂ふみさんです。この作品で二階堂ふみさんの事を初めて見たのですが、実年齢よりもはるかに大人びた演技をした姿と美しいながらもとても儚げな表情をしていた姿が忘れられません。

50代男性・在宅ワーク

 

戦時下でも前向きに生きる日常を描いた話だと謳われていましたが、やはり戦争をテーマに扱った作品であるため、ただおもしろいだけのドラマではなく感慨深いものでした。特に広島が舞台であるためやはり原爆に触れるのは避けられず、そのシーンではあまりの悲しさに涙が堪えられませんでした。現代とは異なる嫁入りの様子や、そこでの対人関係、戦争での被害、といったすずさんの境遇を考えると、あまりに悲しくて辛いことだらけで救われないと思ってしまいましたが、それでも現実を受け止め生き続けるすずさんに心を打たれました。当時の人もきっと現実をただ受け止めるしかない状況で、前を向き必死に生きていたのだろうと感じさせられました。主演の松本穂香さんは新人が抜擢されたとは思えないくらい安定した演技で、全体を通じて穏やかで起伏が少なく、それでいてひしひしと伝わってくるものがあるような作品に仕上がっていました。

20代女性・学生

 

戦時中や戦後のある家族の物語にとても心を動かされました。戦争の悲惨さも結構リアルに描かれていて、人々がこんなに毎日命がけだったんだと感じました。ドラマの中で、北條家に嫁いだすずが、色々な苦労や試練にぶつかりながらも、強く前向きに生きようとする姿にはとても勇気をもらいます。特に、戦争によって心身ともに大きな怪我を負ってしまう頃のシーンは、なんとも辛くて見ていられないのですが、すずの真っ直ぐさや懸命さにより、少しずつ、家族にも北條家の嫁として受け入れられていくところが好きで、あたたかい気持ちになりました。この時代に自分が生まれていたら、どんな暮らしだったんだろう、果たしてこんなに強く前向きに生きられるんだろうかと、考えさせられる作品でした。

20代女性・専業主婦

 

▼『この世界の片隅に』を無料視聴▼

U-NEXTは31日間無料です。無料期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。解約はボタン一つで簡単にできます。

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました