スポンサーリンク

エデンズゼロ93話ネタバレ考察感想あらすじ!ラビリアになりすましていたのは誰?

漫画ネタバレ

2020年5月14日発売の週刊少年マガジン2020年24号で、『エデンズゼロ』93話が掲載されました。

 

『エデンズゼロ』93話は、ラビリアに変装していた人物が明らかになりますが果たしてそに人物とは?

 

そして、その人物はドラッケンのある情報を狙っていましたがその情報とは?

 

ラビリアに変装していた人物と話していると、そこにドラッケンが登場して、シキはドラッケンとある場所にたどり着きます。

 

果たして、その場所とは?

 

本記事では、エデンズゼロ93話『処刑場』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 92話 一覧 94話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

エデンズゼロ93話のあらすじネタバレ

「いいわ手を貸してあげる」

 

ラビリアはこのように言いますが、顔がおかしなことになっているのでレベッカたちはびっくりしていました。

 

しかし、ピーノはこの状況にも冷静に対応しており、ラビリアの顔認証をしていましたが認証できず、その代わりに質量変化を検知していました。

 

その後、ラビリアは姿を変えましたが、その人物の姿はこの場にいた誰もわかりませんでした。

 

なぜなら、ここにいる彼女の姿を知っているのはホムラだけだからでした。

 

それに気づいた彼女はまた姿を変えます。

 

その人物を見たシキとワイズはデジタリスで出会ったニセホムラだということ思い出します。

 

一方、レベッカはラビリアの居場所を聞き出そうとします。

 

しかし、ニセホムラはラビリアから変身した直後の姿に変わります。

 

実は、この姿が真の姿でした。

 

ラビリアに化けていた彼女の名前はアミラで、ある任務でドラッケンを追っていました。

 

彼女は情報収集のためにクラブの踊り子として潜入していました。

 

そして、1週間ほど前に捕虜として連れてこられたラビリアと出会い、本物の彼女を救い出して代わりに自分がラビリアの姿になって捕まっていました。

 

一方、本物のラビリアにはアミラの任務が終わるまでクラブに隠れてもらっていました。

 

その頃ホムラが着替えを探すために衣装部屋でラビリアと出会っていました。

 

そして、アミラの任務がドラッケンの弱点をある組織に持ち帰るということがあきらかになります。

 

そのためにアミラはドラッケン近づいて、記憶や思考を得ることができるミラーフェイスを発動させようとしていました。

 

そんなアミラはドラッケンをたおすと言ったシキたちの話に興味を持ち、一緒に行動することを決めたのでした。

 

しかし、警戒するシキに対して“友達”というワードを使い信じさせたアミラ。

 

そして、生命維持装置に向かおうとしますが、突然体が沈み始めます。

 

「床をグリアタールに変えた」

 

シキたちがいた倉庫にドラッケンが現れました。

 

ドラッケンの姿を見て、29号世界でシキが射殺された時のことを思い出し震え出すレベッカ。

 

そんなレベッカを連れて行こうとするドラッケンを阻止しようすると床に穴が開きますがそれはシキの重力を操る能力によるものでした。

 

「こいつはオレやる‼︎!」

 

シキはドラッケンを倒すために彼のもとに向かおうとしますが、この時レベッカはシキにはドラッケンのもとに行かないで欲しいと思っていました。

 

「こんなに近くに友達がいるだろ」

 

不安がるレベッカを励ましたシキは、ドラッケンに突っ込みます。

 

突っ込んだあとは下へと落下し続けたシキとドラッケンは処刑場にたどり着きます。

 

「前の世界のお前もおそらくここで殺された」

 

「この世界のオレは絶対にレベッカを泣かせねえ」

 

この処刑場で二人のバトルが始まろうとしていました。

 

スポンサーリンク

エデンズゼロ93話の感想と考察

まず、ニセホムラことアミラが登場しましたが、これは想定外でした。

 

そして、今回の展開を踏まえると、このままアミラは目立った活躍なく終わってしまう気がします。

 

続いて、シキとドラッケンがたどり着いたのは因縁の地と言えるであろう処刑場。

 

『シキvs.ドラッケン』という次回タイトルから、バトルになるのは確定事項です。

 

29号世界のシキはは完敗でしたが、30号世界ではどのような結果になるのかとても楽しみです。

 

そして、このバトルでは今まで具体的に触れれてこなかった事が明らかになると思います。

 

まずは82話でドラッケンがシキの能力を“サタングラビティ”と言った事。

 

そして、81話でシキやジンの状態が“オーバードライブ”ではないと言っていた事。

 

特にオーバードライブについては、数話先のタイトルになって具体的に説明があると思います。

 

そして、シキがオーバードライブに覚醒してドラッケンを倒すという結果で終わるのではないかと思います。

 

謎なことはまだあり、それはホムラとの戦闘中にシルフが怯えていたことですが、これは謎のまま終わりそうな気がします。

 

そして、謎なことはアミラの任務内容にもあります。

 

任務はドラッケンの情報を“組織”に渡すというものですが、ドラッケンを倒したあと、この組織はシキたちと関わることになるのではないかと思います。

 

<< 92話 一覧 94話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました