スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ157話ネタバレ考察感想あらすじ!なぜ九井は天竺に着いたのか?

漫画ネタバレ

2020年5月13日発売の週刊少年マガジン2020年24号合併号で、『東京卍リベンジャーズ』157話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』157話は、まず、タケミチは鶴蝶から、九井は自分が望んで天竺にきたということを告げられます。

 

それには理由がありましたが、その理由とは。

 

そして、天竺に勧誘される乾は自分が行かないことを告げると二人は口論になります。

 

その中で“赤音”という人物の名前が浮上しますが、彼らにこの人物はいかに関わってくるのかがここの話で何かわかるのか?

 

そして、回想シーンでは九井がとんでもない行動に出ます!

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ157話『Money monger』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 156話 一覧 158話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

東京卍リベンジャーズ157話のあらすじネタバレ

東京卍會と天竺の戦いが激化する中、鶴蝶は自分なりに抗争が起きないようにしたことをタケミチに説明しました。

 

そして、ここに来なければ抗争を防ぐことが出来たかもしれなかったので、鶴蝶はタケミチを責めます。

 

「鶴蝶…オマエは…エマちゃんが死ぬ事を知ってたのか?」

 

タケミチの問いに鶴蝶は知っているという反応をしていたので、タケミチが抗争を起きないようにしたと言っていた鶴蝶を非難します。

 

そして、タケミチはこの抗争での決意を宣言します。

 

イザナをぶっ飛ばして九井を奪還。

 

さらに、稀咲との決着をつけて天竺を潰す。

 

タケミチの宣言を聞いた鶴蝶がこの直後に言った一言を聞いて、タケミチは驚きます。

 

「九井は連れ戻せねぇぞ」

 

鶴蝶曰く、九井は自分の意思で天竺を選んだのがこのように言った理由でした。

 

その頃、戦いに参加した九井に対し乾は動揺しつつも自分の思いの丈を伝えた直後、九井は乾にこのように言い放ちます。

 

「東卍は金になんねぇ」

 

そして、天竺に乾のポストを用意しており、入ったら即幹部になれると勧誘しますが、乾は九井の言ったことを受け入れようとはしませんでした。

 

ちなみに、九井が乾を勧誘するのは、東卍の負けが明白だったからの判断でした。

 

九井は乾を天竺に入れるために説得し続けますが、その説得に対し乾は天竺に行く意思が全くないことを告げます。

 

「オレは花垣に命を預けた」

 

その後も九井は説得し続けますが、乾のこの一言を聞いて九井は激怒します。

 

「テメェいつまで…“赤音”にこだわってんだよ⁉︎」

 

激怒した九井は乾の首をしめて、乾が言ったことは乾自身もこだわっているのではないかと九井は反論します。

 

「腐らせただけだろ?」

 

その後、黒龍再建しようとしたにも関わらずダメにしたと九井は思っていたことに乾も激怒します。

 

そして、首締めから乾は脱出します。

 

そして、自分が黒龍をダメにしたということを認めている乾は九井にこのように言います。

 

「オレは“赤音”じゃねぇ“青宗”だ‼︎」

 

この一言を聞いてさらに怒る九井は、乾に膝蹴りを喰らわせます。

 

回想になり、舞台は浅山図書館。

 

九井を見つけた乾は何の本を読んでいるのか質問しますが、この時九井はお金を稼ぐための知識が書いてある本を読んでいました。

 

「たまには家に…帰れよな」

 

九井を心配する乾はこのように言いますが、無言で本を読み続けていました。

 

そんな九井を見た乾は、ため息をついてこの場から去りました。

 

読み終えたので本を戻すために図書館の中を移動をしていると、九井は窓際の本棚で寝る乾を見つけます。

 

声をかけますが反応がなく寝息を立てて寝ている乾に接近した九井。

 

そして、彼は乾にキスをします。

 

「赤音さん…」

 

キスをした直後、“赤音“という人物の名前を言いながら九井はその場で号泣していました。

 

スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ157話の感想と考察

まず、鶴蝶がこの抗争を止めるためになんとかしようと思っていたと言いますが、イザナたちが考えていた人殺しを止められなかった時点で説得力ゼロだと思いました。

 

続いて、今回のメインは乾と九井のやりとりでしたが、負け戦はしない九井と負けるかもとしてないと自覚しつつも戦う乾という印象をもちました。

 

そして、今回名前だけではありますが、“赤音”という新キャラが出てきました。

 

今回の話の流れを踏まえると2つ予想ができました。

 

まず、乾は赤音のことを呼び捨てしているのに対して回想で九井はさん付けしているので、乾の身内の可能性があると思います。

 

そして、ラストに乾にキスをするという場面がありましたので、女性であると思います。

 

しかし、黒龍再建に赤音が深く関わっているということを踏まえて予想すると、赤音は男性ではないかと思います。

 

その場合は黒龍の総長で、初代総長の真一郎のような人物だったのではないかと思います。

 

また、お金を稼ぐための本を九井が読んでいましたが、赤音のためにお金が必要で、例えば病気なので手術の費用が必要というのがが当てはまるのではないかと思います。

 

果たして、赤音いう人物は何者で二人にどのように関わるのか?

 

次回、赤音について少しでも最新情報が出ることを期待したいと思います。

 

<< 156話 一覧 158話 >>
東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました