スポンサーリンク

ドメカノ272話ネタバレ考察感想あらすじ!陽菜の容態は!?

漫画ネタバレ

2020年5月13日発売の週刊少年マガジン2020年24号で、ドメスティックな彼女272話が掲載されました。

 

ドメスティックな彼女272話では、小椚の車に撥ねられた陽菜は手術していました。

 

家族みんなで陽菜の無事を祈る中、真実を聞いた夏生。

 

手術は無事に終わったが、医師の口からでた言葉に皆固まります。

 

本記事では、ドメスティックな彼女272話「残されたもの」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 271話 一覧 273話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ドメスティックな彼女272話のあらすじネタバレ

都樹子は医師の言葉が理解できず、もう一度聞き返します。

 

医師から出た言葉は、陽菜の意識はこのまま戻らないということでした。

 

車に撥ねられた際、頭を強く地面に叩きつけてしまい、出血も大量でした。

 

その場の早い対応と、救急のおかげで脳死は免れたと話します。

 

しかし生命維持に必要な機能が一部保たれただけなので、植物状態ということだと説明されます。

 

 

陽菜の周りを囲むように座る四人。

 

都樹子は陽菜に、瑠衣とご飯に行けず残念だったねと話しかけます。

 

こうやって話しかけることで刺激になり脳が反応すると、本で読んだことがあると実践する都樹子。

 

夏生は陽菜を見つめ、気力を無くしています。

 

 

朝方になり、昭人が一旦みんな家に帰ろうと、都樹子を支えながら病室を出ます。

 

夏生にも声を掛けますが、腰が上がらない夏生。

 

瑠衣は必要なものをもって来るから、そこに居て良いと夏生に言います。

 

陽菜と二人になった夏生は、陽菜に話しかけます。

 

困ったときはお互い相談すると陽菜が約束してきたのに、何で約束を守らないんだと下を向きます。

 

 

瑠衣とマスターが病室に入ってきます。

 

差し入れを持ってきたからと、夏生の心配をするマスター。

 

陽菜の顔を見て、何でも一人で抱え込んでと強い口調で陽菜を怒ります。

 

その言葉の意味を瑠衣は理解できずにマスターに聞きますが、マスターは何でもないとはぐらかし、夏生に話があると誘います。

 

 

マスターも陽菜の事情を知っていたと夏生は知り、自分のせいなのに自分だけ何も知らないと目に涙を溜めます。

 

そんな夏生を見たマスターは、陽菜が夏生のことをどう思っていたと、陽菜に怒られる覚悟で話します。

 

夏生が陽菜をかばって刺されたとき、陽菜は夏生のために生きると決めていました。

 

一度は忘れようとした夏生への想い、しかし命を救われて自分の幸せより夏生が大切だと思っていました。

 

叶わない夏生への想いに苦しんだこともあったが、見返りなどどうでもよくなり、ただひたすらに夏生の幸せを願い続けた純粋な愛だと涙を流すマスター。

 

夏生も陽菜の想いを知り、涙が溢れます。

 

その話を隠れて聞いていた瑠衣は、重い足取りで病室へ戻ります。

 

 

瑠衣は陽菜の横に座って茫然としていると、看護師が手術の時に外した陽菜のネックレスを届けに来ました。

 

その指輪が付いたネックレスを見つめる瑠衣は、指輪の内側を見ます。

 

そこにはN&Hと彫られており、夏生と陽菜のだと知ります。

 

声をあげながら瑠衣は泣き出します。

 

 

自宅のベランダに出て朝日を見つめる瑠衣は、何かを決断したような表情で部屋に入ります。

 

 

白と緑とピンクで作られた花束を、陽菜の病室に飾る夏生。

 

陽菜に綺麗だから見てよと話しかけます。

 

そこに瑠衣が入ってきて、その花陽菜が好きそうだと話しかけます。

 

夏生は嬉しそうに、陽菜がよくこの色の服を着ていると話します。

 

そんな夏生を見つめる瑠衣は、一枚紙を夏生に渡します。

 

それは瑠衣と夏生の婚姻届けでした。

 

涙を流しながら夏生とは結婚できないという瑠衣。

 

スポンサーリンク

ドメスティックな彼女272話の感想と考察

陽菜の植物状態、とても辛いことになりました。

 

家族の絶望感もよくわかるし、自分のせいでと責める夏生の気持ちも分かります。

 

もし自分の家族が植物状態になったらどうしようと、すぐに考えましたね。

 

これが自分なら、意識が戻るかもわからない状態をずっと家族に見てもらうのはきついと思うし、それならすぐに自分のことは忘れて、自由な生活をしてほしいと思いました。

 

でもこれが自分の家族なら、迷わず植物状態のままでも生きて欲しいと思いました。

 

勝手な我儘かもしれないですが、どう考えてもその結果になると思います。

 

考えただけでも泣けてきました。

 

夏生たちも今まさにその状態で、頭が回らないだろうに、夏生も瑠衣もそれぞれ思うところがあり、瑠衣は結婚出来ないという行動に出ました。

 

かなり凄いことだと思います。

 

陽菜の夏生への愛を知り、自分だって夏生のことが好きなのに断るなんて、凄いとしか言えないです。

 

当の本人の夏生はどうするのでしょうか。

 

今ぐちゃぐちゃになっているだろう心境で、どうゆう結論を出すのでしょうか。

 

想像がつきませんが、瑠衣のお腹には子供もいるので、瑠衣と結婚することを選ぶのでしょうか。

 

色んな感情が交わって、かなり複雑な気持ちです。

 

次回がとても気になります。

 

<< 271話 一覧 273話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました