スポンサーリンク

アンダーニンジャ35話ネタバレ考察感想あらすじ!瑛太、都市伝説を信じてみるの巻

漫画ネタバレ

2020年5月11日発売の週刊ヤングマガジン2020年24号で、『アンダーニンジャ』第35話が掲載されました。

 

『アンダーニンジャ』第35話は、潜入初日からいきなり九郎とアンダーニンジャらしき隈取り女子が屋上で戦闘をおっぱじめます。

 

九郎と隈取り女子が校舎屋上で戦闘を始めようかという時、職員室前の廊下にてイジメから避難していた瑛太。

 

そこへ学園カーストの最上段に位置する全男子の憧れ女子、山田さんが偶然通りがかり奇跡が!

 

入学して2年、同じクラスでありながら会話したこともなかった”あの”山田さんが声をかけてきたのです!

 

本記事では、『アンダーニンジャ』第35話[となりの山田さん]のあらすじと感想を紹介していきます

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 34話 一覧 36話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

アンダーニンジャ35話のあらすじネタバレ

九郎に言われた通り、瑛太はイジメっ子からの厄災を回避するため職員室前の廊下にいました。

 

セーフティゾーンであるそこで休み時間という地獄タイムが過ぎ去るのを待っていたのです。

 

 

瑛太はイジメっ子に対してとても敏感でしたがまだウブな少年…

 

世の中にはハニートラップ、色仕掛けというものが存在することを実感としてまだ知りませんでした。

 

 

あ、いたいた~と、明らかに瑛太を捜していた山田さん。

 

しかしそうとは微塵も瑛太に感じさせず、あくまで偶然通りかかった体でダンボール箱を運ぶのを手伝ってもらえないかと声をかけます。

 

瑛太はあまりに突然の事に言葉が出ません。

 

 

それは無理もありませんでした。

 

2年間山田さん(山田美月)とは同じクラスでありながら、会話どころか声をかけられたことも皆無だったのです。

 

山田さんは学年一の美人で、性格も優しいと評判の女子。

 

まさに学校階級社会の頂点に君臨する女子といっていい存在。

 

そのあまりの完璧さゆえにか、一部の心無い輩にいわれのない誹謗中傷を受けてもいました。

 

瑛太は山田さんの顔を見て誹謗中傷のひとつを瞬時に思い出します。

 

それは、山田さんは月に一度だけ淫乱日があって、その日ならば来るもの拒まずで500円でやらせてくれるという都市伝説で、目印はまつ毛に粘土をつけている日という突拍子もないものでした。

 

まつ毛に粘土って…ありえないだろって思いつつも山田さんの瞳を凝視してみると、なんとまつ毛の先にに粘土の小さい塊がひとつ!

 

500円なら…ある!

 

軽いダンボール箱を受け取り、山田美月の言うがままに後をついて行ってしまう瑛太でした。

 

 

【校舎屋上】

 

その頃、校舎の屋上では九朗たち下忍と敵の女子高生3忍との戦いが始まろうとしていました。

 

お互いに一番強い者が出て、早々に決着をつけることに。

 

下忍の代表は九郎、敵の代表は隈取り女子。

 

互いに屋上からスイスイっと渡り廊下のある校舎屋上へと移動。

 

九郎は支給されたパーカーの最新摩利支天verを起動し、上半身を透明化。

 

警視庁のリーク通り、摩利支天の透明化が上半身のみであとは丸見えの様子に、それに何の意味があると隈取り女子は半ば呆れ笑い。

 

そんなものはこの回転式ツイストタガーの敵ではないと、特注のタガーを構えます。

 

九郎は隈取り女子にタガーを持つ自分の手の甲をよく見ろと指摘。

 

手の甲にはレーザーポインターによるマーキングが映っていました。

 

焦る隈取り女子に我々が後方支援も無しに敵陣地に潜入する訳がないだろうと諭し、合図ひとつでお前の腕は蒸発すると宣告。

 

実際は蜂谷の持つぬいぐるみから出ているレーザー照射でしたが、我々は宇宙制空権を「遁(とん)」で握っているのだからなと、うそぶく九朗。

 

しかし話が大きすぎたのか、レーザー照射の出所を即効で突き止めたのか、そんなものはハッタリだとばかりに即座に襲い掛かる隈取り女子。

 

顔面を狙った鋭い一突きを九郎は紙一重でいなします。

 

隈取り女子の一撃は完全に命を奪いにいく一撃。

 

対する九朗には得物がありません。

 

はたして九朗は休み時間が終わるまで生きていられるでしょうか…

 

スポンサーリンク

アンダーニンジャ35話の感想と考察

今回初登場した山田さんですが、隠れビッチ感が身体からにじみ出ています。

 

瑛太を連れ去りどこへ行くのでしょうか。

 

イジメっ子の下に連れて行かれる可能性が高いですが…

 

山田さんは学年一の美人で人気者の女子ということですので、いわばクイーン。

 

クイーンにはやはりキングとつるんでいて欲しい。

 

講談高校のキングは事前情報から想像するに桐生くんである可能性が高いです。

 

未だ作中に姿を見せてはいない桐生くんですが、そろそろのはず。

 

となると…瑛太は桐生の下へ?

 

いずれにせよ山田さん絡みで桐生が登場してくれると嬉しいです。

 

 

タイトルの「となりの山田さん」は、明らかにいしいひさいちの傑作4コマ漫画「となりの山田くん」を意識してのもの。

 

作者はいしいひさいちの「忍者無芸帖」にもオマージュの気持ちがあることが窺えます。

 

「ハットリくん」といい、作者はクラッシックとも呼ばれる過去の忍者漫画を相当読んでいるのでしょう。

 

そして数ある忍者漫画の中に作者自身が確固たる足跡を残したいのだと本作からビシビシ伝わってきます。

 

シリアスを装いつつ全編コメディとパロディで展開していくにはセンスと節度のバランスが肝要。

 

今回タイトルを見てハッとさせられました。

 

残酷な描写とは裏腹にどこか牧歌的な本作は、いしいひさいちの描く4コマの世界にどこか似ているかもと…。

 

<< 34話 一覧 36話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました