スポンサーリンク

カイジ350話ネタバレ考察感想あらすじ!焚火の炎は人類の悲しみ

漫画ネタバレ

2020年5月11日発売の週刊ヤングマガジン2020年24号で、『賭博堕天録カイジ』350話が掲載されました。

 

『賭博堕天録カイジ』350話は、 キャンプ場で宿泊を決めたカイジ一行の元に訪れた酔っ払ったキャンパー達。

 

誘いを受けて一緒に飲む事になった一行はどうなるのでしょうか。

 

本記事では、『賭博堕天録カイジ』350話『露宿』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 349話 一覧 351話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

カイジ350話のあらすじネタバレ

カイジ達のキャンピングカーに、しつこくノックし粘るおじさんキャンパーの二人。

 

酔ったせいもあり、アブラカダブラと呪文を唱えるおじさんに対し、もう一人のおじさんは民族が違うと言い、天照大神が天の岩度に籠り、世界に闇が訪れた時は皆で踊ったと言い踊り始めます。

 

すると本当にカイジ達が出て来た事により、やっぱり日本人だと喜んだものの、チャンは中国人でマリオはフィリピン人である事をそれぞれ主張します。

 

おじさん達は少し黙ったものの、心が通じれば国など関係無いと言ってくれました。

 

カイジはにこやかに自分が日本人であることを伝えますが、国にこだわるなと怒られてしまいます。

 

手持ちの食料も酒もあまり無い事を伝えますが、それでも二人のおじさんキャンパーは歓迎してくれました。

 

メガネを掛けている方は石高、単髪の方は木崎。

 

カイジ達もそれぞれ自己子紹介を終えるといよいよ乾杯です。

 

既に出来上がっている石高と木崎を見れば、朝にはスッカリ忘れてくれているとチャンは判断し、やや気が緩んだ様子です。

 

カセットコンロや電気釜にレトルト食品と、キャンプらしくない物が目立ち、カイジがそれを指摘します。

 

石高はキャンプぽくないという事はつまりキャンプという事と、意味不明な答えを返しますが、カイジは納得したようです。

 

それでも焚火は欠かせないようで、テーブルのそばではくべられた薪が燃え盛っていました。

 

飯盒や七輪といったキャンプらしいものを卒業してもそれだけは譲れないと、石高は言います。

 

焚火の炎を見ていると、獣を追いかけていた人達と時空を超えて繋がると、またしても意味不明な答えに流石のカイジも理解出来ないようです。

 

カセットコンロの火では繋がれないというと、それには納得したカイジ。

 

火を囲んで昔の人も死んだ仲間という悲しみやそれまでの人生の悔いや生きる意味など、自分達と同じような悩みを昔の人も抱えていたと思うと石高は言います。

 

それまで黙っていた木崎は人類の悲しみと繋がれると言い、神妙な顔でこの流れは女子とヤレる奴だからと一気にいやらしい顔つきになります。

 

興奮するカイジですが、石高曰くこれまでそんな事は一度も無かったと言い、福山雅治ならデキる事で、不公平だと叫びました。

 

それはただ自分が悲しいだけだと木崎は言いますが、カイジもそれは人類の悲しみだと同意します。

 

これにはチャンも驚きを隠せません。

 

福山雅治を人類から除外したカイジと石高は、すっかり意気投合しました。

 

スポンサーリンク

カイジ350話の感想と考察

この流れがこの後にどんな影響が出るのだろうかと思うと、ただ楽しいだけのシーンには見えません。

 

明らかに帝愛の者ではない石高と木崎。

 

朝にはスッカリ忘れているパターンと、チャンが言った事もフラグにしか見えません。

 

最終的にカイジと石高が意気投合した事でこのまま朝まで一緒に飲んでしまい、顔を覚えられてしまうのではないかと思います。

 

名前も覚えられてしまっているのが雲行きの怪しい所です。

 

焚火を前に悲しみと繋がるとかいう話題の流れが女子とヤレちゃうやつだからと木崎は言っていましたが、実際そんな話題のテンションから流れが出来るとは思えません。

 

石高は一回も無かったと否定していましたが、このおじさん二人のキャンパーの緩さが途中から債務者にも思えてきました。

 

キャンピングカーを所有してはいるものの、借金が無いとは限りません。

 

深読みしすぎかもしれませんが、木崎が着ているベストにポケットが多数ある事からも、その中からビラが出てきてカイジ達に気付くという展開もあり得るかもしれません。

 

あるいは、酔って流れでカイジ達のキャンピングカーに入ってしまい、中にある金に気付くという展開もあるかもしれません。

 

せっかく出て来たのだから、順調に進んでいるカイジ達の一波乱になって欲しいなと思いながら、次号を待ちたいと思います。

 

終盤で唐突に福山雅治の名前が出てきましたが、焚火の火なんか無くても福山雅治ならカセットコンロの火から十分良い流れを作れるはずです。

 

イケメン俳優とか芸能人を見るとその肩書を取って、一般企業に勤めていたらそんなにイケメンとか騒がれる事もないのではないかと思いますが、今の時代はSNSで人気が出てスカウトとかされてしまうのでしょうか……?

 

不公平だっ!

 

<< 349話 一覧 351話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました